つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

大らかさが好き、旅にも便利な風呂敷

週末は研修で県外に一泊、今回は旅の道連れがたくさん、道中も夜も楽しく、旅行気分でした♪
 
お土産もたくさん買いました。
 
小分け袋はできる限りお断りしましたが、後で見ると何枚かそっと忍ばせてくれていますね(苦笑)。
 
 
パッケージを減らす努力は地味に続けていますが、お気に入りは「マイ風呂敷」です。
 
使い始めてかれこれ7~8年、トラベル・パッキングにも便利です。
 
寒い日の旅は衣類もモコモコするので、風呂敷でぎゅっとコンパクトに。
(スーツやフォーマルには向きませんが、私の手持ち服では問題なし!)
 

f:id:mikipan:20180115230244j:plain

 (結び方はテキトーです)
 
他にもマイバッグの代わりに、お土産を渡すとき、雑多な荷物をざっとまとめて持ち運びするときにも、風呂敷はとても便利です。
 
 
風呂敷を使い始めたきっかけは、とある会議で、かわいらしい女性が風呂敷包みを抱えてやってきたのを見かけてから。
 
会議に風呂敷?いったい何が入っているの?と見守っていると、こんな感じで、中から会議資料が入った書類ケースが出てきました。
 

f:id:mikipan:20180115230454j:plain

 
なるほど、風呂敷って何でも大らかに包み込めるんだ~と感心しました。
 
それに、和柄が愛らしくて、私も使ってみたい!と思ったのです。
 
 
今メインで使っているのは、リバーシブルで使い勝手のよいサイズのものです。
 
実家にもたくさん眠っていたので、使わないものはもらいました。
 
今は、かわいい現代風の柄のものもたくさん売られていますね。
 
持っていても使いこなせないので、お土産やプレゼントを持って行ったときに「風呂敷、いいね」と興味を持ってくれた人には風呂敷のままプレゼント。
 
外国から来たゲストにも「トラベル・パッキングにも便利ですよ」と素敵な和柄の風呂敷のままプレゼントを渡したら、とても喜ばれました。
 
 
そんなこんなで、だいぶ風呂敷は減りましたが、渋い大物はまだ残っています。
 

f:id:mikipan:20180115230613j:plain

 
大きいサイズは、風呂敷バッグにして使っている方もいらっしゃいますね。
 
大きすぎるとそのままでは使いこなせませんが、柄もレトロで素敵なので、活用法を考えてみたいと思います。

嫌い嫌い?でもやっぱり大好き梅干し

2017年はブログの楽しさを知れた年でした。
 
ブログを始めて半年、書くことも楽しかったですが、素敵なブログをたくさん知れたことがうれしかったです。
 
もう10日もたってしまいましたが、2018年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
昨日は、なんとなく喉の奥がイガイガしていました。
 
この時期だからもしかして風邪?インフルエンザ?
 
やばい、週末は遠征、風邪ひいてる場合じゃない…。
 
そんな時は、早い段階でブロックするに限ります。
 
冬は体が温まるホットドリンクをよく飲みますが、中でも「風邪かな」と思ったときには、ホットはちみつレモンか梅湯の出番が多いです。
 
ホットはちみつレモンはその名の通り、レモン果汁とはちみつに湯を注ぐだけです。
 
今年は大量にカボスをいただいているので、ホットはちみつカボスです。
 
 
梅湯は、これも潰した梅に湯を注ぐだけの簡単ドリンクで、いつもは朝方飲むことが多いです。

f:id:mikipan:20180110235343j:plain

 
冷え性なので、朝は生姜紅茶が多いのですが、梅湯の出番も多いです。
 
梅をトースターなどで焼くとさらによいと聞きますが、面倒なのでそのまま(笑)、余裕がある朝に試してみたいと思います。
 
梅湯を飲むと、血流がよくなって体がぽかぽかしてきます。
 
一度、貧血で倒れてしまったとき、すがるような気持ちで梅湯を飲んだところ、血流が良くなったせいか体温が戻るのを実感しました。
 
加えて、梅干しの殺菌効果で、喉や口の中がスッキリするのも気に入っています。
 
 
昨夜も梅湯をチョイス、寝る前に一杯飲んだところ、本日は喉のイガイガも気にならなくなっていました(※効果や感じ方には個人差があります。)
 
 
こんな風に梅湯を熱く語ると、梅干しが大好きな人だと思われそうですが、実は大人になるまでは大嫌いでした。
 
子どものころ祖母や母が作っていた梅干しは、昔風の酸っぱいやつで、いくら体に良いと言われても苦手でした。
 

f:id:mikipan:20180110235516j:plain

(母作の梅干し、作り方が変わったのか、昔よりずっとマイルドに感じます)
 
 
まろやかな梅干しを知っても好きにはなれず、梅干しのおにぎりはもちろん、市販のお弁当に乗っかっている梅干しも食べませんでした。
 
ですが、梅湯はお湯を注ぐせいか、梅干しの苦手な部分が全く気にならない、むしろさっぱりした酸味と塩気が好きかも♡(酸っぱさが気になる方は、はちみつをプラスしたりするようですね。 )
 
なので、私の梅干しの用途はもっぱら梅湯ですが、今ではなくてはならない存在に。
 
 
梅干しのメリットを実感するようになってからは、今まで何の興味もなかった梅干しづくりにまで興味がわいてきました。
 
2018年は、もしかすると梅干しづくりデビューするかも⁉

年の瀬のごちそうリメイクごはん

ご近所さんが蠟梅の枝をくださったので、飾りました。
 
とてもよい香りが漂います。

f:id:mikipan:20171228133535j:plain

 
慌ただしくても、年末の節目の雰囲気は大好きです。
 
 
25日は出張、24日は移動&前泊でクリスマスっぽさは何もないけれど、見たかった博物館の展示と映画に遭遇、贅沢にも両方楽しみました。
 
展示は最終日で混みましたが、イブのレイトショーは静かで穏やかでした。
 
 
26日は遠方より親しき人々がやってきて、クリスマス会&年の瀬お疲れ会。
 
準備はあらかた済ませていたのですが、急に一緒にお見舞いに行くことになり、バタバタして料理写真を撮り忘れる始末…。
 
写真がないのはブログとしてはダメですが、お見舞いにも行け、心おきなく飲み食いと会話を楽しみ、気持ちもお腹も満たされました。
 
来年は、もう少し写真上手になりたいです。
 
 
覚書だけでも。
 
○梨の生ハム巻き
○4種の豆サラダ
○火鍋の白いほう(鶏だんご、海老、ほたて等)
○鶏天&フライドポテト
○温野菜(ヨーグルトと味噌のディップ)
バゲット・ピザ
○マグロ刺身
○みかんゼリー
 
火鍋は中国の土産のスープを使用、これが人気で、スープ1袋では足りないくらいでした。
 
8人なら2袋用意するか、辛いスープと2種類にするとよかったな。
 
バゲット1本を切ってピザの土台代わりに、天板一杯になり豪華に見えて、つまみやすくて◎。
 
鍋もピザも鶏天も、アツアツをみんなで取り合うように食べてくれると、作った側もホクホクです。
 
当日写真はないですが、翌日の余り物リメイクで、当日の名残をふりかえります(火鍋、ピザ、鶏天は売り切れ)。
 
梨の生ハム巻き

f:id:mikipan:20171228131850j:plain

 
4種の豆サラダ

f:id:mikipan:20171228131907j:plain

 
マグロ(←奮発しました、家族が(笑))

f:id:mikipan:20171228131946j:plain

 
そして、余った温野菜と蒸しジャガに、ベーコンやサワークリームも入れた濃厚ホワイトソースをたっぷりかけたリメイクグラタン。

f:id:mikipan:20171228132002j:plain

 
そして、よく実ったけれど、見た目は今一つな庭のみかんを絞ってゼリーに。
 
 
小ぶりのみかんを25個くらい贅沢に使いました。
 
柑橘系のゼリーは固まりにくいので、ゼラチンに対し果汁を少なめ(1ℓを800㏄に変更)にすると、崩れず、ほどよい固さと食感になりました。
 
 
 
さあ、今日は残りの仕事と掃除と庭仕事!

古い家屋の寒さ対策3(しもやけ編)

DIYでトイレの洗面所の内窓作り、続きです。
 
作業を中断している間に、寒波が来ました…。
 
寒かった~~~。
 
髪がセミロングで毛先がはねやすい上、冬はマフラーやストールで首元がもこもこするので髪の毛は結ぶことが多いのですが、気がつけば右耳にしもやけらしきものができ、赤くなっています。
 
大掃除もだけど、急いで寒さをしのがねば!
 
本日は、まとまった時間が取れたので、作業を再開しました。
 
 
まずは、切って塗った木材を組み立てて窓枠づくり。
 
とはいえ、木工用ボンドで仮どめし、裏からタッカーでバチンバチンととめただけです。

f:id:mikipan:20171223215228j:plain

 
裏側は見えないので、これでよしとします。
 
 
次に、ポリカーボネート版を窓枠のサイズに切って、これも裏からタッカーでとめます。
 

f:id:mikipan:20171223215038j:plain

 
これで窓部分、完成です。
 

f:id:mikipan:20171223215112j:plain

 
 
今回は、これを出窓部分にはめ込むだけです。
 
本当は蝶番をつけて開く窓にしたいところですが、換気窓は他にあるので、ここは冬の間ふさぎます。
 
外そうと思えば簡単に外れて、バラして仕舞うこともでき、また使うときは組み立てるのも簡単です。
 
ぴったりサイズに作っているので、ハンマーでそっと叩き込み、微調整を繰り返します。
 
はめ込み内窓、完成です!

f:id:mikipan:20171223215336j:plain

 
ガラス部分がポリカだと安っぽく見えそうですが、意外とすりガラスのように光が柔らかくなって、いい感じです。
 
ちょっぴりできてしまった隙間は、お手拭きタオルのかごで隠しました(笑)。
 
なんとか年内に完了、1~2月の寒さが厳しい時期の前にできてよかったです。
 
もう一箇所は…、仕事納めの後に考えるとします。

 

年末、書類の山を前に思うこと

スケジュールが押しまくる年末、毎年こんなに忙しいものだっけと頭をひねっています。
 
大掃除以前に、普段から気を付けてはいるものの、溜まってしまうのが書類の束です。
 
仕事柄、書類を作る・もらうことが多いので、紙類を無駄にしないようにデータで済むものはデータで、どうしても印刷が必要な場合はコピーミスや余分な印刷はしないように心がけてはいます。
 
それでも溜まります…。
 
不要なものは古紙回収に出し、紙媒体で保管する必要のあるのもの以外は、スキャンしてデータ保管しています。
 
速効性を重視してハンディスキャナを導入し、書類はもらったその日に捌くようにしていますが、サボって後回しにしたものに今頃苦しめられています(泣)。
 
白いかごの中身はこれからスキャンするもの、それ以外は古紙回収に出すものです。

f:id:mikipan:20171222231713j:plain

 
スキャナーはお試しに一番安いものを買ったので、時々歪んだりもしますが、単なる情報なら読めればOKです。

f:id:mikipan:20171222231748j:plain

 
 
そして、自戒も含めて思うことは、「わざわざ印刷する必要があるのか」という程度の情報の多いこと。
 
 
作業中にふと、映画のワンシーンを思い起こしていました。
 
18世紀のアルメニアの詩人の生涯にオマージュを捧げた『ざくろの色』という映画です。

f:id:mikipan:20171222231943j:plain

 
雷雨に打たれてぐっしょり濡れた書物を晴れた日に屋根に並べて乾かす場面があるのですが、美しい大量の宗教書が屋根の上でぱらぱらと風にはためくシーンは圧巻です。
 
この映画は色鮮やかな映像美のオンパレードなのですが、このシーンが一番好き、書物に対する詩人の深い敬意や愛情を感じます。
 
情報があふれかえる今の時代と比べるのは乱暴かもしれませんが、ここまで大事にしたくなる書物や情報って、今の時代にあるのでしょうか。
 
ジャンルも内容も重みも私が作るようなちっぽけな書類とは比べる対象にはならないけれど、大量の書類を前にいろいろ考えてしまいました。
 
ミスコピーをなくす努力ももちろんするけれど、その前に少しでも誰かに大事だと思ってもらえる情報になるように、心を込めて書類を作ろうと思った年末でした。

クリスマス?正月?庭の和素材リース

クリスマスシーズン、どこを歩いてもクリスマスの雰囲気であふれています。
 
私は以前、クリスマスやハロウィンを盛り上げる側の産業で働いていたので、正直なところどっちももうおなか一杯…。
 
が、クリスマスから年末にかけての雰囲気は大好きなので、ひっそり楽しむことにしております。
 
 
庭を眺めると、クリスマスリースにうってつけ(?)の素材が目につきます。
 
庭師匠が樫の剪定をしてくれた時に枝にぐるぐる巻きついていた蔦(何の蔦かは不明)。
 
セイヨウヒイラギのように実はつけないけれど、トゲトゲ葉っぱのヒイラギモクセイ。
 
そして、赤い実のつく万両。
 

f:id:mikipan:20171218180425j:plain

 
万両といえば、千両とともにお正月と関係が深い縁起木です。
 
が、この「赤い実がなんだかクリスマスっぽい」という、ただそれだけの理由でデコレーション素材に浮上しています。
 
当の万両も、きっと「は?なんでクリスマス?」と当惑していることでしょう、ふふふ。
 
 
 
この万両ですが、気づかぬ間に静かに増殖中です。
 
きっと、鳥の糞で運ばれたのだと思いますが、なぜかツツジの根元から生えているのです。
 

f:id:mikipan:20171218181109j:plain

 
何か法則でもあるのかと思って検索してみると、けっこういらっしゃいますね、ツツジの根元に万両が生えてきたという方が。
 
引っこ抜こうにもツツジの根と一体化したように生えてきているので、難しい。
 
ツツジと万両の関係はよくわかりませんでしたが、この増えすぎた万両の剪定を兼ねて、リースを作ることにしたのです。
 
 
 
蔦を編んで、万両の実とヒイラギモクセイを挿し込んでいきます。
 
 
ららら?けっこう難しいぞ。
 
 
 
センスと技術が問われるぞ。
 
 
 
いでで…(ヒイラギの葉が刺さる)。
 
 
 
ええい、力技だ!
 
 
…と数分格闘してできあがった和素材リース、ちょっとわさわさしてます(汗)。
 
山好きのおじさんがくれた杉の切り株に飾り付けました。
 

f:id:mikipan:20171218181436j:plain

 
 
家族は「かわいいじゃん」と肯定的に受け止めてくれました。
 
 
クリスマスまでに万両がしなっとしそうですが、まだ庭には万両がたくさんあるので、デコり方をもう少し工夫してみようと思います。
 
 
万両はもともとお正月の縁起物だから、もしかすると正月飾りもこれでいいのでは⁉

ひたし豆と陶器のお重

年末の会合やおせちのことも考える時期になりました。
 
食材の在庫チェックをしていたところ、青大豆の賞味期限が切れていました。
 
「2017年10月28日」か…、乾燥豆だし、ま、いいか(←自己責任)。
 
なによりフードバンクの学習会に参加したばかり、身近なところから食べ物を無駄にしないようにしたいのです。
 
 
そして、おいしくいただくためにも、在庫チェックはこまめにしようと思います。
 
 
青大豆はひたし豆にしました。
 
一晩戻した青大豆を茹で、だし汁、白だし、塩、酢などを沸騰させた調味液に漬け込み、冷まします。
 
おいしい~、鮮度の良い豆ならもっとおいしかったはず。
 
 
和風の豆料理の時は、陶器の重箱を保存容器として使います。
 
保存容器は、少しずつプラスチック製品から琺瑯やガラス容器にシフトさせています。
 
すべて統一するのも素敵だし憧れるけれど、このお重も好きなんです。
 

f:id:mikipan:20171213231342j:plain

 
はっきりは覚えていませんが、贈答品としていただいたのでしょう。
 
2段しかありませんが、本当は3段です。
 
1段は何かの集まりの際に他の食器に紛れ、誰かが持って帰ってしまったようです(泣)。
 
和風の牡丹柄が素敵ですが、お正月、法事等に用途が限られそうなので、一旦は手放すことも考えました。
 
でもこのお重は特別な日にはもちろん、普段の保存容器としても優秀なので、今では第一線で活躍しています。
 
〇陶器なので、プラスチックとちがって匂い移りがしない、きれいに洗える
〇蓋があるのでラップ不要、ゴミが出ない
〇重ねられるので、冷蔵庫や食器棚のスペースをとらない
〇作り置きをそのまま食卓に出しても、きちんと見える
和柄が古い我が家になじむ(東西いろんなテイストが混在する感じが好き)
〇200gの乾燥豆を調理すると、きっちり1段に収まる
 
今回のひたし豆も、ぴったり収まりました!
 

f:id:mikipan:20171213231502j:plain

 
 
木の枠が“岡持”っぽいところも気に入っています。
 
このお重でゼリーを作り、歩いてすぐの親戚の家に出前のように届けたりもします(笑)
 
 
2段でも十分、年末年始にもたくさん活躍してもらう予定です。

DIYで古い家屋の寒さ対策2(腰痛からの復活編)

前回から続きます。
 
土曜日にカタバミの除草で腰痛に苦しんだ私ですが、日曜にはほとんど痛みも気にならなくなりました。
 
年齢的に、翌日が痛みが残るのかなと思っていたのですが一安心。
 
ホッ。
 
…いや、もしかすると、1日後とか2日後に来るのでしょうか…。
 
 
スケジュールがタイトな師走ですが、年末年始の厳しい冷え込みを前になんとかトイレの小窓に内窓を作ってしまいたいところです。
 
昨日は午後に約束があったので、午前中にできるところまでやってしまおうと、がんばりました。
 
 
とにかく木材をカット、額縁状の窓枠になるように、45度で切っていきます。
 

f:id:mikipan:20171211212841j:plain

 
本数が多いので、手が疲れます。
 
土曜の腰痛の名残か、手に力を入れると腰にも力が入って少々痛みます。
 
ここで痛恨のミス、焦っていたのか一本だけ切り込み方向を間違えてしまいました…。
 
本当なら2か所分内窓が作れるところを、木材を買い足さなければならない羽目になってしまいました。
 
 
優先順位をつけて、とりあえずトイレのこの小窓に内窓を作ることに。
 

f:id:mikipan:20171211212941j:plain

 
ミスはあったけれど、午前中に、この窓分の木材カット完了です!
 
 
 
外出から帰宅して、やすりがけも完了、休憩のおやつは自作の干し芋です。
 

f:id:mikipan:20171211213020j:plain

 
 
できれば日が高いうちに塗料を塗り終えたかったのですが、夕方になってしまいました。
 
一晩かけて乾かせば大丈夫だろうと、夕方から塗装を決行。
 
今回は、残っていたワトコオイルを塗りました。
 
いつ買ったのでしょう、最近はまとまった時間が取れずにDIYもご無沙汰だったので、このオイルも開封してだいぶたつのに、たっぷり残っています。
 
塗る作業は楽しくて大好きです。
 
多少、ムラがあっても気にせず塗ります。
 

f:id:mikipan:20171211213434j:plain

 
表と側面を塗り終え、本日の作業は終了です。
 
 
カタバミの除草で腰を痛めたおかげで3回シリーズになりそうですが、腰痛がなければ2回ですんだでしょう。
 
今週~来週はまたちょっぴりハードな日々、年内に完成なるか…。

DIYで古い家屋の寒さ対策(腰痛により延期)

本日も晴れ、寒いけれどDIY日和です。
 
家屋が古い我が家は、冬はとにかく寒いです。
 
少しでも断熱効果を上げるために、数年前からDIYで内窓を作り、二重窓にしています。
 
一気にリフォームできれば一番ですが、修復箇所が多くて予算もかかるので、小窓程度ならできる限りDIYで乗り切っています。
 
造りは適当ながら、断熱効果はかなり実感できます。
 
 
昨日、トイレの小窓に内窓をつけようと、ホームセンターで 材料を調達しました。
 
窓枠となる木材は昨年の余りがあるので、ガラスの代用にポリカーボネート板を購入しました。
 
しかしW910㎜×H1820㎜と大きい、おそるおそる「半分にカットしてもらえますか」と尋ねたところ「大丈夫ですよ!」とのこと。
 

f:id:mikipan:20171209213533j:plain

 
カットしてもらえるのは木材だけかと思っていたので、よかった~。
 
 
材料もそろった、さあ、がんばるぞと張り切っていたのですが…。
 
今朝、庭を見回っていると、ふと種をつけているカタバミを発見!
 
たくさんある!!!
 
カタバミはかわいいと思うのですが、なにせ増えます。
しかも、これから花や山野草を植えようと思っていたところにあるある…。
 
どうせ耕すのですが、今のうちに抜いておかないと、作業によって種が落ちたり、半端に残った根からまた増殖して面倒だと思い、急遽草取りを開始。
 
 
うわあ、こんなに小さいのにしっかり種がついている…。
 
根っこもなるべく残さないように丁寧に…。
 
…。
 
 
気づいたら3時間が過ぎ、夏以来のがっつり除草で、腰が悲鳴を上げています。
 
鋸を持つ手に力が入りそうにないので、午後は大人しくしていました。
 
ああ、せっかくのDIY日和だったのに…。
 
年内にはなんとかします。
 
 
 
腰痛はチーズケーキで癒しました(笑)
 

f:id:mikipan:20171209221644j:plain

 
 

冬のプチ森林浴

紅葉シーズンは逃してしまいましたが、久しぶりに森林の冷たく澄んだ空気を吸ってリフレッシュできました。
 
久しぶりの一泊出張の道中はずっとうねうねの山道、少し余裕をもって、寄り道しながら帰宅しました。
 
平地よりも何度か下がっていて、うちの周りではまだ降っていない雪の後もちらほら。
 
寒がりなのでばっちりコートを着込んでいても、暖かい車内から出ると一気に顔や手足が冷えます。

f:id:mikipan:20171207235737j:plain

 
寒がりのくせに、もこもこ厚着しての冬の野外は大好きです。
 
一番色づいていた時期は過ぎましたが、冬の木々の姿も美しいですね。

f:id:mikipan:20171207235510j:plain

 
木々の周りは落ち葉が積もってふかふかです。
 
うちの樫の木の剪定くず絨毯も、色味は少ないですが、こんなふうにふかふかになるといいなあ。

f:id:mikipan:20171207235542j:plain

 
庭にあるとお掃除が大変そうだと言われますが、落ち葉が積もった道も、ふと見える民家の庭もとてもすできです。
 
 
昨晩は、天ぷら屋さんで穴子天ぷら定食を頼むも、サイドメニューのあさりの酒蒸しに目を奪われ、ついつい一人晩酌状態に…(たいして飲めないし、翌日に響きそうなのでノンアルコールで)。
 

f:id:mikipan:20171207235626j:plain

 
大好きなあさり酒蒸しを独り占めできて、ホクホクです!
 
穴子もでっかくて、野菜もたくさん、ちょっと食べすぎで、帰ってすぐに寝てしまいました。
 
いっそ、最初から晩酌セット的メニューにすればよかったか…。
 
店内はがらーんとしていましたが、天ぷらも酒蒸しも、お味噌汁もとてもおいしかったです。
 
やさしそうな店主の鼻歌の演歌をBGMに、体も温まって、いつもよりよく眠れました。
 
忙しかったけれど、いろんな意味でたくさんリフレッシュできた2日間でした。