つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

ポン酢の調合~自作調味料と保存瓶

梅の花がよい香りです。

f:id:mikipan:20180310185453j:plain

 
芽吹き前の地下活動も活発で、この間引っこ抜いたばかりの畑のドクダミの根がもう大きくなっています。
 
春ですね。
 
 
季節によって調味料の消費量が違います。
 
鍋シーズンはポン酢が、夏は酢の物や甘酢サラダ、南蛮漬けに使う合わせ酢の出番が多いです。
 
ポン酢と合わせ酢、そして年中使うめんつゆは、基本の調味料をさっと調合するだけでできるので、買わずに作っています。
 
 
本日はポン酢を調合しました。
 
みりんと酒を煮切り、そこに保存していたかぼす酢(かぼす果汁と酢を混ぜたもの)、しょうゆ、昆布を入れて完成です。
 
レシピサイトを参考に作ってみて、自分好みに分量を調整しています。
 
柑橘果汁はわりと何でもOKみたいなので、今度は庭のみかんでも作ってみたいと思います。
 
 
 
ポン酢やめんつゆは、空き瓶(これは太白ごま油)をよく洗って煮沸し、蓋をするか、差し口をつけていました。
 
最初は常備ではなく気が向いたら作る程度だったので、空き瓶利用でよいかなと思っていました。
 
差し口はほぼぴったり、若干緩さが気になりましたが、とくに液だれすることもなく順調でした。
 

f:id:mikipan:20180310185612j:plain

 
ただ、繰り返し使っていると、だんだん液だれするように。
 
また冬はポン酢をすぐ使い切るので、口の細い瓶を洗って煮沸するのが面倒になってきました。
 
そこで、ついに、セラーメイトの「調味ドレッシングボトル」を購入しました。

f:id:mikipan:20180310185736j:plain

 
液だれの心配がなく、分解できて、洗いやすいのもうれしいです。
 
 
自作調味料のよいところは、基本の調味料さえ在庫しておけば簡単にできる、自分好みの味にできる、重たい瓶入り調味料を買わずに済む、瓶・缶のゴミの日が楽などなど、たくさんあります。
 
このボトルのおかげで、調理も手入れも時短できて、常備しやすくなりました。
 
 
自家製ポン酢に使ってます(画像が暗い…。真冬はこの倍量)。

f:id:mikipan:20180310200746j:plain

 
 
ドレッシング瓶は3つ購入したので、続いてめんつゆと合わせ酢も作ってしまいます。
 
 
 

にほんブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活

暮らしを楽しむ

剪定枝のリサイクル~ガーデンシュレッダー

なるべく物を増やさないよう心がけていますが、必要なものは買います。
 
庭のメンテナンスやDIYには道具も必要です。
 
家族と相談してこれも必要経費だと奮発し、ガーデンシュレッダーを購入しました。

f:id:mikipan:20180304110404j:plain

 
 
2月が逃げるように飛んでいく中、またもや庭の師匠が私の留守の間に果樹や椿の剪定をしてくれていました。
 
本当にありがとうございます!
 
剪定枝の山。

f:id:mikipan:20180304110518j:plain

 
そして昨日、お天気が崩れないうちに例の剪定枝を粉砕してみました。
 
はじめは枝が粉砕されずに、つぶれただけで出てきたりしましたが、枝の太さに合わせて段階的にアジャスターを調整すれば大丈夫です。
 
そのことがわかってからは、スピードアップ。
 
あっという間にすべて粉砕完了です!

f:id:mikipan:20180304111139j:plain

 
今まで剪定枝は市のゴミの日に手作業で細かくしてゴミ袋に詰めたり、枝は長さをそろえて束ねたりとけっこう手間をかけていました。
 
昨年は手作業でこんな試みもしました。
春の嵐にも飛ばされない、よい感じの落ち葉絨毯となっています。
 
けれど、剪定のたびにこの手間をかけられる余裕は、残念ながら今の私にはありません。
 
そして、剪定くずは資源、持ち出さずに庭で循環させて腐葉土にしたり、ウッドチップにして草押さえに活用したいと思っています。
 
 
市町村によってはガーデンシュレッダーの貸出があるようですが、これも残念ながら私が住む街にはありませんでした。
 
せっかくなので、庭師匠や、いつも野菜をくださるご近所さんが必要な時には使ってもらおうと思います。
 
 
もう1つおまけにうれしいこと、この作業がよい発散になるのです。
 
私のちっぽけな、でもごちゃごちゃ悩んでいたことの8割くらいはスカッと吹っ飛びました。
 
私も剪定の仕方を勉強しているので、もう次の剪定作業が楽しみになりました。
 
道具置き場の整理もしなくちゃ。
 
 
 

にほんブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活


暮らしを楽しむ

早春の断捨離(2)ダウンジャケットの羽毛リサイクルについて

続きます。
 
数年悩んだダウンジャケットの手放し方に、少し光が見えました。
 
グリーンダウンプロジェクト
 
以前、羽毛リサイクルについて調べた時は大手メーカー数社のものだけが対象で、地方都市には回収窓口がなかったのです。
 
これならわが町でもOK、ダウン率50%以上のものは破れや汚れがあってもリサイクル対象です!
 
 
私のダウンは15年ものと、比較的新しいもの (といってもお下がり)の2着、いずれも今は部屋着&作業着です。
 
15年物はおしゃれ+寒さ対策で買いました。
 
だいぶ色褪せポケットの内側が破れても、寒い日の野外活動や庭仕事に重宝してます。
 

f:id:mikipan:20180302231627j:plain

 
それで状態のよいうちに手放し損ね、作業着コレクションが増えつづけるという悪循環に(苦笑)。
 
 
また、羽毛の原料となる鳥の扱いを知り、できれば手元にあるものは「使いきる」か「リサイクル」したかったのです。
 
羽毛の生産と課題については、検索でもたくさんの情報を得ることができます。
 
羽毛に限らずウールやシルクなどの動物由来のものは、いや植物由来でも、命あるものの製品化と消費にはいろんな課題がつきものです。
 
単純に動物愛護か否かという問題だけではなく、生産‣流通・廃棄の方法、働く人の労働条件や生活、ファストファッション流行の背景、リサイクルの難しさなどなどが複雑にからみあっています。
 
私もその一端、それらの製品に助けられて生きてます。
 
どこから問題を解きほぐすか…と考えた時に自分の足元から始めたい、難しいけれどそのことを意識して物とつきあいたい。
 
 
私にとってはリメイクもその一環、楽しさや節約も大事ですが、お気に入りを使い切りたい気持ちも大きいです。
 
もちろん心地よくおしゃれもしたい、年相応に。
 
 
さて、15年物は長年の使用と洗濯でタグの文字も薄れ、「ダウン70%、フェザー30%」と読めるような、読めないような(汗)。
 
回収できるかどうかのギリギリライン?
 
回収してもらえなかったら?
 
春夏はカバーをかけてクッションに、秋冬はまた作業着として活躍してもらいます!
 
 

にほんブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活

暮らしを楽しむ

早春の断捨離(1)~いらない服が減ってきた?

温かくなってきたので、洋服を整理しています。

f:id:mikipan:20180228232616j:plain

 
ここ数年の断捨離でいらない服はだいぶ減らせたつもりですが、活躍できていないものはまだあります。
 
まだ肌寒い日もあるので、3月末に処分完了を目指してリストアップと記録を。
 
 
私の洋服の手放し方は5パターンあるようです。
 
大事なものはできるだけ「循環させる」か「使い切る」 ことを心がけています。
 
1 買取サービス等利用~体や趣味に合わなくなった状態の良いもの
・ジャケット(リネン)
・春夏用のパンツ
 
2 自治体の回収~痛みが激しくリサイクルできそうにないもの
・コート(肌寒い日のワンマイルウェア)
 厚手ロングと薄手のショートトレンチで十分。
 
3 掃除やDIY(塗装)に使って処分~時に「作業着」というオプションも
・スカート(部屋着)
 こちらの素敵なサイト様を参考に作ったもの。
 毛玉がひどくなり処分決定、次作はお出かけ用のクオリティを目指す!
・カットソー 
・無印レギンス 
・レッグウォーマー 庭仕事で穴が開いたので、靴磨きに。
 
4 リメイク候補~死蔵になりやすいのでスピード対応必須
・Vネック(カシミア) →大事に着ていたのに部分的に痛みが(涙)。
 レッグウォーマーに。
・ワンピース →ボタン紛失で買取不可?クッションカバーに。
・スカート →20年近く履いても全然へたれない冬の定番部屋着。茶系は似合わない
 と気づき(遅)、裏地が破れたのを機にお役目終了。クッションカバーに。
 
5 資源としてリサイクル~長くなるので別の機会に。
 
不平不満もこぼしたけれど、どれも機能的で、楽しい気持ちや思い出をくれました。
 
ありがとう。
 
~番外編~
数年前のハロウィン(業務)で、徹夜で作った100均フェルト×オーガンジーのワンピ。

f:id:mikipan:20180228232953j:plain

姪に譲ろうかと保管していたけれど、最近の若者の仮装はもはやハロウィン超え(!)
書きながら気づいたけれど、この「徹夜で」という部分に執着していたのね、私。
今度こそ、記念撮影してさようなら。
 
楽しい思い出をありがとう。
 
 
 

にほんブログ村テーマ
日常の小さなできごとを愛する生活


暮らしを楽しむ

シンプルなおいしさのネギだけチジミ

温かい日が増え、ほぼ休耕中の畑の隅の山東菜もだいぶ大きくなりました。

f:id:mikipan:20180226234610j:plain

 
春撒きの分は間引きが大変なくらいたくさん芽が出ましたが、アオムシと人間で半分こ。
 
秋は台風や行事で畑仕事ができず、遅れて11月半ばに撒いたら、発芽したのはほんのわずか。
 
山東菜は白菜の原種らしく、白菜とレタスの中間的な食感で、色々使えて便利です。
 
大きくなると結球して漬物に使われるそうですが、うちでは柔らかいうちに外葉から摘んでいただいています。
 
もう少し待つと軸のシャキシャキ部分が育って美味しいのでしょうが、待ちきれずにおひたしや炒め物にしています。
 
 
 
親戚からりっぱなおネギをいただきました。

f:id:mikipan:20180226234703j:plain

 
うちのネギは小さいので、こんな大きな白ネギをいただくとテンションが上がります⤴
 
ネギを主役にしたくて、週末ランチにネギだけのチジミを作りました。
 
ネギは一人につき1本、贅沢?に。
 
他には何も入れず、卵もなしでネギの甘みを堪能します。
 
薄切りネギ、小麦粉、片栗粉、だしの素少々を水でといて、ごま油で焼きます。

f:id:mikipan:20180226234817j:plain

 
片栗粉を入れて、油多めで焼き付けると外はカリッと、中はもっちりになります。
 
 
シンプルに酢醤油で、お好みで七味を振っていただきました。
 
サクサクで、ネギが甘くておいしかった~。

f:id:mikipan:20180226234901j:plain

 
途中でチーズを足そうか迷いましたが、ネギを堪能したいので入れなくて正解でした。
 
 
ネギだけレシピと言えば、どこかで読んだ『美味しんぼ』で、山岡さんが遭難中(うろ覚え)に作った台湾のローピン(これもうろ覚え)なる料理が忘れられません。
 
食べ物がなくイライラしていた人たちも、小麦粉、ネギ、塩、ごま油だけでごちそうを作った山岡さんに感心して冷静さを取り戻す、確かそんなストーリーでした。
 
そういえば、中国出身の友人が、餃子のついでにちゃちゃっと似たものを作ってくれたこともあったっけ。
 
次はレシピを聞いて、そちらも作ってみます。

断捨離とリメイクの狭間で~玄関のミニ鏡(アイアン塗装編)

続きです。
なぜ私はこんなものを取っておいたのか…。
 
一番の理由は、このアイアン塗料を使ってみたかったからです。
 
左からブラック、アンティークゴールド、プライマー(下地塗料)です。
 

f:id:mikipan:20180224212746j:plain

 
窓枠やサッシを塗り替えたくて塗料を探している時に、この塗料を知りました。
 
鉄の質感は古い家にもなじむので、サッシは無理でも、いろいろ塗ろうと思います。
 
 
しかし、いきなり大物に手を出して失敗すると目も当てられません。
 
小物で試そうとして目についたのがこの鏡(兼温度計&カレンダー)、凝った装飾との相性がよさそうだなと思ったのでした。
 
 
まずは、養生テープで鏡やガラス部分をカバーし、プライマーを二度塗りします。

f:id:mikipan:20180224212837j:plain

 
乾かす時間があるので、仕事や家事の隙間時間にちょこちょこ作業しました。
 
 
次に、とろみのあるブラックをしっかり塗り込みます。
 
なめらかに塗るよりも、スポンジ等でポンポン乗せたほうが、鉄の質感がでるそうです。
 
細筆で2度塗りし、仕上げに鉄っぽさを意識してポンポン厚塗りをして、完成!

f:id:mikipan:20180224212956j:plain

 

f:id:mikipan:20180224213022j:plain

 
 
おおお、鉄っぽい…、アイアン「風」です。
 

f:id:mikipan:20180224213103j:plain

 
 
この「~風」ってどうかなと思っていましたし、表面だけ木目調プリントなどはあまり好きではありません。
 
でも、フェイクではありますが、これ、塗る作業も含めて楽しいです!
 
そして、本物のアイアン小物を買うよりお安く手軽に部屋の雰囲気を変えられます。
 
500mlの小さいサイズでも、小物なら いくつか塗れそうです。
 
アンティークゴールドも早く試してみたいな。
 
リメイク候補は、洗面所の古い鏡(異界のものが映りそうな感じのやつ)、額縁、椅子の脚でなどです。
 
 
断捨離のスピードは落ちますが、必要なお気に入りを選ぶのも手間と時間がかかるので、できる範囲でリメイクや手作りも楽しみたいと思います。
 
これがツアーの記念品であることに気づく人は、もういないでしょう、多分(笑)。

断捨離とリメイクの狭間で~玄関のミニ鏡(切断編)

庭の花壇は、私だけでは数か月かかるところを、師匠のご指導により少し前進しました。
 
すぐに結果が見えないことに取り組むと、つい目に見える成果を欲してしまうもの。
 
そんなわけで、ちょっと横道にそれ、空き時間に小物リメイクをしています。
 
 
インテリアは、我が家の古さに合う感じのスタイルに惹かれます。
 
しかし、古くても素敵なものとそうでないものが混在しているので、断捨離を進めてきました。
 
が、まだまだ課題は山積です。
 
 
例えばいつもは勝手口の横にあるこの鏡、かなり前のツアー会社の記念品です。
 
古い柱にもよくマッチして…って、これ、断捨離対象でしょ!
 

f:id:mikipan:20180222230927j:plain

 
 
鏡以外はプラスチック、温度計と手動で切り替えるカレンダー付と多機能だけど、使わない…(苦笑)。
 

f:id:mikipan:20180222231010j:plain

f:id:mikipan:20180222231804j:plain

 
以下は家族との対話です。
 
Q:これ、どう思う?
A:なんだっけ、それ。
 
Q:思い出の品か何かなの?
A:さあ、覚えはないなあ。
 
Q:必要?
A:身だしなみチェックに便利なんだよね。靴箱と棚の隙間にぴったりサイズだし。だから取っといて。
 
Q:温度計とカレンダーは?
A:温度計はともかく、カレンダーは使ってないね。というか、ダサいね。
 
Q:これじゃなきゃダメ?
A:ちょうどよい鏡があればいいけど…。
 
家族には必要そうなので、インテリア的にもOKな代用品を探しましたが、見つかりません!
 
断捨離やシンプルライフの基本は「なくても困らない」、私もそれに大いに賛同しているので、何度か処分しかけました。
 
しかし「もしかすると、自分好みにリメイクできるかもしれない」という心の声を断ち切れなかったのです。
 
 
 
本日、プラスチックも切断できるジグソーで、不要なカレンダー部分を切断しました。
 

f:id:mikipan:20180222231410j:plain

 
カレンダーとはさよなら、上部をこれから塗装します。
 
このリメイク、吉と出るか凶と出るか(←大げさ)。
 
 
イメージが湧かなければスパっと処分できるのですが、こんな風に断捨離とリメイクの間で心の針が振れることもしばしばで。
 
まだまだ修行が必要です。
 

庭に突如現れた穴とその対処

午前中いっぱいかけて、花壇にする場所からこれだけ大物(石)を掘り起こしました。

f:id:mikipan:20180217220352j:plain

 
土壌改良用の資材も購入しているのに、なかなか出番がやってきません(涙)。
 
そして行く手に待ち受けていたのは石だけではありませんでした。
 
地表の30cm下に、突如大きな穴が出現したのです。
 

f:id:mikipan:20180217220303j:plain

 
土を入れると、ズザザザザ~っと地中深くに落ちていきます。
 
おそるおそるメジャーをたらすと、40~50㎝の深さです。
 
どうやら石垣に使っていた間知石を埋めた後、その周辺の土が空洞化したようなのです。
 
ここだけ?地盤沈下の危険は?集中豪雨でどうなるの?
 
教えて師匠!
 
しかし庭の師匠はお留守、「庭」「地下」「空洞」のキーワードをネット検索しまくりました。
 
「突然庭に穴が」といったQ&Aがいくつか見つかりました。
 
Q&Aの内容からも、うちの状況から見ても空洞化は一部だけ、庭全体に広がるものではなさそうです。
 
対処法としてはそのまま埋め戻す、モルタルを流し込む等が紹介されていました。
 
土だけで大丈夫か不安だったので、庭から出土した割れ瓦と小石をまず入れ込み、隙間を土で埋めることに。
 
水はけもよくなるでしょうし、出土した大量の割れ瓦や小石を処分できて助かります。
 
郵便ポストに投函するように、割れ瓦をそっと落としていきます。
 
地味~な作業です(汗)。

f:id:mikipan:20180217220450j:plain

 
3か所の穴からバケツ10杯分くらいの割れ瓦と小石を充填し、そのあと土を流し込みました。
 
原理的には何もしないよりはマシ、状況は改善されたはずですが、あちこち掘り返したことで地盤が緩みやすくなっているかもしれません。
 
もう少し、大石除去&空洞の様子見が必要そうです。
 
 
花壇プロジェクトはなかなか前進しませんが、ポジティブに冬の間にこの作業を始めてよかったのだと思うことにしました。
 
この作業を春~夏の紫外線と暑さの中で行うなんて、考えただけでゾッとします。
 
きっと理想の花壇に一歩近づいた…はず!
 
 
くたくたの今夜の手抜きご飯。

f:id:mikipan:20180217220957j:plain

 
焼き魚にお総菜のタラの芽の天ぷら、ポタージュは作り置きを牛乳で伸ばしただけ。
 
タラの芽は…、やっぱり揚げたてを食べた~い!

開墾か?発掘か?ガーデニングまでの長い道のり

昨年、庭に細長い花壇を作りました。
 
もっと幅を広げたいけれど、大きな石がゴロゴロ埋まっていて、なんとか掘り起こせたのが塀沿いに植えている木の周辺だけでした。
 
この辺りは建物を壊した跡らしく、今は更地です。
 
菜園や花壇に活用したいけれど、踏み固められた土は固くしまり、石、茶碗やガラスの破片、割れた瓦などがゴロゴロでてきます。
 
昨年花壇を作る際にも掘り返して土壌改良材や堆肥を混ぜ込みましたが、深く耕せていなかったせいか、土の質も水はけもいまいちでした。
 
しかも冬は日陰になるので、日当たりの良いところまで花壇を拡張しようと思っています。
 
ミニ耕耘機を使おうにも、地表のすぐ下の大きな石にぶつかると故障しそうなので、とりあえず大物だけでも取り除くべく、連休中に人力で作業を始めたのですが、、、。
 
 
耕作というよりは、もはや開墾!そして発掘!
 
 
2時間程度で大きな石5つ、瓦、各種破片、割れていない瓶2本が出土。

f:id:mikipan:20180213235254j:plain

 

f:id:mikipan:20180213235332j:plain

 

f:id:mikipan:20180213235527j:plain

 
大物と私の足(24㎝)を比較してみました。

f:id:mikipan:20180213235132j:plain

 
大きな石は、まだ行く手にいくつか埋まっています。
 
このまま突き進むか、それとも引き返すのか。
 
 
ご近所に住む庭の師匠が寄ってくれたので、この先どうしたものかと相談しました。
 
こういう地道な作業は嫌いではない、むしろ好きですが、ガーデニングにたどり着く前の作業でアップアップしている時間があまりに長いので、時折「私はいったい何をやっているんだ」と思うこともあります。
 
けれど、その先に進みたい、そのためには人手や機材を借りるにしても、まず自分でこの作業をやってみるしかなかったのだとも思います。
 
 
師匠はやさしく「ある程度大石を取り除けたから、ミニ耕耘機も使えるよ」と。
 
週末にでも、使い方を教えてもらってチャレンジしてみようと思います。
 
ああ、早く「開墾」から一歩先に進みたいです。
 
明日はバレンタイン♪

冬のスキンケアも自家製ドクダミ化粧水で

昨年初めて作ったドクダミ化粧水、匂いが苦手な人も多いですが、私は個人的にとても気に入っています。
 
ドクダミ化粧水はシミに効果があると聞いて期待していました。
 
f:id:mikipan:20180210005625j:plain
 
 
シミは消えませんが、使い続けるうちに薄く目立たなくなった気がします(効果や感じ方には個人差があります)。
 
昨年の菜園での日焼けも、すっかり落ち着きました。
 
 
 
夏も冬も、スキンケアはこのドクダミ化粧水とワセリンのみです。
 
冬はグリセリンを足さないと保湿効果が弱いだろうと思っていたけれど、ワセリンの量を季節に応じて調節するだけで問題ありませんでした。
 
 
 
スキンケアは年中シンプルでも、冬場は少しだけ気を使っていることがあります。
 
それは、必ず手を温めてからメイク落としとスキンケアをすることです。
 
冷え性で冬は氷のような私の手では、スキンケアの際につい手に力が入り、皮膚への刺激が強くなります。
 
これが乾燥肌の一因と知り、以来、冬場は特に気をつけています。
 
ここ数年、冬場は特に目元の乾燥や血色の悪さが気になっていましたが、ここ2年ほど温めるスキンケアを実行するようになってからは改善されました。
 
化粧水も温かい手で、保湿したいところを包み込むように、やさしく時間をかけてプッシュすれば、潤い方が全然違います。
 
自家製のサラサラ化粧水でも、ミストスプレーでまんべんなく顔に吹きつけてからこの方法でプッシュすれば、とろみがなくてもつけやすいです。
 
 
 
ドクダミの葉は漬けてから3か月後ぐらいに取り出すとありましたが、私は漬けっ放しにし、時々取り出して洗濯ネットに入れ、入浴剤代わりに使っています。
 

f:id:mikipan:20180210005751j:plain

 
 
ドクダミは毎年庭や畑に勝手に茂ってくれるので、今年も作ります♪
 
ただ、畑に茂ると困るので、寒さに弱いらしいハマスゲの根塊とともにドクダミの根も掘り起こしています。
 
この作業が最近の毎朝の日課です。
 
雪がめったに積もらないこの地域でも朝の冷気は辛いですが、数分もすると体がぽかぽかして気持ちよく一日を始められます。