つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

庭仕事

秋の剪定-ローメンテな庭への道も一歩から

今年も庭の階段の隙間をポリゴナムが埋め尽くしてくれました。 今年は開花が遅く、夏はまばらでしたが、10月にやっと一面ピンクになりました。 地味な階段が明るくなり、他のグランドカバー植物とともに、草取り労力を軽減してくれています。 10月から時間が…

庭のいちじく×ゴルゴンゾーラ×はちみつ

いちじくの季節です。 7月に根元の不要枝を剪定して、風通しを良くしたせいか、昨年よりたくさん実がつきました。 mikipan.hatenadiary.com 下から順々に熟していくので、1日の収穫は1~2個というスローペース。 たいていはパクっとそのまま食べちゃうので…

3種のセージでコーナー作り&雑草対策

日曜の朝、ずっと考えていたことに着手しました。 果樹を植えている場所は、敷地外の法面と地続きです。 背が高く、強健な草がボウボウ生えるので、年に数回、市が草刈りをしてくれます。 敷地との境界に石の仕切り?らしきものがあるのですが、埋まってしま…

台風の日の心配-クレマチスとサマーポインセチア

異例のコースをとった台風12号、我が家は川から近く、また古い家なので、台風と聞くといつもヒヤッとします。 昨年の台風ではずっと準備していたイベントを中止、川の増水で初めての避難を経験(幸い当日中に帰宅できた)、古い漆喰壁が剥がれる(修復済)など、…

イブキジャコウソウを菜園の縁取りに

きゅうりの花がつき、小さな実がたくさんつき始めました。 生い茂る葉、一緒に植えたマリーゴールドやネギの隙間からパチリ。 なすはまだまだですが、きゅうり、ピーマン、トマトは見るたびに大きくなっています。 今日は、6月なのに肌寒いくらいの気温、オ…

復活!日陰のユキノシタ2~ユキノシタとドクダミで自家製化粧水

復活したユキノシタ、かわいい花がたくさんつきました♪ 最近知ったのですが、ユキノシタってお浸しや天ぷらにして食べられるのですね。 正直に言えば「産毛がちくちくしそう」などと半信半疑でした。 そんな時、愛読中のブログ薬膳でセルフケア めざせ!仙人…

初夏の香りを瓶に詰めて~実山椒の醤油漬け

4月に作った山椒の葉のジェノベーゼソースも、あとわずか。 mikipan.hatenadiary.com もっと作っておけばよかったなあ…、でもジェノベーゼソースはこれからシソやバジルでも作れます。 葉はだいぶ色濃く固くなり、次は山椒の実の季節♪ 工程が多くて技量のい…

復活!日陰のユキノシタ

家の裏手のユキノシタです。 ここはシェードガーデンなんて素敵な言葉とは程遠い、年中じめっとした湿気地帯です。 ユキノシタは湿り気がある場所を好むので、こんなところでもかわいく咲いてくれるありがたいお花。 昨年だったか、かわいいので、湿気がまし…

アマドコロとジギタリス~雨の雫も似合う白い花

春の嵐の影響でぐずつきがちな空の下、庭の一角の白い花が雨の雫に濡れてきれいです。 姿形がスズラン似のこの植物の名を私は知りませんでした。 知人に尋ねたところナルコユリだと教えてくれました。 けれど、もう一度調べてみたら、ナルコユリにそっくりな…

草のある庭2~いろいろ敷いてみる

ツツジが咲き、庭が明るくなりました。 ツツジの周りは先人が置いた庭石や灯篭があり、ちょっと庭園風な空間です。 しかし、踏み固められて締まった土壌なのに草は元気に生えてくる、しかも取りづらい! なまじ周辺が「庭園風」なので、草を放置すると「自然…

草のある庭~残す草/残さない草

久々に園芸店をのぞくと、野菜の苗がたくさん並んでいます。 そろそろ菜園の準備を始めなくちゃ。 最近まで外壁リフォームの足場が畑にかかって作業ができない間に、スギナがぽつぽつ生えてきました。 スギナは根が深いので嫌われますが、冬の間中ハマスゲや…

古い板と2×4材で作るフラワースタンド3~いったん完了

年度末のあわただしさ、天候不良、迷いなどで制作が途切れていたフラワースタンドですが、塗装を済ませて使っています。 土台部分を塗装し、さあ天板も…というところで悩み、結局天板は塗りませんでした。 水やりしたり、風雨にさらされることを考えれば、塗…

春の採集生活(2)~たけのこのバター醤油焼き

自分で採集したものではありませんが…。 今年もご近所さんからたけのこをいただきました! 2本もいただいたけれど、たけのこは皮をむけば意外と小さいもの、あっという間に食べちゃいそうです♪ 昨夜のうちに圧力鍋で水煮にしました。 ぺろっと食べてしまうだ…

春の採集生活~山椒ジェノベーゼ

春、旬のものがおいしくて…。 昨日は、道の駅で買ったふきのとうを天ぷらに。 揚げたてをパクっといっちゃったので、出来上がり写真なし(汗)。 やわらかい新芽のうちにと、庭の山椒の葉を摘みました。 葉っぱをちぎるたびにふんわり山椒の香りが漂います。…

荒れ地のアジュガと今年の目標

桜が見ごろ、行く先々で美しく咲いています。 お花見はできなかったけれど、移動中にたくさん楽しみました。 たった二日間家を開けている間に、うちの庭にも目に見える変化がありました。 チューリップが大きく開き… (植えるのが遅かったためか、背丈は低め…

ささやかな春の植樹祭―マルバノキ

仕事でエネルギーを使い果たした週末、時折めまいでふらっとする週明けでした。 今日も明日も雨模様、体調もいまいちだし、これから寒さも戻ってくるとのこと、先週のうちに植樹を済ませておいてよかった~。 新しくできた花壇の一角に、マルバノキを植えま…

ぼちぼちな庭仕事の進み具合

ここしばらく、軒下を通るたびに、どこからともなく声が。 「よーよー、例のあれ、どうなってるんだよー」と、直置きの鉢植えたちがからんでくるのです。 もちろん、うそです。 かわいい植物たちは、一言も不平不満をもらしません。 「例の続きをしなくちゃ…

剪定枝のリサイクル~ガーデンシュレッダー

なるべく物を増やさないよう心がけていますが、必要なものは買います。 庭のメンテナンスやDIYには道具も必要です。 家族と相談してこれも必要経費だと奮発し、ガーデンシュレッダーを購入しました。 2月が逃げるように飛んでいく中、またもや庭の師匠が私の…

庭に突如現れた穴とその対処

午前中いっぱいかけて、花壇にする場所からこれだけ大物(石)を掘り起こしました。 土壌改良用の資材も購入しているのに、なかなか出番がやってきません(涙)。 そして行く手に待ち受けていたのは石だけではありませんでした。 地表の30cm下に、突如大きな穴が…

開墾か?発掘か?ガーデニングまでの長い道のり

昨年、庭に細長い花壇を作りました。 もっと幅を広げたいけれど、大きな石がゴロゴロ埋まっていて、なんとか掘り起こせたのが塀沿いに植えている木の周辺だけでした。 この辺りは建物を壊した跡らしく、今は更地です。 菜園や花壇に活用したいけれど、踏み固…

冬のスキンケアも自家製ドクダミ化粧水で

昨年初めて作ったドクダミ化粧水、匂いが苦手な人も多いですが、私は個人的にとても気に入っています。 mikipan.hatenadiary.com ドクダミ化粧水はシミに効果があると聞いて期待していました。 シミは消えませんが、使い続けるうちに薄く目立たなくなった気…

古い板と2×4材で作るフラワースタンド2

フラワースタンドの続きです。 本日はインパクトドライバーで組み立てていきます。 屋外で使用するので、ステンレス製のサビに強いネジを使いました。 下穴をあけて、しっかり留めていきます。 とりあえず、土台となる脚部分の組み立て完了です。 組み立てる…

古い板と2×4材で作るフラワースタンド

古い端材を2本ひっぱりだしました。 傷跡や虫食いらしきものもありますが、中まで浸食されてはいないので、表面をきれいにすれば十分使えそうです。 端材といっても、幅22㎝、厚み3.9cm、長さ120㎝、けっこう重い立派な板です。 解体された昔の農機具小屋か…

冬の庭で―春に向けて思案中

しばらく暖かい日が続きましたが、また寒さが厳しくなりました。 冬は、日照時間も短いので、庭や畑の作業時間がなかなか取れません。 けれど、春から夏を楽しみに、また、春夏の除草作業を少しでも楽にするために、冬も除草作業を地道に続けています。 基本…

クリスマス?正月?庭の和素材リース

クリスマスシーズン、どこを歩いてもクリスマスの雰囲気であふれています。 私は以前、クリスマスやハロウィンを盛り上げる側の産業で働いていたので、正直なところどっちももうおなか一杯…。 が、クリスマスから年末にかけての雰囲気は大好きなので、ひっそ…

DIYで古い家屋の寒さ対策2(腰痛からの復活編)

前回から続きます。 土曜日にカタバミの除草で腰痛に苦しんだ私ですが、日曜にはほとんど痛みも気にならなくなりました。 年齢的に、翌日が痛みが残るのかなと思っていたのですが一安心。 ホッ。 …いや、もしかすると、1日後とか2日後に来るのでしょうか…。 …

DIYで古い家屋の寒さ対策(腰痛により延期)

本日も晴れ、寒いけれどDIY日和です。 家屋が古い我が家は、冬はとにかく寒いです。 少しでも断熱効果を上げるために、数年前からDIYで内窓を作り、二重窓にしています。 一気にリフォームできれば一番ですが、修復箇所が多くて予算もかかるので、小窓程度な…

ポリゴナムの階段

冬は、庭の草花の中にも葉が紅く色づくものがあります。 ピンクのポンポン状の花が愛らしいポリゴナム(ヒメツルソバ)もその一つです。 古い我が家には石の階段が数か所かあるのですが、隙間の土の部分から草が生えます。 ここの部分は、人が良く通るところで…

秋の庭仕事―ムスカリ他

秋晴れだけれど風が強かった本日、先日剪定してもらった樫の剪定くずが吹き飛んでいないか心配しましたが、枝を残したおかげで大丈夫でした。 大枝を取っ払ったら、いかにも剪定くずという感じが少し消えたような気が…しま…す…(あくまで主観)。 樫の枝の間に…

樫の剪定くずで落ち葉の絨毯(実験)

今年の秋は台風や大雨の影響で、いろんな予定が後ろに後ろに流れてしまっています。 それが怒涛の嵐となって押し寄せる11月、しばしの小休止を挟んで年末まで駆け足です。 慌ただしいけれど、懐かしいあの人やこの人との再会、新しい出会いがたくさんあり、…