つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

菜園の経過と畑作りから学ぶこと~小松菜&春菊を追加

10月に種をまいた野菜たちは、おおむね順調です。

 

f:id:mikipan:20181113194551j:plain

大根は、ちょくちょく間引いてサラダやお味噌汁の具にも。

 

f:id:mikipan:20181113194700j:plain

ほうれん草

 

f:id:mikipan:20181113194754j:plain

ほっそり小葱

 

f:id:mikipan:20181113194858j:plain

山東白菜は、余った種を使ったせいか、発芽率がいまいちです

 

パクチーは、発芽前にふらついた私がプランターを倒してしまい、土がガバっとこぼれるハプニングが(涙)。

根が伸び始めていたものをそっと植え直しましたが、すべては拾いきれませんでした。

f:id:mikipan:20181113195020j:plain

でも、おかげで(⁉)間引きの手間は省けました。

 

ご近所さんや、いろんなブロガーさんの畑では、9月に蒔いたものが収穫時を迎えているようです。

10月スタートの私はうらやましい限りですが、間引き菜もおいしくいただいています。

f:id:mikipan:20181113195052j:plain

ほうれん草の間引き菜とあり合わせで、ランチにクリームパスタ。

 

11月に入ってすぐ、小松菜と春菊も追加で種まきしました。 

けれど、焦って堆肥をすき込んですぐに蒔いたせいか、気温が下がってきたせいか、10日経っても、小さな小松菜の芽がほんのわずか出てきただけでした。

小松菜も春菊も、育てやすい野菜の代表格なのに…、とほほ。

 

自然を相手にするときは自然のペースで、気温や地温、土壌の状態に合わせていかなければならないのに、私のせっかちな性格がネックになっています。

 

土がいまいちなら、畑に置いたままでは成長しづらいでしょうから、数本出た小松菜の芽をプランターに移植。

ついでに実験、11月に種を蒔いても大丈夫か、余っていた小松菜と春菊もプランターの培養土にパラパラ蒔いておきました。

すると、写真では見えづらいけれど約3日で芽が出始めました。

f:id:mikipan:20181113195328j:plain

プランターに移植した小松菜、見えにくいけど追い蒔き種も発芽してます

やっぱり土の問題だったようですね…。

でも、たとえ小さくても小松菜と春菊があるとうれしい、プランターに追い蒔きしてよかった♪

 

…と思ったら、本日畑を見ていたら、小松菜と春菊もまばらだけど発芽が始まっている⁉

f:id:mikipan:20181113195204j:plain

まばらだけど、小松菜が発芽し始めた?

 

これは、せっかちで待てない私に「気長に行こうぜ」っていうメッセージでしょうか???

 

土や野菜と向き合うと、いろいろ気づかされます。

もう少し段取り上手になりたいものです。

 

 

に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

防寒とストレス対策の小豆カイロ~生地選び

私の場合、ストレスは首筋で感じます。
 
 
イライラや緊張感が長引いたり、人のストレス話に共感しすぎてしまった時も、首が凝って凝って仕方ありません。
 
ストレスを溜めこむほうではないはずなのに、ここ数か月、首筋がよく凝ります。
 
 
例えるならば、首筋に小熊を一頭背負っているような感じ?
 
実際に背負ったことはないですが(笑)。
 
 
自分なりの解消法はいくつかありますが、冬の寒さ対策も兼ね、首に巻くタイプの小豆カイロを作ることにしました。
 
小豆カイロはレンジで温め、繰り返し使用することができるもの、自作されている方も多いですね。

f:id:mikipan:20181111203154j:plain

 
防寒グッズでは、じんわりぬくぬく温まる湯たんぽが好きです。
 
お腹や腰を温めるのにも便利なゴム製の0.8lと、就寝時にも使うステンレス製2lタイプを愛用しています。

f:id:mikipan:20181111203058j:plain

 
ただ、湯たんぽは首周りには不向きです。
 
今年の冬は首筋の小熊を降ろして(=重荷を降ろして)、小豆カイロで首筋もじんわりぬくぬく、癒されたい。
 
 
前置きが長くなりましたが、まずは生地選び。
 
肌に触れるものなので、できれば肌に優しいものがよいです。
 
 
候補1はブラックのリネン。
 
これはワンショルダーのエコバッグを作ったときの端切れです。素材はよいけど、色が重たいのが気になって…。
 
 
候補2は母の浴衣の端切れ。ずいぶん昔のものですが、しっかりした木綿です。

f:id:mikipan:20181111203241j:plain

 
洗いざらしの木綿は手触りがよく、吸水性も速乾性も◎です。
 
うちでは輪っか状に縫ったハンカチサイズのものをたくさん籠に入れて、トイレのお客さん用手拭きにしています。
 
かわいい柄の新しい手ぬぐいも欲しくなるけれど、古い浴衣地も好きで、大事に使い切りたいなと思っています。
 
 
防寒グッズに浴衣の端切れでは寒々しいかと思いましたが、自宅用ですし、柄も梅の花っぽいからいいかな。
 
 
生地は浴衣に決定。
 
話が横道にだいぶ逸れたので、続きは改めて。
 
のんびり作ります。 

 

 

 

に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

秋の剪定-ローメンテな庭への道も一歩から

今年も庭の階段の隙間をポリゴナムが埋め尽くしてくれました。

f:id:mikipan:20181108201238j:plain

 

今年は開花が遅く、夏はまばらでしたが、10月にやっと一面ピンクになりました。

地味な階段が明るくなり、他のグランドカバー植物とともに、草取り労力を軽減してくれています。

 

10月から時間があれば垣根の剪定をしています。まとまった時間が取れないので、休日、仕事の合間にちょこちょこと。

 

剪定をお手伝いしてくださっていた庭の師匠もご高齢でひざを痛めているので、できるだけ自分の力でやっていこうと思っています。

費用も掛かるので、プロに頼むのは数年に一度にし、基本的には自分でできるようになりたい。

本を片手に、ぼちぼちと。

 

面倒だなと思うこともあります。

しかし、ここ数年の大型台風の際、庭木が古い我が家を守ってくれていることに改めて気づかされ、感謝の気持ちをもってメンテするようになりました。

 

それに、晴れた秋空の下の作業は、リフレッシュにもなるのです。

 

最初は徒長して飛び出た部分だけ剪定していました。

しかし、木の健康のためには内側の込み合った枝を整理しなければなりません。

時には不要枝にたまった枯れ葉や埃がバサッと降ってくることも(汗)。

 

樫、マキ、金木犀…。少しずつバランスを見ながら透かしていくと、枝の隙間から光が差し、風がよく通るようになります。

 

f:id:mikipan:20181108202054j:plain

飛び出した枝をカットした状態、これからもう少し透かします。

 

昨年も剪定したはずなのに、剪定枝がすぐに山積みに。

10月に入ってから毎週末、ガーデンシュレッダーが稼働しています。

f:id:mikipan:20180304110404j:plain

 

丈2m、径2.5㎝の樫の枝もこの通り。

before

 

f:id:mikipan:20181108202420j:plain

after

 

f:id:mikipan:20181108202455j:plain

 

家庭用シュレッダーはギア式とカッター式があり、カッター刃のほうが細かく裁断できるのですが、刃の交換の必要がないギア式を使っています。

 

 

剪定作業は大変ですが、剪定枝チップは庭のローメンテ、ローコスト化に貢献してくれてます。

 

木々の周り、園路に厚く敷き詰めると、草が生えにくい。

そして、いずれは土に還ります。

f:id:mikipan:20181108202614j:plain

 

f:id:mikipan:20181108202643j:plain

 

売られているウッドチップなどのほうが見栄えはよいですが、剪定枝チップもナチュラルなうえローコストでいいじゃないかと自己満足。

 

今年は去年より、来年は今年より、ローメンテな庭になっているはず。

 

だいぶすっきりしたところで、出遅れたけれど、春に向けて球根類を植えていきます。

 

 

 

 

に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

庭のいちじく×ゴルゴンゾーラ×はちみつ

いちじくの季節です。

 

7月に根元の不要枝を剪定して、風通しを良くしたせいか、昨年よりたくさん実がつきました。

 

 

mikipan.hatenadiary.com

 

下から順々に熟していくので、1日の収穫は1~2個というスローペース。

 

たいていはパクっとそのまま食べちゃうのですが、今年はたくさんとれたので、ちょっと加工。

 

 

まずは、いちじくトースト。

 

ずっと前に、NHKのベニシアさんの番組で見かけたいちじくトーストはたしか、ゴルゴンゾーラとはちみつを乗せていたはず。

 

その組み合わせに惹かれて記憶を頼りに作るも…ちょっと焦げちゃいました。

f:id:mikipan:20181103220520j:plain

 

フレッシュいちじくがとろり、ゴルゴンゾーラとの組み合わせの複雑なうまみで、おいしい~。

 

ドライいちじくでもおいしそうですが、フレッシュいちじくで、この季節ならではのお楽しみ♪

 

 

そして、いちじく×ゴルゴンゾーラでもう一品、ツレヅレハナコさんの「いちじくのゴルゴンゾーラ焼き」。

 

私はお酒は体質的に苦手、めったに飲みませんが、お酒に合う食べ物は大好きなのです。

 

世の流れに疎い私は初めて知ったのですが、ツレヅレハナコさんのレシピはSNSで大人気で、ご著書も出されているそうですね。

 

女ひとりの夜つまみ

女ひとりの夜つまみ

 

 

いちじくにオリーブオイルとゴルゴンゾーラをまぶして焼くだけ、なのですが、酒が飲めないのにワインとか飲みたくなってしまいます♪

f:id:mikipan:20181103220627j:plain

 

カシスリキュールしかなかったので、カシスソーダを気持ち程度に。

 

他のおつまみレシピも気になるので、kindle版で購入してみます♪

 

 

いちじくじゃないけど、秋のおいしいものもう1つ。

 

今日、一緒にランチしたKさんの手作りお土産、サツマイモのドーナツがとってもおいしい!聞けばココナツミルクが入っているのだとか。

f:id:mikipan:20181103221100j:plain

 

これは絶対真似します!ココナツミルク味のドーナツ、癖になりそうなおいしさです。

 

Kさん、ごちそうさまでした~♪

 

 

 

 

に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

天邪鬼が作る、ほんのりスパイシーなパンプキン・ケーキ(for ハロウィン)

  昨日、垣根の下に大きなかぼちゃが落ちているのを発見!

 

うちではコンポストから勝手に芽を出すかぼちゃを、そのまま庭木に這わせて、ほったらかしにしています。

 

それでもけっこう立派に育ってくれます。

 

f:id:mikipan:20170811233359j:plain

写真を撮り忘れたので、昨年の写真。

 

きっと、重力に負けて落ちたのでしょう。

 

先日のコンポストかぼちゃより大きく、種を除いて800gありました。

f:id:mikipan:20181028103148j:plain

 

かぼちゃといえばハロウィン🎃ですが、私は以前、仕事でハロウィンを盛り上げる側にいたせいか、ハロウィンに対してどこか醒めています。

 

あの頃は、数か月前からハロウィンで頭がいっぱいだったなあ(遠い目)。

 

なので実生活ではハロウィンはスルー、イベントやキャンペーンを見かけてもわくわくせずに、「ご苦労さまです」と思ってしまいます(苦笑)。

 

 

でも、「もう楽しんでもいいじゃない」と囁くもう1人の自分もいるのです。

 

そしてタイミングよく(?)このかぼちゃ、「ハロウィンだからってわけじゃなく、そこにかぼちゃがあったから」なんて呟きながら、かぼちゃのパウンドケーキを焼きました。

 

甘さ控えめでスパイシーな感じが好きなので、シナモンとクミンを入れました。

 

まだ改良の余地ありなので、とりあえず覚書。

 

<材料>

〇かぼちゃ(蒸す)  150g~180gくらい

〇小麦粉       150g

〇シナモンパウダー  小さじ1/3

〇クミンパウダー   少々

〇ベーキングパウダー 小さじ1/2

〇植物油       100g (今回はオリーブオイル)

〇砂糖        80g

〇卵         2個

〇くるみ       適量

 

<下準備>

・かぼちゃは蒸してつぶす(皮つきでOK)

・くるみは乾煎りしておく

・オーブンを予熱(180℃)

 

<作り方>

1 小麦粉、ベーキングパウダー、シナモンとクミンを合わせてふるう。

2 1にといた卵、油、砂糖、かぼちゃを混ぜる。くるみも加えてさっくり混ぜる(練ら

  ないこと)。

3 パウンドケーキ型に油を薄く塗り、3を流し入れる。空気を抜いて、へらで縦に切

  り目を入れる。

4 予熱したオーブンで30分焼く。170℃に温度を下げてもう10分~20分様子を見なが

  ら焼く。(焦げないように、後半はアルミホイルをかけた)

 

f:id:mikipan:20181028103612j:plain

 

 

素朴だけれどシナモンとクミンの風味がよく、私好みに仕上がりました!

f:id:mikipan:20181028103656j:plain

 

スパイスはふんわり香るくらいで、個人的にはもう少し効かせてもよかったかな。

 

生姜やナツメグなどを加えてもよさそうです。

 

余ったかぼちゃは、ポタージュにします。

 

 

たまにはハロウィンもいいじゃない、天邪鬼はケーキをつつきながら思いました。

f:id:mikipan:20181028103844j:plain

 

来年の私は、ハロウィンパーティーやってるかも(笑)。

 

 

 

 

に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

3種のセージでコーナー作り&雑草対策

日曜の朝、ずっと考えていたことに着手しました。

 

果樹を植えている場所は、敷地外の法面と地続きです。

背が高く、強健な草がボウボウ生えるので、年に数回、市が草刈りをしてくれます。

敷地との境界に石の仕切り?らしきものがあるのですが、埋まってしまっていて、法面から草が侵食してくるのです。

 

2畳程度のスペースがあり、草刈も大変なので耕して花を植えたいと思っていました。

花がかわいくて、背丈が高めで、侵食してくる草にも負けない根の強いものを…と考え、セージに決めました。

 

今回選んだのは、次の3つです。

パイナップルセージ

〇コバルトセージ

〇カラドン

 

f:id:mikipan:20181022201953j:plain

 

コモンセージは一鉢育てているけれど、この3つは初めてです。

サルビアと言われれば、昔、母が真っ赤なサルビアを育てていたので、なじみはあります。

ただ、そのころはその1種類しか知りませんでした。

今では手に入る種類も豊富、鮮やかな赤とブルー、シックな紫が美しく、花の特徴もそれぞれで楽しそう。

 

耕す作業ですが、少し前にミニ耕運機で済ませていました。

やっと操作に慣れ、ものの10分で完了!

 

before(電柱の少し先が境界)

f:id:mikipan:20181022202050j:plain

 

after

f:id:mikipan:20181022202142j:plain

 

草の根を取り除き、堆肥を入れ、水はけ対策にバーミキュライトなども少し混ぜ込んでおきました。

 

昨日の作業は、植え付け&境界に石を置くこと。

石は、花壇を作った際に庭からゴロゴロ掘り出したものを使ってます。

気持ち程度ですが、草が侵入しにくいようにと。

 

増えることを見越して2株ずつしか植えませんでしたが、ちょっと寂しかったかな。

冬は根元まで切り戻すので寂しい感じが続きますが、冬越しできるよう、後で剪定枝チップ化腐葉土でマルチをしておこうと思います。

 

今、咲いているのはコバルトセージだけ、鮮やかなブルーの小花がそよそよ揺れて愛らしいです(奥に見えるのはパイナップルセージ)。

 

f:id:mikipan:20181022202402j:plain

 

花や香りを楽しめ、雑草対策にもなることを期待して見守ります♪

 

 

 

 

に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

秋冬野菜の種まきと、にんじんの収穫

やっと秋冬野菜の種をまきました~。
 
本当は9月のうちに種まきしたかったのですが、ここ数年は9月は台風でなかなかタイミングがあいません。
 
おまけに、忙しかった8~9月の余波が10月にまで及び、時間の余裕もありませんでした。
 
ちょこちょこ夏野菜の残滓を片付けたり、雑草を抜き、堆肥をたっぷりすき込んだのが10日前くらい前、そして本日やっと種まきです。
 
秋の澄んだ空気の中での畑仕事は楽しい、気持ちが晴れます。
 
本日植えたのは
◆大根
◆ほうれん草
山東白菜
◆小ねぎ
です。
 
あとは、プランターパクチーも植える予定です。
 
やっぱり春菊と小松菜もほしいかな。
 
じゃーん!って、苗じゃないから、見た目何も変化なし…。
 

f:id:mikipan:20181020220459j:plain

 
 
まだまだ収穫は先ですが、間引き菜も食べられるから、途中経過もおいしいのです。
 
若くてやわらかい大根葉は本当においしい、大好きです。
 
 
ちなみに、余った種はしっかり封をして、冷蔵庫で保管しています。
 
それでも有効期限を超えると発芽率は落ちるので、どうしたものかと思っていたら、こんな記事発見しました。
種をミックスして蒔き、若いうちに摘めばベビーリーフ!
余った青菜の種で、ぜひやってみようと思います。
 
というわけで、まだ畑は寂しく、今収穫できるのはにんじんくらい。
 
しかし、これも慌ただしさにかまけて間引きを忘れ、放置していたら、土の中で競り合い、絡み合って大変なことに!!
 
何ですかー、このにょろにょろは!
 

f:id:mikipan:20181020220607j:plain

 
 
見た目はこんなですが、味も香りも◎、葉っぱもおいしいのです!
 
でも、おすそ分けはしづらい…。
キャロットケーキに変身させなきゃ…。
 
やっぱり間引きやお手入れは大事です(汗)。
 
右はコンポストから芽吹いたかぼちゃ、今年は2個収穫できました♪
 
秋冬野菜は、おいしくいただきながらお手入れします。
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

台風の日の心配-クレマチスとサマーポインセチア

異例のコースをとった台風12号、我が家は川から近く、また古い家なので、台風と聞くといつもヒヤッとします。
 
昨年の台風ではずっと準備していたイベントを中止、川の増水で初めての避難を経験(幸い当日中に帰宅できた)、古い漆喰壁が剥がれる(修復済)など、いろいろありました。
 
今回は私が住む地域は暴風圏には入りませんでしたが、この頃はどこに住んでいようが、いつ何が起こっても不思議じゃない、他人ごとではないと思います。
 
 
台風の時はいつも、畑の作物、花壇や鉢植えの花も心配です。
 
今回特に心配したのは、最近つぼみが立て続けに開いているクレマチス、ソワレ。
 

f:id:mikipan:20180730232421j:plain

 
 
鉢植え群は玄関に取り込めばいいだけの話なのですが、仕事で不在の間に風が強くなったらどうしようとか、早めに避難させちゃったほうがいいんではとか、気をもんでいました。
 
ちゃんと自分で育てたのは初めてで、とっても華奢なので、ちょっと過保護ぎみでしたね。
 
 
台風でもう1つ心配なのが、サマーポインセチアのこと。
 
もともとは菜園の横に、家族が適当に2~3株植えたもので、何年かはおとなしくその付近だけで咲いていました。
 
毎年こぼれ種で夏の庭を明るくしてくれるかわいい子なのですが、昨年の台風で種の飛散距離がすごかったらしく、今年は範囲を拡大しています。
 

f:id:mikipan:20180730232645j:plain

 
敷地内に収まってくれれば問題なしですが、今年はお隣さんとの境界付近にもいっぱい芽を出したのでヒヤリ、残念ですが近隣に迷惑をかけそうなものは早々に抜きました。
 
大半が赤く色づいて種をつけているので、台風や強風のニュースを聞くと、風向きや風力が気になってドキッとします。
 

f:id:mikipan:20180730232725j:plain

 
 
同じくこぼれ種で毎年同じ場所に咲くケイトウの隙間からもどんどんサマーポインセチアが育ってます。
 
ケイトウはおとなしくこの区画のみに毎年収まってくれるのですが…。

f:id:mikipan:20180730232846j:plain

 
 
できればもうしばらく、強風を気にせずに愛らしいサマーポインセチアを楽しめますように…。
 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

いちじくの剪定とユウギリソウ

いちじくの実がついています。

f:id:mikipan:20180729234732j:plain

 
いちじくは「無花果」と書くので花がないかと思いきや、実の中のあの赤いツブツブが花なのですね。
 
うちのいちじくはよく見かける一本仕立てではなく、一本の根元から複数の枝が分かれたつ株立ち(というのでしょうか)風。
 
本当にこれでいいのか疑問だったのですが、私よりうちの庭木に詳しい近所の庭師匠に教えてもらい、収穫後は全ての枝を根元からバッサリ刈ります。
 
そうすると、春にはまた芽が出てぐんぐん伸び、ちゃんと実をつけてくれるから不思議です。
 
台風の影響で少しだけ暑さが和らいだ先日、やっと不要そうな枝を切り、根元に風が通るようにしました。
 
本やネット等で調べてもだいたい一本仕立てのものしかでてこないので、育て方も、剪定の時期も正解がわからないまま手探りでやってます(汗)。
 
 
そのいちじくの隙間から、ユウギリソウがこんにちは。

f:id:mikipan:20180729234825j:plain

 
何年か前に家族がもらってきて、空き地だったここに植えたものが、毎年花を咲かせます。
 
実は最近まで名前も知らなかったのですが、いちじくといっしょに刈られようが、増えすぎて引っこ抜かれようが毎年ちゃんと花を咲かせるので、うちでは尊敬を込めて「あの強い花」と呼ばれていました(笑)。
 
ですから、冷涼な気候では冬越しが難しいということも知って、驚きました。
 
毎年、放っておいてもちょっと殺風景な夏の果樹周りをにぎやかにしてくれる頼もしい存在です。

f:id:mikipan:20180729234910j:plain

 
今あるピンクもかわいくて気に入っていますが、紫も庭にお迎えしたくなりました。
 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

今年のなすは白なすで~虫対策と白なすピザ風

やっと、うちの菜園でオクラの花を見ることができました。

f:id:mikipan:20180721232437j:plain

 
オクラの花、大輪でかわいいのです♪
 
 
遅い種まき、温度管理の失敗で、今年はオクラは無理かもと思っていただけにうれしい♪
 
 
そして、白なすの実がぷっくりふくらんでいます。

f:id:mikipan:20180721232559j:plain

 
うちの近辺ではこれを白なすと呼んでいますが、ネットで調べると「翡翠なす」と呼ばれる緑のなすに近いような(地域差?)⁉
 
とりあえず、白なすと呼んでおきます。
 
順調だと思っていた白なすですが、先日、葉の様子がおかしいことに気づきました。
 
レースのように葉脈だけ残してスケスケになっています。

f:id:mikipan:20180721232648j:plain

 
よく見ると葉に白くて小さなイガイガした虫が!
 
とくに葉の裏側にたくさん(写真撮り忘れました)!
 
 
この虫はニジュウヤホシ、別名テントウムシダマシの幼虫で、放置すると葉を食い尽くし、光合成ができなくなって作物が枯れてしまいます。
 
ひどいときは、なすだけではなく、他のナス科植物も被害にあうようです。
 
慌てて見つけた分は取り除き、例の自作虫よけスプレーを葉の両面にたっぷり散布しました。
にんにく、酢、唐辛子の成分を虫が嫌ってくれるのです。
 
おかげで、だいぶ見かけなくなりましたし、食害も止まったようです。
 
よく見ると、普通のなすも、葉をだいぶやられています。
 
 
 
今年は紺色のなすが早々に一本枯れ、残りも成長がいまいちなので、白なすまで虫にやられてしまったら寂しいところでした。
 
今年は麻婆ナスも白なすで、まだ作っていないけれどラタトュユも焼き浸しも白なすで作ることになるでしょう。
 
 
今日のランチは、白ナスでピザ風。
 
縦に切ってレンジで2分加熱したなすにオリーブオイルとケチャップを塗り、ピーマンと先日作ったセミドライトマト、そしてチーズをのせます。
 
トースターがないので、アルミホイルを敷いた魚焼きグリルでこんがりするまで焼きます。

f:id:mikipan:20180721232855j:plain

 
まだなすが固めなのに焦げそうだったので、上からもアルミホイルをかけて蒸し焼きに。
 
白ナス特有のとろけるような食感でおいしい♪

f:id:mikipan:20180721232932j:plain

 
 
白なすは作っていない人も多いので、おすそ分けするとめずらしくて喜ばれます。
 
オクラとともに、たくさん実をつけてね~。
 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ