つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

ひたし豆と陶器のお重

年末の会合やおせちのことも考える時期になりました。
 
食材の在庫チェックをしていたところ、青大豆の賞味期限が切れていました。
 
「2017年10月28日」か…、乾燥豆だし、ま、いいか(←自己責任)。
 
なによりフードバンクの学習会に参加したばかり、身近なところから食べ物を無駄にしないようにしたいのです。
 
 
そして、おいしくいただくためにも、在庫チェックはこまめにしようと思います。
 
 
青大豆はひたし豆にしました。
 
一晩戻した青大豆を茹で、だし汁、白だし、塩、酢などを沸騰させた調味液に漬け込み、冷まします。
 
おいしい~、鮮度の良い豆ならもっとおいしかったはず。
 
 
和風の豆料理の時は、陶器の重箱を保存容器として使います。
 
保存容器は、少しずつプラスチック製品から琺瑯やガラス容器にシフトさせています。
 
すべて統一するのも素敵だし憧れるけれど、このお重も好きなんです。
 

f:id:mikipan:20171213231342j:plain

 
はっきりは覚えていませんが、贈答品としていただいたのでしょう。
 
2段しかありませんが、本当は3段です。
 
1段は何かの集まりの際に他の食器に紛れ、誰かが持って帰ってしまったようです(泣)。
 
和風の牡丹柄が素敵ですが、お正月、法事等に用途が限られそうなので、一旦は手放すことも考えました。
 
でもこのお重は特別な日にはもちろん、普段の保存容器としても優秀なので、今では第一線で活躍しています。
 
〇陶器なので、プラスチックとちがって匂い移りがしない、きれいに洗える
〇蓋があるのでラップ不要、ゴミが出ない
〇重ねられるので、冷蔵庫や食器棚のスペースをとらない
〇作り置きをそのまま食卓に出しても、きちんと見える
和柄が古い我が家になじむ(東西いろんなテイストが混在する感じが好き)
〇200gの乾燥豆を調理すると、きっちり1段に収まる
 
今回のひたし豆も、ぴったり収まりました!
 

f:id:mikipan:20171213231502j:plain

 
 
木の枠が“岡持”っぽいところも気に入っています。
 
このお重でゼリーを作り、歩いてすぐの親戚の家に出前のように届けたりもします(笑)
 
 
2段でも十分、年末年始にもたくさん活躍してもらう予定です。

DIYで古い家屋の寒さ対策2(腰痛からの復活編)

前回から続きます。
 
土曜日にカタバミの除草で腰痛に苦しんだ私ですが、日曜にはほとんど痛みも気にならなくなりました。
 
年齢的に、翌日が痛みが残るのかなと思っていたのですが一安心。
 
ホッ。
 
…いや、もしかすると、1日後とか2日後に来るのでしょうか…。
 
 
スケジュールがタイトな師走ですが、年末年始の厳しい冷え込みを前になんとかトイレの小窓に内窓を作ってしまいたいところです。
 
昨日は午後に約束があったので、午前中にできるところまでやってしまおうと、がんばりました。
 
 
とにかく木材をカット、額縁状の窓枠になるように、45度で切っていきます。
 

f:id:mikipan:20171211212841j:plain

 
本数が多いので、手が疲れます。
 
土曜の腰痛の名残か、手に力を入れると腰にも力が入って少々痛みます。
 
ここで痛恨のミス、焦っていたのか一本だけ切り込み方向を間違えてしまいました…。
 
本当なら2か所分内窓が作れるところを、木材を買い足さなければならない羽目になってしまいました。
 
 
優先順位をつけて、とりあえずトイレのこの小窓に内窓を作ることに。
 

f:id:mikipan:20171211212941j:plain

 
ミスはあったけれど、午前中に、この窓分の木材カット完了です!
 
 
 
外出から帰宅して、やすりがけも完了、休憩のおやつは自作の干し芋です。
 

f:id:mikipan:20171211213020j:plain

 
 
できれば日が高いうちに塗料を塗り終えたかったのですが、夕方になってしまいました。
 
一晩かけて乾かせば大丈夫だろうと、夕方から塗装を決行。
 
今回は、残っていたワトコオイルを塗りました。
 
いつ買ったのでしょう、最近はまとまった時間が取れずにDIYもご無沙汰だったので、このオイルも開封してだいぶたつのに、たっぷり残っています。
 
塗る作業は楽しくて大好きです。
 
多少、ムラがあっても気にせず塗ります。
 

f:id:mikipan:20171211213434j:plain

 
表と側面を塗り終え、本日の作業は終了です。
 
 
カタバミの除草で腰を痛めたおかげで3回シリーズになりそうですが、腰痛がなければ2回ですんだでしょう。
 
今週~来週はまたちょっぴりハードな日々、年内に完成なるか…。

DIYで古い家屋の寒さ対策(腰痛により延期)

本日も晴れ、寒いけれどDIY日和です。
 
家屋が古い我が家は、冬はとにかく寒いです。
 
少しでも断熱効果を上げるために、数年前からDIYで内窓を作り、二重窓にしています。
 
一気にリフォームできれば一番ですが、修復箇所が多くて予算もかかるので、小窓程度ならできる限りDIYで乗り切っています。
 
造りは適当ながら、断熱効果はかなり実感できます。
 
 
昨日、トイレの小窓に内窓をつけようと、ホームセンターで 材料を調達しました。
 
窓枠となる木材は昨年の余りがあるので、ガラスの代用にポリカーボネート板を購入しました。
 
しかしW910㎜×H1820㎜と大きい、おそるおそる「半分にカットしてもらえますか」と尋ねたところ「大丈夫ですよ!」とのこと。
 

f:id:mikipan:20171209213533j:plain

 
カットしてもらえるのは木材だけかと思っていたので、よかった~。
 
 
材料もそろった、さあ、がんばるぞと張り切っていたのですが…。
 
今朝、庭を見回っていると、ふと種をつけているカタバミを発見!
 
たくさんある!!!
 
カタバミはかわいいと思うのですが、なにせ増えます。
しかも、これから花や山野草を植えようと思っていたところにあるある…。
 
どうせ耕すのですが、今のうちに抜いておかないと、作業によって種が落ちたり、半端に残った根からまた増殖して面倒だと思い、急遽草取りを開始。
 
 
うわあ、こんなに小さいのにしっかり種がついている…。
 
根っこもなるべく残さないように丁寧に…。
 
…。
 
 
気づいたら3時間が過ぎ、夏以来のがっつり除草で、腰が悲鳴を上げています。
 
鋸を持つ手に力が入りそうにないので、午後は大人しくしていました。
 
ああ、せっかくのDIY日和だったのに…。
 
年内にはなんとかします。
 
 
 
腰痛はチーズケーキで癒しました(笑)
 

f:id:mikipan:20171209221644j:plain

 
 

冬のプチ森林浴

紅葉シーズンは逃してしまいましたが、久しぶりに森林の冷たく澄んだ空気を吸ってリフレッシュできました。
 
久しぶりの一泊出張の道中はずっとうねうねの山道、少し余裕をもって、寄り道しながら帰宅しました。
 
平地よりも何度か下がっていて、うちの周りではまだ降っていない雪の後もちらほら。
 
寒がりなのでばっちりコートを着込んでいても、暖かい車内から出ると一気に顔や手足が冷えます。

f:id:mikipan:20171207235737j:plain

 
寒がりのくせに、もこもこ厚着しての冬の野外は大好きです。
 
一番色づいていた時期は過ぎましたが、冬の木々の姿も美しいですね。

f:id:mikipan:20171207235510j:plain

 
木々の周りは落ち葉が積もってふかふかです。
 
うちの樫の木の剪定くず絨毯も、色味は少ないですが、こんなふうにふかふかになるといいなあ。

f:id:mikipan:20171207235542j:plain

 
庭にあるとお掃除が大変そうだと言われますが、落ち葉が積もった道も、ふと見える民家の庭もとてもすできです。
 
 
昨晩は、天ぷら屋さんで穴子天ぷら定食を頼むも、サイドメニューのあさりの酒蒸しに目を奪われ、ついつい一人晩酌状態に…(たいして飲めないし、翌日に響きそうなのでノンアルコールで)。
 

f:id:mikipan:20171207235626j:plain

 
大好きなあさり酒蒸しを独り占めできて、ホクホクです!
 
穴子もでっかくて、野菜もたくさん、ちょっと食べすぎで、帰ってすぐに寝てしまいました。
 
いっそ、最初から晩酌セット的メニューにすればよかったか…。
 
店内はがらーんとしていましたが、天ぷらも酒蒸しも、お味噌汁もとてもおいしかったです。
 
やさしそうな店主の鼻歌の演歌をBGMに、体も温まって、いつもよりよく眠れました。
 
忙しかったけれど、いろんな意味でたくさんリフレッシュできた2日間でした。

ポリゴナムの階段

冬は、庭の草花の中にも葉が紅く色づくものがあります。
 
ピンクのポンポン状の花が愛らしいポリゴナム(ヒメツルソバ)もその一つです。
 
古い我が家には石の階段が数か所かあるのですが、隙間の土の部分から草が生えます。
 
ここの部分は、人が良く通るところで目立つので、地味に草取りが大変です。
 
そこに、家族が植えたのか、それともこぼれ種で増えたのか、ポリゴナムがびっしりと広がっています。
 

f:id:mikipan:20171203230803j:plain

おかげで他の草が生えません。
 
よいグランドカバーになってくれて、助かっています。
 
ここはちょっと増えすぎで、夏は切り戻しをしないと蒸れるかなと思いましたが、きれいに刈り込む自信がなくて放っておいたら、こんなに茂ってしまいました。
 
匍匐した茎をつまみあげると、いとも簡単にびろーんととれるのですが、不器用な私が手を加えるとバランスが崩れて不自然になってしまいそうで…。
 
 
 
ポリゴナムの開花期は7~11月ごろまで、冬は地上部は枯れますが、根は生き残ります。
 
繁殖力も強く、すでに飛び石のように転地して、周辺に小さな芽が出ています。
 
 
こんな感じで。

f:id:mikipan:20171203230944j:plain

 
 
こんなところからも、こんにちは。

f:id:mikipan:20171203231042j:plain

 
 
7月か8月に、もう一箇所の石段の隙間も花壇に見立て、それらを1,2本植えておいたのですが、今はこんな感じになっています。
 
増えすぎよりも、このくらいがちょうどいいかも⁉
 

f:id:mikipan:20171203231154j:plain

 
まだ他の草が少し生えていますが、ポリゴナムがどんどん優勢になっています。
 
最初、ここには多肉植物セダムか、踏むとよい香りが広がるイブキジャコウソウを植えようかと迷ったのですが、地味な階段をちょっと明るくしようかなと思ってポリゴナムにしたのでした。
 
家族からは「増えるぞ~」と脅されていますが、あの手ごわいハマスゲを知ると、ポリゴナムなんてかわいいもんです。
枯れてしまうまでもう少し、冬の庭に彩を添えてもらおうと思います。

干し芋日和

朝晩の空気は冷たいけれど、良いお天気です。
 
昨日、ご近所さんから、さつまいもと大根をいただきました。
 
わ~~~い、こんなにたくさん♪

f:id:mikipan:20171202173406j:plain

 
さつまいもも大根も、植えたいと思いながら、今年はタイミングを逃してしまっていました。
 
大根は、こんなにあっても我が家ではぺろっと食べてしまいます。
 
おでん大根が好きなので、おでん出汁をつくって、大根と練り物他あるものをぽいぽいっとシャトルシェフ(保温調理鍋)に突っ込んでおきます。
 
大根が主役のおでん、がっつりメインでも、ちょっと副菜にも。
 
 
 
さつまいもは、長持ちするし、焼き芋におやつの素材にと大活躍ですが、お天気も良いから、本日は干し芋を作りました。
 
 
蒸し器にどんっと入れじっくり蒸します。
 

f:id:mikipan:20171202173644j:plain

 
 
蒸し上がったらお好みの厚さに切り分けます。
 
私はやわらかい半生タイプが好きなので、厚めに切りました。
 

f:id:mikipan:20171202173803j:plain

 
 
そして、干しかごに入れて外に出して3~4日、お天気によっては4~5日、様子を見てお好みの具合に乾燥したら完成です。
 
太陽のおかげで、甘みがぎゅぎゅっと凝縮されます。
 
夜露がつくとカビが生えてしまうので、夜は取り込みます。
 

f:id:mikipan:20171202173931j:plain

 
保存袋に入れて冷蔵庫で保存し、食べきれない場合は冷凍庫に入れておきます。
 
でも、このくらいだったら、取り合って、ペロリです。
 
おいしくできたら、さつまいもをくれたおばちゃんにも持っていこうと思います(お家で作ってるかな?)
 
 
この干し芋を、トースター(うちでは魚焼きグリル)で焼いて、表面をこんがり、香ばしくして食べるのが好きです。
 
緑茶はもちろんですが、コーヒーや紅茶にも合うんですよね~。
 
おいしいし、繊維たっぷりでヘルシーだし、お腹も満たされる、いいことづくめの干し芋です。
 
 
そして、このブルーの干しかご、色気はないけれど実直で、頼りになる相棒です。
 
お家でとれた野菜、たくさん買ったキノコなどを干しておくのに便利、よい仕事してくれます。
 
 
やっぱり、今年も切り干し大根を作りたいから、今からでも大根を植えようかなあ…。

捨てるもの/捨てたくないもの

今年も残すところあと一か月ちょっとですね。

 

体内時計がカレンダーと噛み合わず、パニックを起こしています(汗)。

 

年末に大掃除が大変にならないよう、今から少しずつ取り組んでいます。

 

最近は断捨離やシンプルライフを学んで、すっきりした生活を心がけてはいますが、それでも、私がなかなか捨てられないものの1つが洋服など布類です。

 

洋服の処分方法については、状態の良いものは買取サービスを利用したりもします。

 

状態がひどいものや、Tシャツなどはさっさと掃除に使って処分しています。

 

けれど、多少汚れや傷があっても素材がいいと、何かにリメイクできないかと考えてしまいます。

 

mikipan.hatenadiary.com

 

ソーイングが得意ならそれでもいいのですが、技術と時間が追いつかず、一時期は布類が山積みになってしまいました。

 

今では、即リメイクのアイデアが思い浮かばないものは処分することに決めています。

 

最近は着物について悩んでいます。

 

亡くなった祖母の着物ですが、そのまま着る機会もなく、状態もまちまちで、買取してもらうほどでもありません。

 

それに、捨てるのは簡単ですが、人が手をかけて作ったものは、できるだけ大事にしたいと思うのです。

 

今は、こちらの本を参考に、ウール地の着物でスカートを作っています。

 

 

着物を解き、洗い、アイロンをかけ、型紙を当てて裁断し、まち針でとめて縫う…、書き出してみると作業は結構あります。

 

不器用な私がスキマ時間で作業をしているので、人より時間はかかっていますが、やっと筒状になりました。

f:id:mikipan:20171129231230j:plain

 

あとはウエストと裾だけ。

 

多少の虫食いや汚れはありますし、高価なものではありませんが、ていねいに織られた模様を見ているとなんともいえない気持ちになります。

 

あと何枚かある着物と帯、時間がかかってもいいから、大事に使わせてもらおうと思います。

思い出の味、山芋鉄板

仕事で再会、新しい出会いがたくさんあり、緊張もしましたが充実した先週末でした。
 
おいしいものもたくさん食べたのですが…、話と食事に夢中で、写真を撮るのをいつも忘れてしまいます。
 
「うちでも作ってみたいけど、どんなだったかな」とか、「すてきな盛りつけ方だったなあ」と後になってから気づくのです…。
 
 
そんな反省をしつつ、本日は懐かしの味を再現しています。
 
学生時代を九州で過ごした私にとって、居酒屋で頼む定番メニューの1つが「山芋鉄板」でした。
 
すりおろした山芋をお好み焼き風に焼いたものですが、熱々、ふわふわ、とろとろがたまりません。
 
みんな大好き山芋鉄板、鰹節がおどっている熱々のうちにつついていただきます。
 
最近になって、山芋鉄板は全国区のメニューではなく、福岡の屋台や居酒屋の味だったことを知りました。
 
そういえば九州以外ではお目にかかったことがないような、いや、ほかに美味しいものがありすぎて、気づかなかっただけかもしれませんね。
 
本日は、いくつかのレシピを参考に、次の分量で作りました。
(2人前くらい)
・山芋 300gくらいをすりおろす
・白だし 大さじ1 (めんつゆでも)
・たまご 1個
・トッピング用のネギ、鰹節など
 
これをぐるぐる混ぜて、フライパンで焼きます。

f:id:mikipan:20171127211012j:plain

ふわっふわです。スキレットが欲しくなりました。
 
バターで焼く、あるいは仕上げに少し落とすと、香りとコクがでる感じがします。
 
お好み焼きソースでいただきましたが、出汁で食べても絶対おいしいと思います。
 
野菜や小麦粉抜きのお好み焼きのようなものなので、大き目に焼いてもぺろっと食べてしまいます。
 

f:id:mikipan:20171127211335j:plain

 
私はお酒はたくさん飲めない体質ですが、食べ物は酒のおつまみのようなものが大好きです。
 
こういう単品おつまみみたいなものもよく作りますが、夕食の献立としては成立しにくいので悩みます。
 
これだけではお腹がすくので、かき揚げをのっけたお蕎麦も食べました。
 
食べすぎ?
 
単品つまみ食いな夕食でした。

秋の庭仕事―ムスカリ他

秋晴れだけれど風が強かった本日、先日剪定してもらった樫の剪定くずが吹き飛んでいないか心配しましたが、枝を残したおかげで大丈夫でした。
 
大枝を取っ払ったら、いかにも剪定くずという感じが少し消えたような気が…しま…す…(あくまで主観)。
 

f:id:mikipan:20171123234635j:plain

 
樫の枝の間にまた太めの蔦が高いところまで絡まっていたので、踏台にのって取り除きました。
 
なんの蔦かは判明しませんでしたが、丈夫なので、また編んで、製作費0円のクリスマス・リースにしようと思います(製作中)。
 

f:id:mikipan:20171123234838j:plain

 
パクチーはだいぶ大きくなりました。
 
パクチーらしい葉っぱの形になりつつあります。
 
そろそろ間引いたほうがよいのかな。
 

f:id:mikipan:20171123234934j:plain

 
山東菜は、やはり植えるのが遅かったせいか発芽率悪し、次からはもっと早く植えようと反省しました。
 
気温が問題なら、プランターで室内で育ててみようかな。
 
 
そして、本日はムスカリを鉢に植えました。
 
ぴょこんと伸びた青紫の房状の花が愛らしいのですが、初めて植えるので地植えにするとどんな感じになるかイメージが描きづらかったので、まずは鉢に植えて様子を見ることにしました。
 
慣れていないと、鉢植えにしても株間の取り方や配置が難しいですね…。
 

f:id:mikipan:20171123235018j:plain

 
これから寒い冬がやってきますが、冬を越して春になったらかわいい花を咲かせてくれることを期待しています。
 
 
晩秋~冬は庭も寂しくなりますが、待つ楽しみ、春に向けていろいろ準備する楽しみもありますね。
 
まだまだ知らないことだらけ、勉強したり計画するのもまた楽しいものです。
 
 

 

樫の剪定くずで落ち葉の絨毯(実験)

今年の秋は台風や大雨の影響で、いろんな予定が後ろに後ろに流れてしまっています。
 
それが怒涛の嵐となって押し寄せる11月、しばしの小休止を挟んで年末まで駆け足です。
 
慌ただしいけれど、懐かしいあの人やこの人との再会、新しい出会いがたくさんあり、濃く、刺激的な日々です。
 
 
そんな中、いつの間にか庭仕事の師匠が、樫の垣根を剪定してくれました。
 
枝が飛び出していたところを、きれいに刈って整えてくれています。
 
なんとありがたいことでしょう!
 
さらにありがたいことに、師匠は剪定くずの処分まで買って出てくれましたが、そのまま置いたままにしてもらいました。
 

f:id:mikipan:20171121225506j:plain

 
樫の葉は腐葉土に適しているそうです。
 
樫は常緑樹ですが、春の終わりから夏にかけて葉を落とします。
 
長年それが積もって腐葉土化したためか、うちの樫の根元も土が肥えています。
 
そこで、大枝だけ取り払い、風に飛ばされないように小枝に葉をつけたまま、 樫の周りに敷いておくことにしました。
 
積み上げたり、穴に埋けこんで腐葉土にする方法もありますが、手間がかかりますし、落ち葉の絨毯で遮光され草が生えにくくなる効果も少し期待しています。
 
新築の家の庭だとゴミを放置しているように見えるでしょうが、古くて雑草やらこぼれ種の植物やらがあちこちに顔を出すうちの庭ならこれもアリかなと。
 
害虫の温床にならないかが心配ですが、師匠によれば「この程度の量なら問題なし」とのこと、問題がありそうなら穴を掘って埋め、雑然と見えるようなら堆肥枠に突っ込みます。
 
葉はまだ青々していますが、すぐに枯葉色の絨毯になるでしょう。
 
少し早起きして剪定ばさみで大枝を取り払う作業が、ほどよい気分転換になります。
 
落ち葉の絨毯を踏み分けるカサッ、カサッという音が、秋の野山にいるような錯覚で癒されます。
 
行楽に行く時間がないのは悲しいけれど…。
 
寒くなったので本日のメニューはクリームシチュー、かぼちゃとにんじんが溶け込んで、あったかい黄色のシチューになりました。
 

f:id:mikipan:20171121225726j:plain