つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

畑の小かぶとラディッシュで千枚漬け~混植した冬の畑の様子

今年の秋冬は、区画ごとに植えるのではなく、いくつかの作物を混植してみました。
 
作物の組み合わせもあまり考えず、適当に植え付けたのですが、とてもよく育っています。

f:id:mikipan:20191211222550j:plain

現在2人の我が家には、少量多品目の混植があっているみたいです。
 
 
壬生菜がこんなに大株になることも初めて知りました。
 

f:id:mikipan:20191211222656j:plain

鍋に入れても炒めても、シャキシャキ感がちゃんと残ります。
 
水菜と比べて少しピリッと辛みがあって、それも好み。
 
鶏団子が見えなくなるくらい春菊と壬生菜がどっさりなある日の鍋。
 

f:id:mikipan:20191211222730j:plain

 
 
最近、叔母作の立派なかぶで作った千枚漬けがすごくおいしかったので、我が家のかわいらしいサイズのかぶも千枚漬けにしました。

f:id:mikipan:20191211222814j:plain

形がいびつなのは、間引きを怠ったため、競り合って育ったからです(笑)
 小かぶ、気がつくと一気に収穫時を迎えていました、ラディッシュも。
今度からは、少しずつ時期をずらして植えて、収穫期を調整します(←と言っても、その時になると忘れる…)。
 
ラディッシュもいっしょに漬けたので、ほんのりピンクの千枚漬けになりました。
 

f:id:mikipan:20191211223726j:plain

とろりと柔らかくて、上品な味。
 
漬物といっても、塩分控えめで、サラダ感覚で食べられます。
 
がんばった日の晩酌にも。

f:id:mikipan:20191211223807j:plain

疲れた頭と体が喜ぶ味です♪ 右はひよこ豆スナック、クミン塩。
<材料>
〇かぶとラディッシュ 今回は合わせて400g弱でした。
〇塩 小さじ1弱
☆ 酢 50㏄
☆ 砂糖 大さじ3
☆ 昆布 10㎝くらいを細切りに
☆ 鷹の爪 1本を小口切りに(省いてもよし)
 
 <作り方>
1 かぶをスライスし、塩を振ってしばらくおき、軽く水気を切る。
※大き目のかぶはスライサーを使っても食べ応えあるけれど、小さいかぶはペラペラで存在感がなくなる感じがするので、包丁がよかったかも。
 
2 保存袋かビニール袋に☆を入れ、1を入れて軽くもみこむ。
酢の酸味が苦手な人は、☆を軽く加熱するとよさそう。
 
3 冷蔵庫でしばらくおく。
本当は半日から1日くらい置いたほうが良いのかもしれないけれど、かぶも昆布もすぐにとろ~んとなるので、数時間後から、漬かり具合の変化を楽しみながら食べてます(←単に待てなかっただけとも言う。)
 
葉っぱもβカロテンたっぷり、菜飯にしたり、作り置きの鶏団子に刻んで混ぜ込んだりします。
 
かぶ、もっと植えておけばよかったな…。
 
大根でもできますが、すでに大きくなりすぎているので…。
 
それに、大根はいつも植えすぎてしまうので、次は大根控えめ、かぶ多めで調整しよう~。
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

暮らしの古民具「石臼」×原種チューリップ~春のお楽しみを仕込む

師走。

f:id:mikipan:20191207204233j:plain

山茶花が咲いてます。
12月中に済ませたいことリストを作ったら、大変なことになりました。
 
あと3か月は12月が続いてほしいです(-_-;)
 
 
そんな週末、楽しそうなことから手をつける。
 
こちら、庭の隅に放置されていた石臼です。

f:id:mikipan:20191207204336j:plain

雨水がたまらぬよう、横に倒してありました。
なんと、その奥に小さいサイズがもう一つあります。
 
さらに、畑1号の縁石に紛れて、小さいサイズがもう一つ。

f:id:mikipan:20191207203418j:plain

石臼が計3つも…、昔の家庭ではこれで餅をついていたのですね…パワーが違います。
 
家族の話によると、以前、古物商か古民具好きな人が「1つ5000円で引き取ります」と言ってきたこともがあるそうで。
 
それが妥当な値段かどうかもわからず、なんとなく「これで蓮の水鉢を作りたいね~」なんて話していたので断ったらしい。
 
しかし、とにかく重くて持ち上げるなんてとても無理。
 
庭の隅の2つをなんとか起き上がらせました。

f:id:mikipan:20191207203509j:plain

 
今回、10月に種まきしたスカビオサをどの鉢に植えようか…、と考えていたときに、ふと「石臼に植えてみたら」と思い立ったのでした。
 
石だし、水抜け穴もあるから排水性もまあまあではないだろうか。
 
睡蓮鉢は今のところ諦めました。ただでさえ蚊の多い我が家、メダカを飼ったくらいでは対処しきれなさそうで。
 
 
とりあえず、小さいほうを横に倒し、ごろごろと石器時代のお金のように運びます(←あれって、漫画の中だけの話?)。
 
大きいほうは起こすのがやっと、用途と場所をしっかり決めて、若くて力が強い助っ人が来た時に動かします。
 
殺風景な玄関前に移動させ、鉢底石や土をいれます(入れて運ぶと横に倒して転がせないので)。
 
今回植え込んだのは、原種チューリップ「ブライトジェム」。
 
今年買ったチューリップの球根は、この「ブライトジェム」だけですが、またしても場所に迷って植えそびれていました。
 
うまく咲いてくれれば、かわいいと思うのですが、もう少し先のお楽しみ。
 
寂しいので、10月に種まきして、開花にはまだまだなビオラを周囲にぐるっと植えました。

f:id:mikipan:20191207203748j:plain

f:id:mikipan:20191207203810j:plain

ビオラも種まきが遅すぎたので、咲きそうになかったら、また考え直そう。
 
 
 
残り2つはどう使おう…。
 
大きいほうも玄関先で、寄せ植えコーナーにしようかなと今のところは考えています。
 
スカビオサを中心に、セダムや蔓系を合わせてみようかと構想中。
 
寄せ植えは…、はっきり言って自信もセンスもなし。
 
でも、目立つ玄関先で簡単には移動できないとくれば、いつも適当な私も真剣に取り組めるかもしれません。
 
 
ちなみに、ガーデンシクラメンの鉢の台座にしたのは、真っ二つに割れた挽き臼。

f:id:mikipan:20191207204056j:plain

なぜか、完全体もガレージの中にあります(笑)。
 
それもオブジェになるかしら⁈
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

タンスの引き出し→キャスター付き両面カウンターワゴン②完成&使い方

タンスの引き出しリメイク、続きます。
 
ベッドの引き出しでもこんなものも作りましたが、けっこう便利です♪
 
引き出しは「箱形の棚を作る」という面倒な工程を省けるので、欲しいサイズや置きたい場所に合えば、棚作りにぴったりの素材です。
 
 
□作業の続き
① 側面を連結金具で留める
側面の隙間は隠すのをやめ、棚同士をシンプソンの連結金具でつなぎました。底面は連結金具(頑丈なやつ)、天板と上棚はビス、上下の棚は木工用ボンドとビスで固定していますが、念のため補強。

f:id:mikipan:20191201224123j:plain

写真がブレてました…
金具の代わりにアイアンのタオルハンガーや取っ手を付けても便利でかわいい♪
 
 
②落下防止用の板を取り付ける
厚さ1㎝の細長い杉の野地板が余っていたので使用。
 
色も同系色で塗ってあったので、カットしてビスで留めただけ。ちょっとヒビが…板が薄くて柔らかい素材は慎重に。
 

f:id:mikipan:20191201224707j:plain

 
金属の落下防止バーにしたい場合は、ラブリコの伸縮する「アイアンロッド」が便利で素敵。ただし、棚4つ分だと材料費が跳ね上がる(汗)。

 金属バーは頑丈ですが、ガラス物を入れる場合、当たりが柔らかく割れる心配がないのは木材です。あとは好みで。

 
 
□完成と使い方
両面見せる収納にも、壁面につけて半分見せて半分隠す収納にもできます。
今のところ我が家では壁面につけていますが、今後、キッチンの整理が進んだら、両面カウンターワゴンとしても使いたい。

f:id:mikipan:20191201224906j:plain

①大型本のディスプレイラック
画集や絵本、写真集、装丁の美しい本、趣味本など、本棚だと背表紙しか見えない大型本を見せる収納に。
 

f:id:mikipan:20191201225016j:plain

本棚は自室に置いていますが、趣味本などはキッチンや居間のテーブルで読みたくて。園芸やDIY料理本もここにあると便利。
 
裏は使わない花器、調味料のストック、防災グッズなどの隠す収納に使ってます。
 
 
半サイズの引き出し2つで、両面マガジンラックも作成中。
 
私も家族も、いつも新聞をテーブルの上に置きっぱなしにしがち。
新聞、雑誌、共用ipad用のラック兼コーヒーテーブルにして、一人掛けソファの横に置く予定です。
 
②瓶ものを収納するワゴン
お酒は苦手…、でもおいしいお酒を少量楽しんだり、果実酒もチャレンジしたいと常々思っています。
 
直径12㎝の果実酒用の瓶、パスタポット、ワインの瓶などがいい感じに収まります♪
 

f:id:mikipan:20191201225603j:plain

 
これから作りたいものに、香附子(こうぶし)の薬膳酒があります。
 
畑のハマスゲ(香附子)との戦いは、このブログでもちょくちょく書いてきました。
「漢方として使えるらしい」という情報はあちこちで見かけるものの、具体的な方法はさっぱりわからず、ひたすら抜いては捨てる日々。
 
そんな時、「薬膳でセルフケア めざせ!仙人Life」 のぺんたんさんから、「干してリカーにつけると薬酒になる」とても具体的でありがたいコメントをいただきました。
 
さすが薬膳のプロだ~と感動、あれからハマスゲが愛らしく見えます♪
 
ぺんたんさん、いつもヘルシーで素敵なアイデアをありがとうございます!
 
こちらのカウンターワゴン、タンスの引き出しが余っていたら(余らない?) 薬膳酒用にいかがでしょう?
 
薬膳酒用ならキャスターはもう少し大きめで耐荷重のあるものがよいかもしれません。
 
 
 
私事ですが、もうすぐ200記事目になります。
年末年始のあわただしさに紛れて忘れないように、ご訪問くださる方々へ、一足早く感謝のメッセージを。
 

f:id:mikipan:20191201230152j:plain

 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

タンスの引き出し→キャスター付き両面カウンターワゴン(の予定)

久々のブログ更新となりました。
 
慌ただしくて、吸水させて冷蔵庫に入れていたラナンキュラスの球根のことを忘れていました(涙)。
 
カビとか生えなくてよかった~、今からでも植えてみます。
 
 
先週末は急な来客に雨模様だったけど、とりかかっていたタンスの引き出しリメイクを少し進めることができました。
 
先日解体した母の重くて使いづらいタンス↓。

f:id:mikipan:20191028230026j:plain

引き出しだけリメイク用にもらいましたが、さっさと形にしないと、部屋の中にタンスの引き出しだけ置いてあると、不自然で邪魔です(当たり前)。
 
 
引き出し2つを縦に重ねて2段棚にしてもよいのだけど、両面から棚を使えるように4つ組み合わせ、カウンターワゴンのように使いたいなと思っていました。
 
棚一段の高さが35㎝、奥行きが15㎝なので、大型本やお酒の瓶のディスプレイに向いています。
 
壁につけて使えば表の棚はディスプレイ、裏側に見せたくないものを隠せます(笑)。
 
 
とりあえず天板とキャスターを買ってきて、塗装と組み立て。
 
天板は、ほぼぴったりサイズのパイン集成材をセールでお安くゲットできました♪

f:id:mikipan:20191125215105j:plain

とりあえず引き出し4つと天板を合わせてみたの図
棚部分はなかなか減らないワトコオイルのダークウォルナット、天板も同じ色にしようかとも思いましたが、少し明るめにブライワックスのラスティックパインという色に。
 

f:id:mikipan:20191125215217j:plain

棚は連結金具等を使って固定、移動や掃除が楽なように、キャスターもつけました。
 
今回は引き出しと天板で重量もあるので頑丈な、そしてゴロゴロ動かないようにストッパー付きのキャスターにしました。

f:id:mikipan:20191125215252j:plain

 
色を塗ってだいぶ目立たなくなりましたが、引き出しにもともとあるでっぱりのため、側面の真ん中に隙間ができます。
 
最初は、この側面に薄い板を貼って隙間を目隠しするつもりでした。
 
でも、天板からはみ出ない厚みの軽い板を探してカットして貼る…考えただけで面倒になり、やめました(笑)。
 
側面も連結金具でざっくり留めて、隙間は気にしないことにしました。
 
残りの作業は
①連結金具で側面を留め、頑丈に。
②棚のものが落ちないよう、落下防止の工夫をする。
 

f:id:mikipan:20191125215400j:plain

途中経過だけど、玄関先に仮置きしてみたの図

 

背板は塗らないつもりだったけれど、塗料が滲んではみ出たり、ちょっと色味も浮いてる感じがするので、後でカッティングシートでも貼ろうかな。

 
サイズ的には玄関の奥行や、キッチンの空きスペースの幅にぴったり収まるので、どのように使うか検討中です(完成はまだなのに…)。
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

餅板の古材をテーブル天板に⁈④~なんちゃって4wayテーブル完成

ガレージで眠っていた、そのままでは使えず断捨離対象だったけれど、愛着があって捨てられなかった古民具「餅板」を普段の生活で使えるようリメイクしたい。
 
そんな気持ちで始めた自己流DIYプロジェクト、テーブル脚を作って天板を固定し、一応完結です。
 
 
2枚の同じサイズの板をつなげていた角材を外すと、4角のうち2つは丸く削られ、残り2つは直角。

f:id:mikipan:20191110204153j:plain

最初は丸のこで全部直角になるようカットしようかと思いましたが、ひびや割れの多い古材をきれいにカットするのは素人には難しそう…。
 
ということで、その形状を活かして同じテーブルを2つ作り、「ユニットテーブルもどき」にしました。
 
**出来上がりサイズ**
脚 :68㎝+天板の厚み2㎝程度。デスクや食卓にちょうどいい高さにしています。
天板:単体で使うと奥行41㎝×幅95㎝、組み合わせれば正方形に近い形になります。
************
 
使い方バリエーションは4つ!
  1. 単品で壁面につけて、パソコン作業などもできる簡易デスク。

    f:id:mikipan:20191110195856j:plain

  2. 2つ並べて壁面につけて長机、または長めのカウンターテーブルに。

    f:id:mikipan:20191110195920j:plain

  3. 角に置いてコーナー用デスクに。

    f:id:mikipan:20191110195941j:plain

  4. 2つ組み合わせて、お茶や食事もできる小さめダイニングテーブル、または小人数のミーティングテーブルに。

    f:id:mikipan:20191110200007j:plain

 

 

今は仕事&作業部屋の一角に置いて、お茶や読書、ブログの更新などを楽しむテーブルとして使っていますが、ゆくゆくは仕事や活動仲間との作業やミーティングにも使う予定。
 
それに、これからの生活を考えると、どっしり重たい家具から、軽めで動かしやすい家具、もっと言えば不要になったら解体して作り変えられるものにシフトしていきたい。
 
イメージは単体で使えば個人作業や少人数の打ち合わせに、組み合わせれば大きなミーティングに使える「ユニットテーブル」。
 
以前の職場にあったものは、ちょっと重かったけれど、折り畳めるので収納スペースも取らず「いいなあ」と思っていました。
※廃盤になったのか、ネットで探しても同じものは見つかりませんでした。
 
今回は「餅板復活」が最優先課題で、折り畳み式にする余裕も技術なかったのですが、「なんちゃって4wayテーブル」として結構便利に使えています。
 

f:id:mikipan:20191107222321j:plain

先日作った柿のパイと。
オスモカラー「ノーマルクリアー」で仕上げた天板は、カップの水滴もしっかりはじきます♪
 
穴や傷のある天板は書き物には不向きですが、そこは目をつぶって餅板の風合い重視。書き物をしたいなら下敷きを使えばよい(笑)。
 
 
餅板リメイクはいったん終了ですが、断捨離とリメイクを兼ねた超のんびりDIYプロジェクトはまだまだ続きます。
 
 
***誰の参考にもなりそうにない餅板記事一覧(笑)*** 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ