つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

庭に突如現れた穴とその対処

午前中いっぱいかけて、花壇にする場所からこれだけ大物(石)を掘り起こしました。

f:id:mikipan:20180217220352j:plain

 
土壌改良用の資材も購入しているのに、なかなか出番がやってきません(涙)。
 
そして行く手に待ち受けていたのは石だけではありませんでした。
 
地表の30cm下に、突如大きな穴が出現したのです。
 

f:id:mikipan:20180217220303j:plain

 
土を入れると、ズザザザザ~っと地中深くに落ちていきます。
 
おそるおそるメジャーをたらすと、40~50㎝の深さです。
 
どうやら石垣に使っていた間知石を埋めた後、その周辺の土が空洞化したようなのです。
 
ここだけ?地盤沈下の危険は?集中豪雨でどうなるの?
 
教えて師匠!
 
しかし庭の師匠はお留守、「庭」「地下」「空洞」のキーワードをネット検索しまくりました。
 
「突然庭に穴が」といったQ&Aがいくつか見つかりました。
 
Q&Aの内容からも、うちの状況から見ても空洞化は一部だけ、庭全体に広がるものではなさそうです。
 
対処法としてはそのまま埋め戻す、モルタルを流し込む等が紹介されていました。
 
土だけで大丈夫か不安だったので、庭から出土した割れ瓦と小石をまず入れ込み、隙間を土で埋めることに。
 
水はけもよくなるでしょうし、出土した大量の割れ瓦や小石を処分できて助かります。
 
郵便ポストに投函するように、割れ瓦をそっと落としていきます。
 
地味~な作業です(汗)。

f:id:mikipan:20180217220450j:plain

 
3か所の穴からバケツ10杯分くらいの割れ瓦と小石を充填し、そのあと土を流し込みました。
 
原理的には何もしないよりはマシ、状況は改善されたはずですが、あちこち掘り返したことで地盤が緩みやすくなっているかもしれません。
 
もう少し、大石除去&空洞の様子見が必要そうです。
 
 
花壇プロジェクトはなかなか前進しませんが、ポジティブに冬の間にこの作業を始めてよかったのだと思うことにしました。
 
この作業を春~夏の紫外線と暑さの中で行うなんて、考えただけでゾッとします。
 
きっと理想の花壇に一歩近づいた…はず!
 
 
くたくたの今夜の手抜きご飯。

f:id:mikipan:20180217220957j:plain

 
焼き魚にお総菜のタラの芽の天ぷら、ポタージュは作り置きを牛乳で伸ばしただけ。
 
タラの芽は…、やっぱり揚げたてを食べた~い!

開墾か?発掘か?ガーデニングまでの長い道のり

昨年、庭に細長い花壇を作りました。
 
もっと幅を広げたいけれど、大きな石がゴロゴロ埋まっていて、なんとか掘り起こせたのが塀沿いに植えている木の周辺だけでした。
 
この辺りは建物を壊した跡らしく、今は更地です。
 
菜園や花壇に活用したいけれど、踏み固められた土は固くしまり、石、茶碗やガラスの破片、割れた瓦などがゴロゴロでてきます。
 
昨年花壇を作る際にも掘り返して土壌改良材や堆肥を混ぜ込みましたが、深く耕せていなかったせいか、土の質も水はけもいまいちでした。
 
しかも冬は日陰になるので、日当たりの良いところまで花壇を拡張しようと思っています。
 
ミニ耕耘機を使おうにも、地表のすぐ下の大きな石にぶつかると故障しそうなので、とりあえず大物だけでも取り除くべく、連休中に人力で作業を始めたのですが、、、。
 
 
耕作というよりは、もはや開墾!そして発掘!
 
 
2時間程度で大きな石5つ、瓦、各種破片、割れていない瓶2本が出土。

f:id:mikipan:20180213235254j:plain

 

f:id:mikipan:20180213235332j:plain

 

f:id:mikipan:20180213235527j:plain

 
大物と私の足(24㎝)を比較してみました。

f:id:mikipan:20180213235132j:plain

 
大きな石は、まだ行く手にいくつか埋まっています。
 
このまま突き進むか、それとも引き返すのか。
 
 
ご近所に住む庭の師匠が寄ってくれたので、この先どうしたものかと相談しました。
 
こういう地道な作業は嫌いではない、むしろ好きですが、ガーデニングにたどり着く前の作業でアップアップしている時間があまりに長いので、時折「私はいったい何をやっているんだ」と思うこともあります。
 
けれど、その先に進みたい、そのためには人手や機材を借りるにしても、まず自分でこの作業をやってみるしかなかったのだとも思います。
 
 
師匠はやさしく「ある程度大石を取り除けたから、ミニ耕耘機も使えるよ」と。
 
週末にでも、使い方を教えてもらってチャレンジしてみようと思います。
 
ああ、早く「開墾」から一歩先に進みたいです。
 
明日はバレンタイン♪

冬のスキンケアも自家製ドクダミ化粧水で

昨年初めて作ったドクダミ化粧水、匂いが苦手な人も多いですが、私は個人的にとても気に入っています。
 
ドクダミ化粧水はシミに効果があると聞いて期待していました。
 
f:id:mikipan:20180210005625j:plain
 
 
シミは消えませんが、使い続けるうちに薄く目立たなくなった気がします(効果や感じ方には個人差があります)。
 
昨年の菜園での日焼けも、すっかり落ち着きました。
 
 
 
夏も冬も、スキンケアはこのドクダミ化粧水とワセリンのみです。
 
冬はグリセリンを足さないと保湿効果が弱いだろうと思っていたけれど、ワセリンの量を季節に応じて調節するだけで問題ありませんでした。
 
 
 
スキンケアは年中シンプルでも、冬場は少しだけ気を使っていることがあります。
 
それは、必ず手を温めてからメイク落としとスキンケアをすることです。
 
冷え性で冬は氷のような私の手では、スキンケアの際につい手に力が入り、皮膚への刺激が強くなります。
 
これが乾燥肌の一因と知り、以来、冬場は特に気をつけています。
 
ここ数年、冬場は特に目元の乾燥や血色の悪さが気になっていましたが、ここ2年ほど温めるスキンケアを実行するようになってからは改善されました。
 
化粧水も温かい手で、保湿したいところを包み込むように、やさしく時間をかけてプッシュすれば、潤い方が全然違います。
 
自家製のサラサラ化粧水でも、ミストスプレーでまんべんなく顔に吹きつけてからこの方法でプッシュすれば、とろみがなくてもつけやすいです。
 
 
 
ドクダミの葉は漬けてから3か月後ぐらいに取り出すとありましたが、私は漬けっ放しにし、時々取り出して洗濯ネットに入れ、入浴剤代わりに使っています。
 

f:id:mikipan:20180210005751j:plain

 
 
ドクダミは毎年庭や畑に勝手に茂ってくれるので、今年も作ります♪
 
ただ、畑に茂ると困るので、寒さに弱いらしいハマスゲの根塊とともにドクダミの根も掘り起こしています。
 
この作業が最近の毎朝の日課です。
 
雪がめったに積もらないこの地域でも朝の冷気は辛いですが、数分もすると体がぽかぽかして気持ちよく一日を始められます。

古い板と2×4材で作るフラワースタンド2

フラワースタンドの続きです。
 
本日はインパクトドライバーで組み立てていきます。
 
屋外で使用するので、ステンレス製のサビに強いネジを使いました。
 
下穴をあけて、しっかり留めていきます。
 

f:id:mikipan:20180205000846j:plain

 
とりあえず、土台となる脚部分の組み立て完了です。

f:id:mikipan:20180205000350j:plain

 
組み立てるときに気づいたのですが、ホームセンターでカットしてもらった2×4の長さが数ミリずれており、低いほうが少々ガタつきます。
 
機械とはいえ、多少の誤差は仕方ないのでしょうね。
 
許容範囲ではありますが、後で気になる場合は少し削って微調整しようと思います。
 
 
あとは座面にする古い板を土台に固定するのですが、座面は先に塗ってからのほうがよさそうです。
 
というわけで、今日は固定しませんが、古い板をのせてみました。
 

f:id:mikipan:20180205000522j:plain

 
いいかんじです♪
 
ベンチとして座っても大丈夫そうでしたが、実際にベンチ使用するときはもう少し補強します。
 
このまま室内でディスプレイ棚に使ってもよさそうです。
 
 
近くにあったシクラメンを置いてみました。
 

f:id:mikipan:20180205000634j:plain

 
 
あとは座面の固定と塗装です。
 
塗装で古く見せるエイジング加工が人気ですが、加工せずともナチュラルに古いです(笑)。
 
軒下で使用する予定ですが、風雨にさらされ、水やりで水もかかるので、ウッドデッキなどに使われる水性保護塗料を塗る予定です。
 
色は「ウォルナット」を購入しましたが、このままのナチュラルな色味もいいなと心が揺れています。
 
反対に、チャコールブラックのような色も気になっています。
 
うちの軒下はヤモリかトカゲの糞もよく落ちているので、汚れても目立たないのは濃い色ですが。
 
自然塗料の「桐油」も屋内の廊下や家具の塗装兼お手入れに購入して余っていますが、今回は屋外利用なので耐久面でちょっと不安が残ります。
 
うーん…、悩みます。
 
いくつか試し塗りしてから決めます。
 
とにかく、今日はある程度形ができてうれしい~、達成感を感じてます。

古い板と2×4材で作るフラワースタンド

古い端材を2本ひっぱりだしました。
 
傷跡や虫食いらしきものもありますが、中まで浸食されてはいないので、表面をきれいにすれば十分使えそうです。
 

f:id:mikipan:20180203231454j:plain

 
端材といっても、幅22㎝、厚み3.9cm、長さ120㎝、けっこう重い立派な板です。
 
解体された昔の農機具小屋か蔵に使われていたのか、それとも解体する際の足場板だったのかもしれません。
 
最初はこれで簡単なガーデンベンチを作ろうと考えたのですが、座面にするには幅が狭く、2枚つなげると今度は広すぎ・重すぎに。
 
当初の計画はくじけましたが、こういう古いものに弱い私は、何かに活用したいと保管していました。
 
 
ふと、フラワースタンドの棚板にはちょうどよさそうだと思いつき、2×4材で土台を作ってこの古い板を乗せることにしました。
 
よく見かける2段~3段の連結タイプは、私には難しそうで、持ち運びも大変そうなので、高さの違うベンチ状のものを2つ作り、並べて使おうと考えています。
 
 
土台の材料は2×4材のみ、ホームセンターでカットしてもらいました。
 

f:id:mikipan:20180203231650j:plain

 
 
完成イメージを作るために、積み木みたいに形を作ってみました。
 
おおまかですが、こんな感じで大小2つ作って並べます。
 
今は入っていませんが、両端の脚部分を補強材でつなげ、L字金具でも固定します。
 

f:id:mikipan:20180203231851j:plain

 
…と、組み立ててみながら思ったのですが、意外と頑丈で安定感がありそうなので、フラワースタンド兼ベンチとしてもいけるかも?
 
乗せる鉢が少ない時は、低いほうをフラワースタンド、高いほうを座るベンチとして別々に使うのもアリかもしれません。
 
DIYで当初の予定通りにいかないのはいつものこと、それも楽し。
 
シンプルで多用途に使えるように作っておこうと思います。
 
今日は低いほうの土台の両脚部分をボンドで仮止めして終了、乾いたらサビに強いビスで固定します。

f:id:mikipan:20180203232110j:plain

 
イメージと材料が揃えば後は作業だけ、時間を見つけて少しずつ組み立てます。

ロングドライブのお供にも―簡単豆腐マフィン

田舎は車社会。
 
不定期ですが所用や仕事で往復3~4時間は車を運転することもしばしばで、その時間を快適で有効に使いたいと思っています。
 
運転時間含めて半日から1日がかりなこともよくあります。
 
そんな時に困ることの1つが食事・休憩問題です。
 
目的地や道中にお気に入りのお店や、行ってみたいレストランがあればよいのですが、寄り道できる時間がなかったり、コンビニとファミレスしか見つからない場合もあります。
 
コンビニで散財は金銭的にも健康面でも、できれば避けたい…。
 
出先でお弁当を開くスペースと時間がありそうなら、お弁当を作ることもあります。
 
今活用しているお弁当グッズ、車なら多少かさばっても平気なので、保冷バックにまとめて入れて助手席に。
 

f:id:mikipan:20180203000300j:plain

 
が、お弁当を開く場所を探そうにも、不案内な場所では見つからないことも。
 
そんな時はお箸やフォークを使うお弁当よりも、腹持ちがよく、運転中でもつまめるものが便利です。
 
日帰り出張の朝や前日は時間もないので、さっと作れることが前提です。
 
代表格はいうまでもなくおにぎりです。
 
甘いものが欲しい時はお豆腐ドーナツをよく作りますが、ちょっと配合の割合を変えたマフィンのレシピも最近見つけて試しています。
 
こちらを参考にさせていただきました。
ホットケーキミックスと豆腐を同量混ぜるだけというのが、慌ただしい日はありがたいです。
 
ホットケーキミックスは小麦粉やベーキングパウダーなどを自分で配合した作り置きがあるので、基本はお豆腐を混ぜるだけ。
 
今回はさらに手抜きしてパウンド型に流し、玉ねぎやベーコン、チーズをトッピングしたおかずパウンドに。
 

f:id:mikipan:20180202235908j:plain

 
もっちりしていて、冷めても固くならないので、ドライブのお供にもぴったりです。
 
以前はおからでパウンドケーキを作っていましたが、最近は簡単お豆腐マフィンの出番が多いです。
 
時短&節約、そしてヘルシーで、助かっています。
 
節約したお金で、時間があるときにご当地グルメを思う存分楽しみます♪

今日のごはん―スンドゥブチゲ「風」

久世福商店の韓国万能だれをいただいたので、商品サイトのレシピを参考に、スンドゥブ・チゲを作ることに。
 

f:id:mikipan:20180131231515j:plain

 
レシピでは牡蠣とあさり、寄せ豆腐がメインでしたが、どれもなかったので、豚肉、豆腐、ありもの野菜(もやし、キャベツ、えのき)で。
 
元のレシピとはもはや別物です(汗)。
 

f:id:mikipan:20180131232021j:plain

 
ところで、私は長いこと、スンドゥブ・チゲのことを「キムチを使わない辛い鍋」 程度に思っていました。
 
外食でも韓国旅行の際も、違いを意識していなかったような(いい加減)。
 
 
学生時代、韓国の留学生友だちが、実家の自家製キムチでキムチ・チゲをよく作ってくれました。
 
「酸っぱくなったキムチを使うんだよ」と教えてもらいました。
 
私にはちょっと辛かったけれど、辛ウマで、ご飯がすすむ味でした。
 
 
最近知ったのですが、スンドゥブって純豆腐、日本のおぼろ豆腐みたいなもののことだったのですね。
 
ということは、スンドゥブ・チゲは、純豆腐のお鍋のこと。
 
ですから、今日のお鍋はスーパーのお豆腐で作ったスンドゥブ・チゲ「風」ということに。
 
うちの場合、スープが韓国風でも、具にキムチも豆腐も入っていないことはしょっちゅうです。
 
そういうものは、韓国唐辛子やコチュジャンを使ったスープだったとしても、スンドゥブ・チゲ「風」でもキムチ鍋でもなかったわけだ…。
 
今頃気づいたのは私くらいか…。
 
 
気を取り直して、本日のスンドゥブ・チゲ「風」も、おいしくいただきました。
 
韓国万能だれのスープはさらりとして美味しかったけれど、コクが欲しかったので、味噌を少し足しました。
 
コチュジャンがあれば、そっちのほうがいいですね。
 
 
コチュジャンと言えば…。
 
これもその友達に作ってもらったのですが、スープ漬けのツナとコチュジャンの混ぜご飯、韓国のりを巻いていただきます。
 
これは「お父さんが不在の日の手抜きメシ」らしく、彼女たちも勉強やアルバイトで忙しい時によく食べるそうですが、おいしくて、当時私もはまってしまいました。
 
今でも時々、ナムル丼(コチュジャン添え )を作るときに思い出します。
 
今でも旦那さんが不在の日に、子どもと作って食べてるのかな。
 
 
懐かしい記憶が飛び交った今日の夕飯でした。

クッキーを作ってエネルギー充電

たまに、簡単なおやつを作ります。
 
あまり時間をかけずに作りたいので、夕飯を作っている合間にちゃっちゃっと作れる簡単レシピで、ご飯を食べている間か、洗い物をしている間ににオーブンに入れておきます。
 
卵やバターを使うとおいしいですが、道具がべたべたして片付けが大変なので、ぱぱっと作りたいときはどちらも使わず、粉、油分、甘味料のみでシンプルに作ります。
 

f:id:mikipan:20180128234931j:plain

 
 
先週はエネルギーをかなり消耗しました。
 
言わずに済ませてきたことも言わなければならず、緊張しました。
 
結果は、言うことで私自身もすっきりしましたし、目標に向かって軌道修正できたと思うので、満足しています。
 
爽快な気持ちですが、どっぷり疲労感も残り、甘いものが欲しくなったのです。
 

f:id:mikipan:20180128235111j:plain

 
 
自分でおやつを作ってみてわかるようになったのですが、市販のクッキーは甘くて食感も軽すぎ、つい食べすぎます。
 
イライラしているときに市販のクッキーやチョコレートに手を出すと、ろくなことになりません(経験あり)。
 
 
自作クッキーの良いところは、サクッとしているけれど市販のものよりは食べごたえ、噛みごたえがあり、適度な量で満足できます。
 
甘味料や油分、フレイバーも自分で調整できるのもよいところ。
 
作る時間も含めて、気分転換にちょうど良いのです。
 
それに、アイスボックスクッキーは、多めに作って冷凍しておけば、好きな時に食べる量だけ焼けるのもうれしいです。
 
急なお客さんの時にもお茶を入れながら焼けるので、時間があるときには作り置きます。
 

f:id:mikipan:20180128235142j:plain

 形はちょっといびつですが…(汗)。
 
寒さの厳しい週末は、甘すぎずほろ苦いココア味と、プレーンのアイスボックスクッキーを作って、ゆっくり充電できました。
 
 

ベストをリメイク―不器用が作る簡単ハンドウォーマー

昨年春、へたった自作ハンドウォーマーを処分して以来、ハンドウォーマーなしで過ごしてきました。
 
しかし、この寒波で手先が冷たすぎて、キーボードを打つ作業が億劫に。
 
そして、リメイク候補のベストのことを思い出しました。
 
 
 
素材はウール100%、「ベスト」というよりは「チョッキ」っぽいところや端の赤いラインが好きで、3~4年くらいは着ていました。

f:id:mikipan:20180125222932j:plain

 
けれど、洗濯で次第に縮み、着るとピチピチに(泣)。
 
 
ニット類をリメイクする時は、わざと洗濯で縮ませフェルト化させますが、もともと圧縮ウールのような切りっぱなしでもOKな素材だったのでそのまま使いました。
 
手に合わせてざっくり裁断し、指穴の位置を決めて、印をつけます。
 

f:id:mikipan:20180125223050j:plain

 
そして親指の穴部分を残して直線縫い。
 
親指穴の周りも刺繍糸でステッチしようと思いましたが、集中力も切れたのでやめました(笑)。
 
簡単すぎハンドウォーマーの完成です!
 
簡単すぎ、なのですが。。。
 
 
 
ブログタイトル通り私は不器用、とりわけミシンに対する苦手意識が強く、直線縫いでも縫い目を落としたり、下糸掛けに手間取るのです。
 
本日は、下糸をボビンに巻く時に、糸がボビンではなくミシンの糸通し棒に巻きつき、やり直し(汗)。
 

f:id:mikipan:20180125224320j:plain

 
このようなブログでも見てくださる「自分は不器用だから手作りに向かない」と思っている同士の心のハードルを下げるために、失態もどんどん晒します。
 
学生時代の技術家庭科は、限られた時間内に、順番待ちのミシンで糸かけから片付けまでせねばならず、あくせくした感じが苦手でした。
 
今は「不器用で何が悪い」と開き直り、マイペースでやっているので、多少の面倒も想定内で楽しめます。
 
 
お気に入りをリメイクしたハンドウォーマーは、形を変え、またお気に入りとして活躍してくれそうです。
 
指部分がすっぽり隠れますが、もう少し浅くてもよかったかな(汗)、まあ温かいのでOKということに。
 

f:id:mikipan:20180125223627j:plain

 
 
 
縮んだベストからは小物1種類のみでしたが、セーターなら複数作れます。
 
3年位前に一枚のセーターから作った家用の靴下とニット帽。
厚めのセーターだったので、丈夫で、まだまだ使えます。
 

f:id:mikipan:20180125223843j:plain

 
こちらはレッグウォーマーが先にへたりましたが、同じセーターから作ったニット帽は現役です。
 

f:id:mikipan:20180125223930j:plain

 
寒波も楽しく乗り切ります!
 

冬の庭で―春に向けて思案中

しばらく暖かい日が続きましたが、また寒さが厳しくなりました。
 
冬は、日照時間も短いので、庭や畑の作業時間がなかなか取れません。
 
けれど、春から夏を楽しみに、また、春夏の除草作業を少しでも楽にするために、冬も除草作業を地道に続けています。
 
基本的には草とも共存できる、大らかで頑張りすぎない庭にしたいので、あまり気にしないでいようと思っていますが、ハマスゲとカタバミだけは増えすぎると他の作物や草花に影響を及ぼすので、見つけ次第除草しています。
 
小さくても花や種をつけて、しっかり根を張っている庭のカタバミ、時間を見つけては根っこから引き抜いて、2~3日でこんなにたくさん取りました。

f:id:mikipan:20180122235329j:plain

 
それでも、根っこを取り切れていないところからまた増殖しそうですが、今、この作業をやっておくことで、春夏の作業がかなり楽になるでしょう。
 
小さいものもていねいに抜きます。
 
他の草や剪定くずはコンポストに入れますが、カタバミは種が生き残るとやっかいなので、ゴミの日に出します。
 

f:id:mikipan:20180122235415j:plain

冬のコンポストはなかなか温度が上がらず…。
 
 
今、除草をしている箇所は、広めの空きスペースで、夏は日あたりが強く、冬はかろうじて少し日が当たる場所です。
 
できれば、あまり背丈が大きくなりすぎない木や草花を植えたいと思っているのですが、何年もの間放置されていたので土が固く、掘り返して土壌改良から始めなければなりません。
 
うまくいくかわからないけれど、まず、増えそうな草だけは引っこ抜いて、準備を始めています。
 
年末年始のお休みの間、庭のレイアウトや植物の本を読んだり、イメージ画を描いてみたりしていましたが、庭の条件や予算を考えると、なかなか難しいものです。
 
焦らず、私のできる範囲で、でも失敗も恐れずチャレンジしながら、少しずつ取り組もうと思います。
 
ちょっと前のものですが、家の前の、ふくらみかけた梅のつぼみ。

f:id:mikipan:20180122235604j:plain

草も木も、寒風の中でもちゃんと成長して春に向かっているのですね!