つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

台風の日の心配-クレマチスとサマーポインセチア

異例のコースをとった台風12号、我が家は川から近く、また古い家なので、台風と聞くといつもヒヤッとします。
 
昨年の台風ではずっと準備していたイベントを中止、川の増水で初めての避難を経験(幸い当日中に帰宅できた)、古い漆喰壁が剥がれる(修復済)など、いろいろありました。
 
今回は私が住む地域は暴風圏には入りませんでしたが、この頃はどこに住んでいようが、いつ何が起こっても不思議じゃない、他人ごとではないと思います。
 
 
台風の時はいつも、畑の作物、花壇や鉢植えの花も心配です。
 
今回特に心配したのは、最近つぼみが立て続けに開いているクレマチス、ソワレ。
 

f:id:mikipan:20180730232421j:plain

 
 
鉢植え群は玄関に取り込めばいいだけの話なのですが、仕事で不在の間に風が強くなったらどうしようとか、早めに避難させちゃったほうがいいんではとか、気をもんでいました。
 
ちゃんと自分で育てたのは初めてで、とっても華奢なので、ちょっと過保護ぎみでしたね。
 
 
台風でもう1つ心配なのが、サマーポインセチアのこと。
 
もともとは菜園の横に、家族が適当に2~3株植えたもので、何年かはおとなしくその付近だけで咲いていました。
 
毎年こぼれ種で夏の庭を明るくしてくれるかわいい子なのですが、昨年の台風で種の飛散距離がすごかったらしく、今年は範囲を拡大しています。
 

f:id:mikipan:20180730232645j:plain

 
敷地内に収まってくれれば問題なしですが、今年はお隣さんとの境界付近にもいっぱい芽を出したのでヒヤリ、残念ですが近隣に迷惑をかけそうなものは早々に抜きました。
 
大半が赤く色づいて種をつけているので、台風や強風のニュースを聞くと、風向きや風力が気になってドキッとします。
 

f:id:mikipan:20180730232725j:plain

 
 
同じくこぼれ種で毎年同じ場所に咲くケイトウの隙間からもどんどんサマーポインセチアが育ってます。
 
ケイトウはおとなしくこの区画のみに毎年収まってくれるのですが…。

f:id:mikipan:20180730232846j:plain

 
 
できればもうしばらく、強風を気にせずに愛らしいサマーポインセチアを楽しめますように…。
 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

いちじくの剪定とユウギリソウ

いちじくの実がついています。

f:id:mikipan:20180729234732j:plain

 
いちじくは「無花果」と書くので花がないかと思いきや、実の中のあの赤いツブツブが花なのですね。
 
うちのいちじくはよく見かける一本仕立てではなく、一本の根元から複数の枝が分かれたつ株立ち(というのでしょうか)風。
 
本当にこれでいいのか疑問だったのですが、私よりうちの庭木に詳しい近所の庭師匠に教えてもらい、収穫後は全ての枝を根元からバッサリ刈ります。
 
そうすると、春にはまた芽が出てぐんぐん伸び、ちゃんと実をつけてくれるから不思議です。
 
台風の影響で少しだけ暑さが和らいだ先日、やっと不要そうな枝を切り、根元に風が通るようにしました。
 
本やネット等で調べてもだいたい一本仕立てのものしかでてこないので、育て方も、剪定の時期も正解がわからないまま手探りでやってます(汗)。
 
 
そのいちじくの隙間から、ユウギリソウがこんにちは。

f:id:mikipan:20180729234825j:plain

 
何年か前に家族がもらってきて、空き地だったここに植えたものが、毎年花を咲かせます。
 
実は最近まで名前も知らなかったのですが、いちじくといっしょに刈られようが、増えすぎて引っこ抜かれようが毎年ちゃんと花を咲かせるので、うちでは尊敬を込めて「あの強い花」と呼ばれていました(笑)。
 
ですから、冷涼な気候では冬越しが難しいということも知って、驚きました。
 
毎年、放っておいてもちょっと殺風景な夏の果樹周りをにぎやかにしてくれる頼もしい存在です。

f:id:mikipan:20180729234910j:plain

 
今あるピンクもかわいくて気に入っていますが、紫も庭にお迎えしたくなりました。
 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

今年のなすは白なすで~虫対策と白なすピザ風

やっと、うちの菜園でオクラの花を見ることができました。

f:id:mikipan:20180721232437j:plain

 
オクラの花、大輪でかわいいのです♪
 
 
遅い種まき、温度管理の失敗で、今年はオクラは無理かもと思っていただけにうれしい♪
 
 
そして、白なすの実がぷっくりふくらんでいます。

f:id:mikipan:20180721232559j:plain

 
うちの近辺ではこれを白なすと呼んでいますが、ネットで調べると「翡翠なす」と呼ばれる緑のなすに近いような(地域差?)⁉
 
とりあえず、白なすと呼んでおきます。
 
順調だと思っていた白なすですが、先日、葉の様子がおかしいことに気づきました。
 
レースのように葉脈だけ残してスケスケになっています。

f:id:mikipan:20180721232648j:plain

 
よく見ると葉に白くて小さなイガイガした虫が!
 
とくに葉の裏側にたくさん(写真撮り忘れました)!
 
 
この虫はニジュウヤホシ、別名テントウムシダマシの幼虫で、放置すると葉を食い尽くし、光合成ができなくなって作物が枯れてしまいます。
 
ひどいときは、なすだけではなく、他のナス科植物も被害にあうようです。
 
慌てて見つけた分は取り除き、例の自作虫よけスプレーを葉の両面にたっぷり散布しました。
にんにく、酢、唐辛子の成分を虫が嫌ってくれるのです。
 
おかげで、だいぶ見かけなくなりましたし、食害も止まったようです。
 
よく見ると、普通のなすも、葉をだいぶやられています。
 
 
 
今年は紺色のなすが早々に一本枯れ、残りも成長がいまいちなので、白なすまで虫にやられてしまったら寂しいところでした。
 
今年は麻婆ナスも白なすで、まだ作っていないけれどラタトュユも焼き浸しも白なすで作ることになるでしょう。
 
 
今日のランチは、白ナスでピザ風。
 
縦に切ってレンジで2分加熱したなすにオリーブオイルとケチャップを塗り、ピーマンと先日作ったセミドライトマト、そしてチーズをのせます。
 
トースターがないので、アルミホイルを敷いた魚焼きグリルでこんがりするまで焼きます。

f:id:mikipan:20180721232855j:plain

 
まだなすが固めなのに焦げそうだったので、上からもアルミホイルをかけて蒸し焼きに。
 
白ナス特有のとろけるような食感でおいしい♪

f:id:mikipan:20180721232932j:plain

 
 
白なすは作っていない人も多いので、おすそ分けするとめずらしくて喜ばれます。
 
オクラとともに、たくさん実をつけてね~。
 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

暑さを味方に~天日干しでセミドライトマト

連日の猛暑。
 
食べごろをむかえたミニトマトを、セミドライトマトにしてみました。

f:id:mikipan:20180715232244j:plain

 
 
セミドライトマトの作り方は、天日干しかオーブンで低温で焼くかのどちらか、またはその2つを組み合わせるやり方があるようです。
 
「夏の日照りもいいものだ」という楽しい気持ちを味わいたかったから、そして、暑すぎる台所でオーブンを使いたくないから、天日干しに決定。
 
トマトは水分が多いので、干してもカビが生えやすいから注意が必要です。
 
カビ防止と保存性を高めるために4日はしっかり干したいから、週間天気予報のチェックは必須、連日晴天であることを確認してから干します。
 
 
ミニトマトを半分に切り、キッチンペーパーの上に並べて15分ほど置き、余計な水分をとっておきます。カビが気になる人は水分の多い種周りをとってしまうのも手ですが、種を残すなら手間を惜しまず、少しでも水分を除いておくことが大事です。

f:id:mikipan:20180715232431j:plain

 
②切断面を上にして、軽く塩をふります。
 
③ざるに並べて干します。虫や鳥に食べられないように、干しかごを使いました。
(注)ただし、人間のつまみ食い防止には効果はありません。
 
 
1日干した状態を撮影し忘れた(汗)ので、2日目から。
 
 

f:id:mikipan:20180715232531j:plain

2日目。だんだん乾いていきますが、種周りはまだジューシー。

 

f:id:mikipan:20180715232624j:plain

3日目。かさが減ったのは縮んだだけではなく、つまみ食いのせいである。うまみが凝縮しておいしい!

 

f:id:mikipan:20180715232801j:plain

4日目。まだ半生でやわらかいけれど、かなり水分は抜けました。 カラカラにするなら、1週間ぐらい干すか、オーブンを併用するとよさそうです。

 

 
このままで保存するとカビが心配なので、オリーブオイルに漬け込みました。
 
冷凍保存という手もありますが、冷凍するまでもなく、すぐに食べ切るでしょう。
 
 
 

f:id:mikipan:20180715232953j:plain

オイルのみと、オレガノベイリーフ、にんにく入りに分けてみました。

 

4日間日照り続きだったので、ほったらかしでできました。
 
夏以外、天候が変わりやすい時期は、低温のオーブンで焼いたほうがカビや失敗がなさそうです。
 
 
暑さは苦手でいいことばかりではないけれど、少しでも季節を味方につけた生活ができるようになりたいといつも思います。
 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

ラディッシュの収穫と、菜園の虫よけ対策

 

ちょっと小さいですが、ラディッシュを収穫しました。

f:id:mikipan:20180711220831j:plain

 
どうやって食べようかな~。
 
先週だったか、ラディッシュの様子を見ていたら、葉の合間に黒いものが。
 
アオムシのような姿かたちとサイズ、でも黒い虫が葉を食べている!
 
 
画像は乗せませんが、正体は黒い虫はカブラハバチの幼虫でした。
 
アブラナ科の葉が好きなようです。
 
家庭菜園に虫はつきもの、でも全部食べられちゃこっちも困るのよ!
 
 
こんな時に使うのは、5月に仕込んだ家庭菜園用の虫よけスプレーです。
 
こちらを参考に、米酢、にんにく、唐辛子で半量を作りました。
・米酢 250ml (できれば純米酢がよいようです)
・唐辛子 5本
・ニンニク 1~2片(ちょっと多めに入れた)
 
 
唐辛子は、昨年育てて干しておいたものですが、最後まで赤く色づかなかったものを使いました。

f:id:mikipan:20180711220601j:plain

唐辛子は赤いほうが効果があるのでしょうか?

 

漬け込み期間は30日~60日、使い方はスプレーボトルに作った虫よけの液少量と水を入れ、よく振って葉に吹きかけます。
 
 
今回使ったスプレーボトルは、以前はお掃除用にクエン酸水を入れていたものです。
 
使いづらくなったので、使用頻度の低い菜園用にしました。
 
どう使いづらいかというと…、霧吹きなのにミスト状に出なくなり、放水車か消火器のような直線的で水圧の強い噴射になってしまいます。
 
 
ラディッシュの葉にぶしゃーっと吹きかけて一週間、あれからカブラハバチの幼虫はみかけません。
 
虫よけの効果というよりは、水圧で幼虫を吹っ飛ばしたのかもしれません(汗)。
 
白なすについていたカメムシ(苦手)にも効いたようです。
 
まだかわいらしいオクラの葉にも、葉を痛めない程度に吹きかけてアブラムシ対策。

f:id:mikipan:20180711221022j:plain

 
うどん粉病が気になり始めたきゅうりの葉にも使っています。
 
 
安全で、虫が嫌がる成分のこのスプレー、作っておいてよかった~。
 
効果はマイルドだろうと思いますが、除草剤も使ってない小さなうちの畑には、このくらいがちょうどよい、私も安心して使えます。
 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

夏の疲れに~ほんのりピンクの青じそジュース

コンポストボックスの周りには、こぼれ種のかぼちゃと青じそが元気に成長中です。
 
7月に入り、青じそがかなり茂ってきたのですが、連日の雨でちょっと見ない隙に、コンポストボックスが埋もれてしまいました…。

f:id:mikipan:20180708101500j:plain

 
このままでは攪拌や野菜くずの投入も難しくなりそうなので、剪定もかねて青じそジュースを作ることに。
 
コンポストボックス周りは土が肥えているから、葉は手のひらより大きいものも。
 
薬味や料理に使うには固そうなものもでてきましたが、しそジュースなら煮出すので、多少固くても虫食いがあっても大丈夫です。
 
 
しそジュースと言えば赤紫蘇、いつもご近所さんや友達からおすそ分けでいただいていました。
 
うちの青じそで作れないかな~と思うようになり、数年前からこちらを参考に作るようになりました。
 
 
青しそでは色がいまいちだろうなあなんて思っていたのですが、とってもきれいな色でさっぱり仕上がるとわかってからは、もっぱら青じそで。
 
まず、しそを枝ごと剪定、虫食いや汚れた葉を除き、きれいな葉を摘みます。
 
たいていうちでは、レシピに対してしそ多め、今回も3~4割増(汗)。
 
よい香り、作っている時からいい気分♪
 
 
ここからは経過と色の変化です。
 
① まず1Lの水を沸かして葉を入れ、10~15分ほど煮だした状態。

f:id:mikipan:20180708101821j:plain

 
② ①に砂糖500gと酢大さじ1を入れ、15分ほど煮た状態。ほんのり色づいた?

f:id:mikipan:20180708101848j:plain

 
③ 火を止めてクエン酸大さじ1を入れた状態。きれいなピンクに♪

f:id:mikipan:20180708101912j:plain

 
 
 
粗熱をとって瓶に詰めます。こちらのほうが色がきれいにわかります。

f:id:mikipan:20180708101943j:plain

 
濃縮タイプなので、水、炭酸水で4~5倍に薄めていただきます。

f:id:mikipan:20180708102028j:plain

 
甘すぎず、口当たりもさっぱり、おいしいです。
 
砂糖はお好みで増減できると思いますが、保存性を考えると500gくらいは入れたほうがいいでしょう。
 
夏バテ防止に欠かせない青じそジュース、すぐになくなるので夏は何度も作ります(笑)。
 
今朝はミルク割で~。

f:id:mikipan:20180708102134j:plain

色はわかりづらいですが、ほんの~りピンクです

 

ミルクで割ると、クエン酸や酢と反応してトロリとした甘めの飲むヨーグルトっぽくなります。
 
ラッシーよりは濃いですが、暑い日に食べるから~いカレーにもぴったりです♪
 
 
ヨーグルトと同じで多少分離はするので、くいっと。
 
 
疲れはため込まずに、夏を乗り切りたいものです。
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

なすがメインの夏野菜のサンドイッチ

きゅうりに続いて、ミニトマト、なす、ピーマンが食べごろです。

f:id:mikipan:20180704232704j:plain

 
なすが取れる季節になると食べたくなるのが、こんがり焼いたなすをたっぷり挟んだサンドイッチです。
 
うろ覚えですが、ベジタリアンレシピで見かけたものを思い出しながら、自分なりにあるものでアレンジして作っています。
 
チーズがとろけるなすのホットサンドもおいしいですが、こちらはベジタリアンメニューだったので、チーズもベーコンもなし、使っていたのは確か豆乳マヨネーズでした。
 
それがとてもおいしくて、以来、時々作っています。
 
本日は…
 
・ガーリックオイルでこんがり焼いて、ハーブソルトで味付けしたなすのスライス(小ぶりななす1本使用)

f:id:mikipan:20180704233059j:plain

 
その上に
・スライスしたミニトマト(どっさり)
・自家製きゅうりピクルス(刻んで)
・マヨネーズ
・バジル
をトーストしたパン(ぼーっとして、ちょっと焦がした)に挟んでいます。
 

f:id:mikipan:20180704233140j:plain

 
 
完成、完食!

f:id:mikipan:20180704233314j:plain

 
 
野菜だけでもかなりボリュームがあります。
 
お出かけするなら控えめにしたほうがいいけれど、ガーリックとハーブソルトで味もかなり食べ応えがあり、やみつきになります♪
 
野菜だけでは物足りない人はベーコンやチーズ入りで♪
 
でも、しつこいようですが、チーズなしでもなすがとろ~り熱々でおいしいです!
 
 
残念なことに、2本植えたなすのうち1本が枯れてしまいました(涙)。
 
もう1本も、あと3本植えた白なすの勢いに押されています。
 
白なすは初めて植えたのですが、こんなに大きくなるとは思ってもみませんでした。
 
ちょっと株間が窮屈だったかもしれません、要改善。
 
白なすのほうは順調に実をつけているので、これからは白なすでもこのサンドイッチを作ってみようと思います♪
 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

再現できるか!?バティックのラップスカート3~裁断&微調整

簡単なはずなのに、6月後半は慌ただしすぎて、手が付けられなかったラップスカート。
もう7月?早く作らなきゃ(汗)。
 
 
裁断に入ります。
 
このラップスカートの型はとても合理的で、1枚のバティックをきっちり使い切るように作られています。
 
見立てでは、着丈73㎝のスカートとほぼ同じサイズができるはず、縫い代が足りなそうなので、4~5㎝くらい短くなると見込んでました。
 
 
まずはウエストベルト(幅5㎝なので、縫い代込みで12㎝くらい)を長辺から確保、足りない分は身頃をとったあとの残り布からとって足します。

f:id:mikipan:20180701223354j:plain

 
 
しかし、見立てが甘かったのか、身頃丈が少し足りず、スカート丈が63㎝くらいになりそう。
 
うーん、できれば65㎝以上欲しい。
 
 
そこで、当初はお土産スカートから直接型を取る予定でしたが、723Balanceさん方式に切り替えました。
 
三角に畳んで、ウエストと裾部分を弧を描くように切り取ります。
 
短いほうを①、長いほうを②とします。

f:id:mikipan:20180701223637j:plain

 
①はウエストサイズの半分の長さになるように。
 
②-縫い代+ウエストベルト幅がスカート丈です。
 
 
723Balanceさんのスカートは、ウエストをぎゅっと縛るリボンではなく、送り金具を使うので、①はきっちり自分のウエストサイズに合わせたほうがよさそうです。
 
お土産スカートは、ウエストリボンを穴に通してぎゅっと縛るので、それがアジャスターの役割を果たし、幅広いウエストサイズの人に対応できるようになっています。
 
私もかなりお土産スカートでは余裕を感じるので、①を思い切って30㎝以下にしてみます。(もちろん、私のウエストは50㎝台ではありません!)
 
29㎝からスタートしましたが、微調整のためにカットした布を巻いてみると、これで十分!
 
これなら着丈も70㎝前後にできそうです。
 

f:id:mikipan:20180701222851j:plain

 
不器用ぶりを発揮し、悩んで微調整をし、ようやく完成イメージが見えてきました。
(写真はボケてしまいましたが(汗))
 
カットしたパーツを並べてみます。

f:id:mikipan:20180701223052j:plain

 
あとは縫うだけですが、今日は朝からがっつり草刈りをしてへとへと。
 
明日も早いので、今日はドクダミ風呂でさっぱりして寝ます!
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

バジルティーときゅうりウォーター

夏にさっぱりデトックスウォーター。
 
冷たい飲み物は控えめにしてきたのですが、蒸し暑い梅雨を乗り切るため、そして増えるバジルときゅうりを大胆に使いたくて作りはじめました。
 
バジルティーは体を温め、きゅうりウォーターは熱を逃がすので、交互に作っています。
 
 
トマトの株間に植えたバジルは、コンパニオンプランツ効果か、トマトをしのぐ勢いです。
 

f:id:mikipan:20180629223903j:plain

 
花が咲いて種ができそうなので、剪定がてら摘みとります。
 
こちらはまず熱々のお湯を注いでホットでフレッシュ・バジル・ティーを楽しんでから、残りを冷蔵庫で冷やし、1日を目安に飲み切ってます。
 
よく洗ったバジルの葉をポットに入れ、お湯を注いで5分くらい?置いて完成です。

f:id:mikipan:20180629224031j:plain

 
体を温める他、便秘解消やリラックス効果も。
 
甘みのある緑茶みたいな爽やかなおいしさです♪
 
 
そして、今朝も5本も収穫したきゅうり、おすそ分けや保存がおいつかないので、さっぱりきゅうりウォーターに♪
 
きゅうりと、ミントと、レモン汁を少々、そこに水を注いでしばらく置きます。

f:id:mikipan:20180629224116j:plain

 
きゅうり、入れすぎじゃない?
 
いえ、大きくなりすぎているから、控えめに入れたつもりでもこうなるのです。
 
きゅうりウォーターはカリウムの効果で利尿作用があり、老廃物と熱を外に出し、足のむくみにも効果があるとな。
 
冷えるから、飲みすぎには注意して、こちらも1日を目安に飲み切ります。
 
さっぱりして、ミントとレモンがふんわり香っておいしい♪
 
 
干しきゅうりも地味に続いています。
 
こちらは干したきゅうりとミニトマトのペペロンチーノ。

f:id:mikipan:20180629224227j:plain

 
干したきゅうりのうまみと食感に、にんにく&唐辛子が合います!
 
 
こちらは干しきゅうりのから揚げ、これもけっこうイケます!

f:id:mikipan:20180629224303j:plain

 
にんにくと生姜のすりおろしと醤油で下味をつけておいたものに片栗粉をまぶしてあげ焼きしました。
 
クミンやカレー粉、七味や山椒など、スパイシーな味も合いそう♪
 
 
贅沢にきゅうりやバジルをドバっと使えるのも夏だからこそ。
 
鈴なりなのになかなか色づかないミニトマト、次はこれが一気に収穫となりそうです。

f:id:mikipan:20180629224404j:plain

 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

きゅうりの保存と活用~干しきゅうりと豚肉の生姜焼き風炒め

他の夏野菜はぼちぼちですが、きゅうりどんどん食べごろを迎えています。

f:id:mikipan:20180624203016j:plain

 
今日の収穫はお隣にあげましたが、それでも毎日食べ切れません。
 
 
酢の物にしたり。
 
塩もみして水気を絞ったものを冷凍しておくと、酢の物やポテトサラダ、サンドイッチにすぐに使えて便利です。

f:id:mikipan:20180624203112j:plain

 
 
ピクルスも漬けています。

f:id:mikipan:20180624203135j:plain

 
 
もちろんサラダでも食べていますし、浅漬けも作ります。
 
でも、生のまま、あるいは冷たい料理では、体が冷えそうで。
 
それに、サラダや漬物系ばかりでは飽きてしまいそうです。
 
 
最近は、火を通したきゅうりのレシピもよくみかけます。
 
一度作ったことがあるのですが、水っぽさと食感があまり好みではありませんでした。
 
水っぽさの問題が解消できれば、たまねぎやにんじん、なすのように火を通して主菜に活用できるのになあ…。
 
 
そこで、今回は初めて、きゅうりを干してみることにしました。
 
干し野菜はよく作るほうですが、干しきゅうりを作る人っているのかなと検索したら、けっこういらっしゃるし、レシピもあります。
 
梅雨の晴れ間に、2本のきゅうりをななめ輪切りにして、半日ほど干しました。

f:id:mikipan:20180624203217j:plain

 
おひさまパワーで水分が抜けていい感じ♪
 
これなら、炒め物に使っても水っぽくならないし、生と違って食べ応えもありそう。
 
 
 
本日は、干したきゅうりと豚肉を、生姜焼きの味付けで炒め合わせてみました。

f:id:mikipan:20180624203249j:plain

 
きゅうりは水分が適度に抜けていますが、念のため、ごま油で両面を軽く焼きつけています。
 
食感はぱりぱり、水分が抜けて生っぽさも青臭さもありませんし、食べごたえもあります。
 
 
生姜焼のたれがよく絡んでおいしい♪
 
これなら、いろんな炒め物の具のメイン食材として活躍できます。
 
エビやイカと炒め合わせてもおいしそう~。
 
ペペロンチーノに入れてるレシピも発見、にんにくと唐辛子が合いそう~。
 
 
残った半干しきゅうりは、冷蔵庫で保存し、早めに使い切ります。
 
冷凍も多分大丈夫かな。
 
保存期間も伸ばせ、料理のバリエーションも広がるから、これからは積極的にきゅうりを干します!
 
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ