つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

終わりゆく夏の庭を楽しむ

先日、雑草押さえにアジュガを植えましたが、雑草が気になる場所に少しずつ、いろんなグランドカバー植物を植えています。
 
日向向き、日陰向き、いろいろな種類があるので、調べていて楽しいですね。
 
こちらは5月に植えたヒメイワダレソウ、梅雨明け頃からランナーを伸ばし始めました。

f:id:mikipan:20170821235847j:plain

一つのポット苗からこれだけ広がりました。
 
隙間の雑草が目立つとヒメイワダレソウまで雑草っぽく見えますね…、気づいたときに引っこ抜くようにしています。
 
最初はもっと背丈が低くて葉が茂るものがよいかなと思いましたが、ピンクの小粒の花もなかなかかわいいです。
 
この先には砂利が敷いてあり車が通りますが、このヒメイワダレソウは砂利の上でもおかまいなしに広がっていく驚異の繁殖力らしいです。
 
どの程度強いかを試すつもりで堆肥や肥料もほとんど与えていないのに、草を押さえ込んで根を張っているので、かなり強い植物だと実感しました。
 
後から知ったダイカンドラという背丈の低い丸葉の植物にすればよかったかなと悩みましたが、こちらは庭木の周りや菜園の周りに植えてみようと思います。
 
他にも、隅っこで草取りが面倒なところにはヤブランを、花壇や植え込みの一角にイブキジャコウソウやマンネングサを植えました。
 
ヤブランは存在感もあって、かわいい紫の花をつけてくれるので重宝しています。
 

f:id:mikipan:20170822000001j:plain

 
植えたわけではないのですが、石垣の隙間から生えているのはサマーポインセチアで、これとケイトウがこぼれ種で庭のあちこちに広がっています。
 
サマーポインセチアが群生している姿はとてもかわいいですが、これ以上増えると困るので、ちょくちょく抜いて調整しています。
 
夏はいろんな植物で庭が華やかになるので、暑くても、雑草対策が大変でも、庭で過ごす時間が大好きです。

古い茶箪笥のリメイク準備

古い家具をリメイクして使うのが好きです。
 
実家には使わなくなってしまい込んだいろいろな家具があります。
 
使わない本棚や文机、何かの箱、椅子などをもらい、よく拭き上げてオイルステインなどを塗ると、木目がきれいに出て、いい味がでます。
 
そういう家具がしっくり合うようなインテリアが好きです。
 
本職の家具屋さんのようにうまく修理できないので、さびついた蝶番が取れずに残ったりしますが、自宅用なのでまあいいかと、おおらかに使っています。
 
木も、作られて何十年も経った物とは思えないほど丈夫です。
 
昨年、倉庫の隅っこで埃をかぶっていた茶箪笥を発見、塗り直して使おうと思い、とりあえず晴れた日に拭き掃除までしています。
 
しかし、よく古道具屋で見かけるような立派なものに比べて木材が薄く、痛みがひどい箇所や虫食いがあり、私にできるのかなとちょっと怯みました。
 
黒い鉄製の取っ手も錆び錆び、何か鉛筆で走り書きのような跡もあります。
 
また、こういう和風の家具には和風のオイルのほうが合うのではないかと、いろいろ悩み、桐油を購入して床や小さめの椅子などに使って様子を見ています。
 
錆の上にぬってよいものかわかりませんが、アイアン塗料とプライマー(下塗り用塗料)も買ってみました。
 
虫食い穴埋め用のパテ、刷毛なども準備OK、仕事が落ち着いて、暑さが和らいだらリメイクを再開しようと計画中です。
 
今回はちょっと作りも複雑な茶箪笥、うまくいくかちょっと不安ですが…眠っているままではもったいない愛らしさがあるので、がんばってチャレンジしようと思います。

春はお好み、夏はピザ

太るとわかっていても、粉ものが好きです。
 
旬の野菜を使いたいので、それと相性のよい粉ものメニューをよく作ります。
 
夏は断然ピザ、トマトにピーマン、なすやパプリカをたっぷり使います。
 
おもてなしにもぴったりですが、今日は暑かったからビールが飲みたい、そんなときにもよく作ります。
 
ピザといえば、生地を醗酵させたり、ピザソースを作ったりと大変なイメージがありますよね。
 
ズボラな私のことですから、当然、醗酵なしでOKなピザ生地のレシピを活用しています。
 
お野菜はもちろん、私のかわいいベジタブル・ガーデン(畑)から直行です。
 
準備10~15分、焼き時間15~20分で完成です。
 
焼いている間に洗濯物を片付けたり、お風呂の準備をしたりと、スキマ時間も有効活用できます。
 
最近作ったピザです。
 
〇夏野菜/大葉としらす

f:id:mikipan:20170816234611j:plain


半分はトマトソースにベーコン、ミニトマト、ピーマンをたっぷりと、もう半分はオリーブオイルを薄く敷いた上にしらすとたっぷりの大葉です。

ピザ生地は厚めのふわふわにしました。

同じようなトッピングでトーストも作りますが、どちらも大好きなので飽きません。
 
 
〇夏野菜/大葉としらす ワンタンの皮バージョン

f:id:mikipan:20170816234715j:plain


厚めのふわふわ生地もおいしいですが、クリスピーも食べたくなって…。

具は同じでもワンタンの皮で作ったので思い切りパリパリです。
 
 
〇夏野菜2

f:id:mikipan:20170816234803j:plain


パプリカも加え、バジルものっけていい香りです!
 
焼きたてが最高、ごちそうさまでした。
 

春は旬のキャベツをたっぷり使った粉もの-お好み焼きをよく食べます。
 
一人の時はほぼキャベツだけのお好み焼きになることもありますが…、旬のキャベツが主役だからそれでいいのです!
 
キャベツたっぷり餃子も大好きですが、それは本場の餃子名人からごちそうになることが多いです。
 

この夏、大葉で作ったもの

こぼれ種から芽が出た庭の大葉、今年はそれを寄せ集めて植え替え、大葉の森にしました。
 
薬味に使うだけでは消費しきれず、大葉の森がもっさもさになってしまいます。
 
そこで、大葉を大量に使っていろいろ作ってみました。
 
〇串に刺さない豚しそ巻き
居酒屋の豚しそ巻きが大好きですが、ズボラなのでわざわざ巻いて串に刺さず、ちぎった大葉と豚肉を塩と胡椒でざっくり炒めました。
 
見た目は雑でも味は間違いなく豚しそ巻き、大葉多めが好きです。

〇大葉のジェノベーゼ
今年はバジルを数本しか植えていないので、同じシソ科の日本のハーブ、大葉をたっぷり使いました。
 
これはいけます!
 
茹でたパスタに混ぜるだけ、ざく切りトマトと和えれば簡単サラダ、バゲットに塗って焼いてもおいしいです。
 
松の実がなかったのでくるみを入れ、大葉は大小あわせて90~100枚くらいは使ったでしょうか。
 
材料をガーッとフードプロセッサーで混ぜるだけなのに、大活躍のジェノベソースが完成です。
 
〇甘さスッキリ、青ジソジュース
いつもお裾分けしてもらうシソジュース、今年は自分で二度作りました。
 
赤ジソの色が濃くて甘~いのもいいですが、ごくごく飲めるよう、自分好みの甘さ控えめにアレンジしました。
 
材料は大葉100枚、そして砂糖とクエン酸だけです。
 
できあがりはほんのりピンクでとてもキレイです。

f:id:mikipan:20170814220743j:plain

大葉の香りとクエン酸が夏の疲れを癒やしてくれます。
 
家族にも、甘い物が苦手なDIYの師匠にも好評でした。
 

こうして自分の作った物を並べてみると、改めて簡単にできる物しか作っていない…、不器用なことがバレバレですね。
 
これからも私にもできる簡単レシピを追求します。

グランドカバーにアジュガを植えています

この夏は気のせいか、とくに雑草の生長が異様に早い気がします。
 
梅雨明けに草ボーボーになってしまった庭に耐えかねて、ついに充電式の草刈り機を買いました。
 
最初はおもちゃみたいで心配しましたが、パワーも十分で、今のところいい仕事してくれています。
 
おかげでボーボーの状態から脱することができました。
 
しかし、気を抜くとすぐにこんな状態になってしまいます…。
 

f:id:mikipan:20170812225347j:plain

 
仕事も家事も忙しいし、やりたいこと、つくりたいものはたくさんあるのに、時間ができたらいつも草取りをしています(涙)。
 
この除草に追われる状態をなんとか改善したい、むしろ先手を打って素敵なガーデンを作りたいと試行錯誤中です。
 
試みの1つとして、グランドカバー植物をあちこちに植えることにしました。
 
グラントカバー植物は、裸地に植えるとランナーを伸ばして絨毯のように一面に広がり、雑草を生えにくくする効果のある植物です。
 
下の写真はアジュガという植物で、さきほどの草地を除草し、堆肥と肥料を土に混ぜ込んでから植えました。
 

f:id:mikipan:20170812225519j:plain

 
間隔を置いて3株植えましたが、これが広がり、花壇の地表を覆いつくして行く予定です。
 
葉の色もかわいいですが、春にしゅっと伸びた青紫のかわいらしい花を咲かせます。
 
花壇一面アジュガに覆われた風景を見られるまで、草取りをがんばります。
 
アジュガや他のグラントカバー植物の生長と雑草押さえの効果については、また書いていこうと思います。

コンポストボックスから生えてきた芽の顛末

家庭の生ゴミは少しでも減らしたい、刈っても刈っても生えてくる草を処理したい、それらをできれば家庭菜園に役立てたいと思い、コンポストボックスを庭に置いています。
 
よくある釣鐘型を使っていますが、虫が発生することも、悪臭に困ることもなく、順調に内容物を分解し続けてくれています。
 
入れるものは台所から出る野菜くずと刈草や剪定くずに限定し、調理した残飯や動物性の生ゴミを入れず、水分をうまく調節できれば問題は起きないようです。
 
春のある日、コンポストをかき混ぜているときに、丸っこいかわいらしい芽が生えていることに気づきました。
 
何かの種が発芽したのでしょう。
 
畑の片隅に植えてみたところ、ぐんぐん伸びた蔓が畑をはみ出し、庭木に絡まってのぼっていきます。
 

f:id:mikipan:20170811233305j:plain

 
おもしろいので伸びるがままに放っておくと、黄色い花が咲き、ぷっくりした実がつき、大きくなりました。
 

f:id:mikipan:20170811233359j:plain

そう、かぼちゃです。

大きな実が2つ、そして小さな実が3~4つついています。
 
捨てるはずだった種が発芽して、何もしなくてもおいしそうなかぼちゃに育つなんて、家庭菜園はこれだからおもしろい!
 
土作りをがんばっていると、こんなご褒美があるのですね。
 
土作りはまだまだ試行錯誤の連続ですが、おかげで苦手だったミミズも、今では出会うたびに「やったー、ミミズちゃんがいるってことは土が肥えてきたのかな」とうれしくなります。
 
かぼちゃの収穫までもうしばらく、何を作ろうかな、今から楽しみです。

夏の必需品2 制汗剤にミョウバン水

夏は一日中汗と汗のニオイが気になりますね。
 
特に体を動かさなくても、お風呂でさっぱりした後もすぐ汗が噴き出したり、寝汗をかいたりします。
 
そこで制汗剤が必須アイテムとなるわけですが、真夏はいつでもどこでも惜しみなく使いたいものです。
 
また成分も安心でできれば無香料か自分好みの香りがよいですが、そうなるとなかなかこれといった商品に出会えません。
 
そこで、ここ数年は安心な素材を使って制汗剤を手作りしています。
 
材料は、焼ミョウバンと水道水だけ、とてもお手軽です。
 
焼ミョウバンはスーパーや薬局などで手に入りますし、市販の制汗剤に使われている他、茄子の漬け物の色止めなどに使われるくらいですから、安心して体に使えます。
 
ミョウバンには「収斂」、「殺菌」、「消臭」の効果があるとのこと、制汗剤にぴったりですね。
 
そして、とくにアンモニア系の消臭効果があるそうなので、私はこのミョウバン水をたくさん作って、トイレのお掃除や消臭スプレーとしても使っています。
 
原液の作り方はとても簡単で、1.5リットルのペットボトルに約50グラムの焼ミョウバン(ミョウバンでもよい)と水道水を入れ、シェイクするだけです。
 
ミョウバンはなかなか溶けませんが、よ~く振って一晩おけば透明になります。
 
家用には大きめ、外出用には小さめのスプレーボトルを用意し、原液を10倍程度に薄めて入れておくと便利に使えます。

お風呂上がりに全身にスプレーすると、すっと汗が引いて、すべすべ感が持続します。
 
外出先でも汗をかいたままにしておくと雑菌が繁殖してニオイの元になるので、こまめにスプレーしています。
 
原液はなんと入浴剤にも使えるので、うちではミョウバン水は年中活躍していますが、特に夏はなくてはならない必需品の1つです。
 
お安いミョウバンと水道水だけなので、コスパも抜群、これからもずっとお世話になると思います。

今が旬!夏野菜のトースト3選

夏は毎食、家庭菜園で取れた夏野菜が食卓を彩ってくれます。
 
朝食には、採れたての夏野菜たっぷりのトーストがお気に入りです。
 
材料はスーパーに行けば年中手に入る物だけれど、収穫したばかりの旬の野菜で作るのが毎朝の楽しみなのです。
 
ベーコンやウインナーなどがなくても、野菜だけでお腹いっぱいになります。
 
私のお気に入りベスト3を紹介します。
 
 
第3位 定番のミニトマトとピーマンのピザ風トースト
 
トマトソースととろけるチーズにトマトとピーマンは最高の相性ですね。
 
 
第2位 大葉のチーズトースト
 
大葉とチーズも相性抜群、大好きです。
 
大葉の大量消費のために検索してヒットしたものを自分の好みにアレンジしました。
 
大葉は5枚~10枚を細かく刻んで、贅沢に使います。
 
 
第1位 こんがり焼き茄子とトマトのトースト
 
縦3~4枚にスライスした茄子をオリーブオイルとにんにくでじっくり焼いて塩胡椒したものと、スライストマトとマヨネーズをトッピングします。
 
茄子がとろふわで、ボリュームたっぷり、朝から幸せに浸れます。
 
バゲットを使ったり、食パンを二枚に増やしてサンドにすると、さらにボリュームが増すのでランチにもぴったりです。
 
大きめの茄子なら半分、小ぶりの茄子なら1本使って、これでもかとパンに乗せてかぶりつきます。
 
 
あ~、書いていてお腹がすいてきました!
 
明日の朝は何にしようかな。
 
 
写真は、今朝の収穫です。
 
下の白い大きな物体は、瓜です。
 
きゅうりの苗を買って植えたつもりが、なぜか白瓜だったのです…。
 
生まれてこのかた、瓜を料理したことなどなかったのですが、調べてみるといろんなレシピがあるものですね。
 
浅漬けやサラダにして、トーストと一緒においしくいただいています。

f:id:mikipan:20170805221156j:plain

夏の必需品 手作りドクダミ化粧水を使ってみた

庭のあちこちに自生するドクダミ、あの匂いが苦手という人もいるようですが、私は嫌いではありません。

そして、ドクダミで作った化粧水は日焼けとシミに効くと聞き、梅雨前に仕込みました。
 
ドクダミは花をつけている5月下旬から6月ぐらいに収穫するのがよいそうです。
 
作り方はとても簡単、庭中のドクダミを摘みまくり、洗って水気を取り、瓶に詰めてホワイトリカーを注いでおくだけです。
 
2ヶ月ほど経過し、次第にドクダミエキスが週出され、いい飴色になってきました。
 
いろんなブログを参考にすると、仕込んでから3ヶ月経てば使えるとの記述が多かったのですが、防いでも防いでも日焼けがじわじわ進行しているので待ちきれず、2ヶ月で開封してしまいました。
 
とりあえずスプレーボトルに1~2週間分くらい移し替え、残りはもう少し寝かせてみます。
 
シュッとスプレーすると、ツンとしたアルコールと独特のドクダミの香りが広がります。
 
私は入れていませんが、グリセリンを入れるととろっとして塗りやすく、保湿力がアップするようです。
 
シミが消えますようにと祈りながら、手のひらでしっかりとつけました。
 
毎日の菜園や庭のお手入れの際に油断して焼けてしまった腕や首筋にもパシャパシャとつけてみました。
 
私は皮膚が丈夫なので原液をそのままつけても平気ですが、肌の弱い人は薄めたほうがよさそうです。
 
効果のほどはまだわかりませんが、ドクダミの殺菌作用のおかげか、さっぱりして肌にす~っとなじみます。
 
家族には厄介者扱いされていたドクダミですが、私にとっては夏の必需品になりそうです!
 
来年からは、もっとたくさん摘んでドクダミ茶も作ってみようと思います。
 
庭にある自然由来のものでお気に入りのものが作れると、なんだかうれしくなりますね。