つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

暮らしの古民具「石臼」×チョコレートコスモス

原種チューリップを植えていた玄関先の石臼花壇には、今はチョコレートコスモスが咲いています。

f:id:mikipan:20201105210940j:plain

花は小さめだけど、そよそよ揺れて、とてもカワイイです。


チューリップは直接植えていましたが、これからは鉢を石臼の土に埋めておき、そこに季節の植物を植えた同程度のサイズの鉢すぽっと入れて、季節ごとに替えてみることにしました。


直径からすると、小さい石臼には8号鉢、大きい石臼には10号鉢がほどよく収まります。


ただ、石臼は意外と上げ底で鉢部分の深さがなく、一般的な素焼き鉢では石臼に収まりません。


いろいろ探して、ダイソーの低めのプラ鉢を用意しました。

f:id:mikipan:20201105211034j:plain

 
二つ重ねるので、どちらかを素焼き鉢にしたほうが通気性も水はけも良いのですが…、ちょうどいいサイズの素焼き鉢が見つかるまでは、これでやってみます。

それでも、プラ鉢の縁が隠しきれない💦

 

 

植え付けたのが遅かったのでまだ株が小さいですが、来年はもっと葉が茂って目隠ししてくれるといいな。

 
クルミの殻などでマルチをすると、目隠しできておしゃれですよね。そんなおしゃれな素材が似合うお庭、憧れます♡

今回は余っていた竹炭をマルチ材にしてみましたが、石臼の和の雰囲気とも合って、いい感じ⁈

f:id:mikipan:20201105211204j:plain

竹炭、もう少し足したほうがよさそうかな(^^;

 

我が家では浄水器を使っておらず、ジャグに水道水と竹炭を入れて一晩置き、飲料水にしています。


竹炭が塩素や不純物を吸着するのでカルキ臭がとれ、まろやかな味になります。


ミネラル分も豊富だとか♪


浄水効果が薄れた竹炭は、乾かして消臭剤として靴箱や引き出し、湿気の気になるところに置いたり、たまったら砕いて土壌改良のために土にすき混んだり、こんな風に植物のマルチングにも使えます。


最終的には土に還ってくれるので、ゴミがでないところも気に入ってます♪


 

さて、チョコレートコスモスはまだ蕾がついているので、もうしばらく楽しめるかな。


チョコレートコスモスが咲き終わり休眠に入ったら別の場所で管理し、アネモネラナンキュラスの鉢と入れ替える予定です。

 

他にどんな植物をセットしてみようか、考え中。


玄関前は西日は当たりませんが、日差しの強い夏場や台風の時は植物の鉢だけ避難させやすいので、その点も安心。

 
春先に石臼でかわいく咲いてくれた原種チューリップの球根は、今年はどこに植えようかな。
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

窓だらけの北側廊下の寒さ対策~カーテンとカーテンボックスを簡易設置

“家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる”
 
徒然草の一節です。
 
 
明治に建てられ、昭和に増築・リフォームした我が家も夏仕様です。
 
断熱材はリフォーム済み部分にしか入っていませんし、風を通せるよう窓だらけです。
 
 
そして、数十年前にリフォームした居間周辺以外は4枚窓で、当然シングルガラスです。
 
夏に緑のカーテンを作った窓も実は4枚窓。両端2枚の窓はカーテンで遮光・遮熱、中2枚分を緑のカーテンで覆いました。
 
4枚窓のメリットは日差しが差し込んで明るいこと、そして全部開け放した時の開放感。
 
デメリットはとにかく寒いこと、そして建具や畳が日焼けしやすいことです。
 
そして、ここ数年の夏の日差しは殺人的で、いくら窓を開放しても耐えがたい暑さになります。
 
 
どうにかしたいけれど、窓数が多すぎて、リフォームの見積もりを取るのが怖い💦
 
小窓だったら、内窓を作りますが…、
北側の6m弱の廊下は、4枚の掃き出し窓+2枚の腰窓で、ほぼ全面窓。
 

f:id:mikipan:20201101211705j:plain

内窓をDIYで作るなんて途方に暮れるし、掃き出し窓の3枚目と4枚目の境目という変な位置に柱があります(写真手前)。
 
北側で、来客の目には触れないので後回しにしてきましたが、今年こそは本格的に寒くなる前に昨年よりマシなレベルにしようと、対策を急ぎました。
 
現代的な暖房器具は断熱された家を前提としているので、居間だけ暖かくしても、廊下やトイレが寒ければヒートショックを起こす心配もありますし。
 
 
今年は他の場所のリフォームで出費がかさんだので、できるだけ安く済ませたい。
 
窓用断熱グッズは見た目、窓の枚数が多いので出費がかさむ、寿命が数年程度という理由で今回はなしに。
 
腰窓や変な柱がある部分を木材で塞ぐことも考えましたが、冬でも換気は必要だし、夏はやっぱり開放したいのです。
 
 
 
前置きが長くなりましたが、余ったシーツでカーテンをかけ、とりあえず隙間風や冷気を遮断することにしました。
 
柱側はまた別に考えるとして、とりあえずニトリの伸縮式カーテンレール(シングル)を2本取り付け、100均のカーテンクリップでシーツを吊るしました。
 
 

f:id:mikipan:20201101212208j:plain

シーツは切らずに、折り畳んでいるだけです。

 

厚手カーテンにはかないませんが、窓ガラス付近の凍てつく冷気はシャットアウトできます。

 
本格的に寒くなったら厚手のカーテンに掛け替えることもできますし、断熱グッズや、なんならプチプチや段ボールを仕込んでもカーテンで目隠しできます(笑)。
 
 
ここまでくると、カーテンレールと布の隙間を塞ぎたくなり、急遽カーテンボックスも作ることに。
 
①ちょうどよい端材の杉板にL地金具を取り付け、カーテンレールの少し上の壁面に取り付け、
 

f:id:mikipan:20201101214418j:plain

 
②安くて軽い野地板を塗装して、①にビス止めしました。
 

f:id:mikipan:20201101212633j:plain

f:id:mikipan:20201101212710j:plain

カーテンを閉めたところ。一応、カーテンクリップと布の隙間は隠せました。
 
それなり~な仕上がりですが、とりあえずこれでOKです(^^;
 
カーテンレールと材料費で3500円くらいでしょうか。
 
さて、変な位置にある柱部分が手付かずですが、ここはちょっと工夫してみたいと思案中です。
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

剪定日和~レモングラスのお風呂で疲れを癒す

秋晴れの週末。
 
10月中に垣根の剪定を済ませてしまいたいので、土日に槇の木の徒長枝に取り組みました。
 
バリカンでささっと済ませたいところだけど、太めの徒長枝を放置すると来年えらいことになりそうなので、土日をかけて、垣根に手を突っ込んで1本1本付け根から処理しました。
 
北側なので、日光を求めて彷徨ったくねくね徒長枝が多く、さらにトップには天を目指しているようなやつも。
 

f:id:mikipan:20201025230955j:plain

約3mの高さで作業中。ボサボサです。
ちょっと面倒ですが、放っておくと剪定できない高さになってしまうので、樹高を押さえるためにもこうしています。
 
徒長枝と混みあっていた枝を抜くだけでも、日差しと風が入りこんでくるようになりました。
 
お天気がよいので、裏手の堤防でウォーキングやお散歩を楽しむ人たちが「おお、きれいになってるねー」、「ごくろうさま、気を付けてね」と声をかけてくれるのが励みになってうれしい。
 
 
思った以上に太い徒長枝が多くて、さすがに疲れた~。
 
しかも、暗くなりそうで慌てたため、きれいになった写真を撮り損ねました(笑)。
 
 
ちなみに、我が家には名前がわからない木が一本あり、それも徒長枝がすごいんです。
 
モチノキ系だと思うのですが、調べても、誰に聞いてもわからない。
 
そして、そんなに真っ直ぐに伸びなくてもいいじゃないかと文句を付けたくなるくらい、垂直に伸びるんです。
 
いつもはガーデンシュレッダーでがーっと粉砕するところですが、あまりに真っ直ぐなので、長いものは葉を落として、アナベルジギタリスヤグルマギクなどの支柱に使おうと思います。
 

f:id:mikipan:20201025232415j:plain

 
 
朝夕めっきり冷え込むようになったし、肩がバキバキ音を立てそうに疲れたので、レモングラス風呂で温まりました。
 
昨年の秋冬は冬越しできるかと気をもんでいたレモングラスですが、成長しすぎて、160㎝の私が抱きついても手が届かないほど大株化。
 

f:id:mikipan:20201025231712j:plain

あまりに大きくなりすぎて、少し離して植えているモナルダに日が当たりにくくなってしまいました。
 
これも株分けしないと、来年はどうなるのか…。
 
夏はアイスで、冬はホットやチャイに入れたりしてレモングラスティーを楽しんでいますし、料理や正月飾りなどと活用幅が広くて重宝しています。

f:id:mikipan:20201025231612j:plain

 
でも、それだけでは使い切れないので、お風呂にもふんだんに入れています。
 
そのまま入れるとツンツン痛いので、ざっくり切って洗濯ネットに入れて使います。
(細い葉が出てこないよう、目が詰まったネットがよいです)

f:id:mikipan:20201025231641j:plain

 

レモングラスの名から、さっぱり夏向きな印象だったのですが、ぽかぽかに温まります。
 
香りも爽やかで癒されます。
 
湯上りは心なしか、お肌もしっとりすべすべしているような(当社比)⁈
 
いつも飲んでいるレモングラスティーの中で自分も煮出されているようで、ちょっと不思議な気分ではありますが(笑)。
 
復活。明日からまたがんばろう。
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

祖母の大島紬その他で秋色ワンピースを縫う

祖母の2枚の着物から、色柄違いのワンピースを作りました。

f:id:mikipan:20201021215423j:plain

 せっかくの美しい柄に不器用な私が鋏を入れて失敗したらどうしよう…と迷いましたが、死蔵品にしておくよりも纏ってみたい気持ちが勝っちゃって。

■型紙
こちらのyanさんの型紙は、ほぼ直線縫いでできるうえ、着物地で作るとちょっとレトロな感じでとても素敵だったので、お借りしました。他の洋服もとても素敵で、作れなくてもついつい眺めてしまいます。

yansewing.com

 

■素材

今回使ったのは、1枚は大島紬の泥染めの着物。

f:id:mikipan:20201021215548j:plain


大島紬の伝統的な織り模様には、一つ一つ意味があるそうです。


付け焼き刃で調べてもよくわからなかったけど、眺めていると、イスラム圏や東欧のモザイク柄のようにも見えてくるから不思議(私だけ?)


私、いろんな文化がミックスされたような模様に弱いんです。

 
好きに任せて、そういう柄ものばかり集めたり着たりしていると、インテリアも洋服もカオスに陥るので、部分的にとどめています。
 
 
もう1枚はなんだろう、おそらく絹素材でハリがあり、シボ(凹凸)が特徴的。

f:id:mikipan:20201021220020j:plain


おばあちゃんカラーですが、縦縞で細見え効果も期待できるし、洋服にしたら意外と渋かわいいんじゃないかと。

 

■作業

着物リメイクの第1段階は、着物を解いて水通しすることから始まります。


これはすでに、春先に済ませていました。

古い着物はざっくり手縫いなので、映画を観ながら、ぼちぼち作業しました。
 
なので、今回は型とりから。
着丈は少し長めで、110cmにしました。
 
yanさんのこちらの型はほぼ直線で、反物の幅そのままを活かせるので、私のような不器用にもとてもやさしい!
 

f:id:mikipan:20201021220224j:plain



一番難しかったのは、首回りに見返しをつけるところでしょうか。

f:id:mikipan:20201021220255j:plain


ごまかした部分もありますが(笑)、とてもシンプルな作りなので、初めての私でもなんとかできました。



■着方

出来上がり、私にもワンピースが縫えました♪

f:id:mikipan:20201021220347j:plain


反省点は、柄合わせが甘かったことですが、大目に見ることにします(^^;

 

半袖ですが、生地も色柄も秋冬的なので、ニットやカットソーと重ね着します。


ハリのある生地なので、そのままだとすとんと直線的。


前回、ラップスカートを作ったようなしゃらっとした生地だと、体のラインに沿っていい感じになると思います。


着こんで洗濯するうちに、いい感じに体になじんでいくのも楽しみです。 
(洗濯はおしゃれ着洗いで、ドライコースで洗っています)
 

ストンと着るのもいいですが、こんな感じでベルトでウエストをマークして着る予定。

f:id:mikipan:20201021220452j:plain

 

f:id:mikipan:20201021220519j:plain


 
色柄は地味で渋いですが、それでも着物、織りが美しく、さりげない光沢感もあります。

仕事やフォーマルな場面用のジャケットとも相性がよさそうです(あくまで、個人的な好みだけど)。

f:id:mikipan:20201021220608j:plain

 
布が中途半端に余っちゃったけど、工夫すればすっきりラインのスカートがもう一枚作れそう。

断捨離中なのに服を増やしてどうするんだという気もしますが、着こなせない着物=死蔵品が1つ減ったのでOK。

 
それに、最近「こんな服が着たい~」と思うことがあまりなく、作業着的なものが多いですが(汗)、美しい生地をリメイクすると、自己満足ですが着る時にワクワクするのです♪
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

久々のソーイング~祖母の羽織で作った秋色ラップスカート

祖母の着物や羽織がまだまだ眠っています。

状態のよいものは、形見分けされたようで、残っているのは地味で、サイズも小さめなものばかり。


でも、触っていると、地味でも着物の生地は美しく、リメイクして纏いたくなるのです。

 

「普段から着物を来てます」なんて、粋なことが言えるとカッコいいんだけどな。

 

一応、茶道部の姪にほしいものはあるかと聞いてみたけれど、若い子にはちょっと渋すぎる色柄だったようで(^^;


 


 
さらっとした薄手の羽織を、夏のゴム入りギャザースカートにしようと思って、解いて洗っていました。
 
元の羽織の写真はありませんが、地模様はこんな感じです。
 

f:id:mikipan:20201017231830j:plain


 

着物のギャザースカートは以前にも作ったことがあります。


厚手の生地で作ったせいか、腰回りがちょっともたつきますが、暖かくてよく履いてます。

f:id:mikipan:20201017230731j:plain



今度はすっきりした感じのラップスカートが欲しいなと思い、チベタンスカートという前で紐を結ぶタイプのラップスカートを参考にしました。
 
私は読んでいないのですが、『暮しの手帖』で紹介されていたそうです。
 
羽織や着物なら、生地を接ぎ合わせて布幅が広くできるのでラップスカートの幅も自在、丈も調節しやすいです。
 
 
ミシンを扱うのはかなり久しぶり、細かい作業は苦手ですが、直線縫いはストレス解消にもなって楽しい。

f:id:mikipan:20201017231424j:plain


試作のつもりで、6枚接ぎ合わせて筒状にすると、いい感じ。

 
見よう見まねで紐を作って付け、自分のウエストにフィットするようにボタンをつけました。

f:id:mikipan:20201017230819j:plain




地味色 秋色スカート、完成です♪


羽織1枚から、スカート1枚と、お揃いのスヌードができました。
 
両サイドの羽(?)部分が少々ゆったり目になったので、紐を通しやすいようボタンホールを1つ追加して、腰でぐるっと巻き、タイト目に着てみました。
 
でも、大股で歩いても大丈夫なくらい、中は余裕があって動きやすいです。

秋も今ごろなら、薄手の生地でも寒くないし、レギンスと合わせれば肌寒い日も大丈夫。


色柄違いや生地違いでも作ってみたいな。

 

 
 
***ソーイング不器用裏話***

実は、この羽織、外出自粛期間中にリメイク予定でした。


しかし、上糸がやたらと突っ張って、糸が切れたり、裏面でぐちゃぐちゃにほつれたりします。


またミシンの不調?


私ってばよっぽどミシンと相性が悪いのね、そう思って中断していたのです。


説明書を見ても原因も対処法がわからず、途方に暮れていたのですが、ミシンの不調について解説しているサイト情報で「ミシン糸が古いと上糸がつりやすい」とあったのです。


そこで新しい糸に交換してみると、問題はあっさりと解決(^^;


糸にも消費期限があるんですね…って、当たり前か。

 
手持ちの着物地と色が合いそうだからと、古い糸もとっておいたのです。

布は使う自信や予定のないものは買わない、溜めないようにしていますが、糸や道具類も見直しが必要ですね。

 
 
スカートの次は、ほぼ直線縫いでできるワンピースを製作中です。
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ