つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

ペーストなしで、柚子胡椒とココナツミルクのグリーンカレー風

長雨の7月とはうってかわって、連日の猛暑。
 
長雨で、今年は夏野菜がかなり打撃を受けました。
 
オクラは長雨で成長しないまま枯れたし、トマトは例年一番元気なミニトマトがもう終わりかけ…😢
 

f:id:mikipan:20200808201456j:plain

大きいほうはもうちょっと収穫できるかな
ズッキーニも元気がない。
 
でも、ツルムラサキはこの暑さで勢いを増しはじめ、今年初めて植えた十六ささげやニラ、枝豆などは収穫できてます。

f:id:mikipan:20200808201535j:plain

 
まあ、こんな年もあるさ。
 
それでも、毎日なにがしか収穫できているので、ありがたいことです。
 
 
「柚子胡椒を使って、グリーンカレー風ができる」と知ったのは何年前だったか。
 
きっかけは野菜料理研究家の庄司いずみさんの、柚子胡椒と豆乳を使ったカレーだったと思います。
 
衝撃的で、でも入手しにくいグリーンカレーの材料を揃えなくても、ペーストなしでもできるのだと感動したものでした。
 
柚子胡椒は青唐辛子+柑橘系だから、確かにグリーンカレーの要素(青唐辛子+コブミカンの葉)が入ってますもんね。

f:id:mikipan:20200808201940j:plain

味付けの主役1
加熱したきゅうりが苦手な(干しきゅうりは〇)な私は茄子で作ったり、鶏肉を足すなどしてよく作らせていただきました。
 
それからココナツミルクを使うレシピもいろいろ見かけるようになり、味付けも自分なりにアレンジしてみました。

f:id:mikipan:20200808202018j:plain

味付けの主役2
以下は、我が家の畑や庭の収穫(十六ささげやピーマン、パプリカ)、保存食などを駆使したバージョンの覚書。
 
***今回の材料(2人分)***
-具材ー
鶏もも肉(塩胡椒、おろしにんにく、酒で下味をつけておく) 150g
〇ブラウンマッシュルーム 5~6個
〇かぼちゃ 1/8個
〇ピーマン 1個
〇パプリカ(今日はイエロー) 1個
〇16ささげ 4~5本
ー調味料―
〇カレー粉 大さじ1/2
〇牛乳 1カップ
〇水少々(様子を見て必要なら足す程度)
レモングラス 茎4本分
〇実山椒の醤油漬 小さじ1弱を潰しておく
ナンプラー 大さじ1/2
〇柚子胡椒 大さじ1/2
〇塩胡椒 少々
 
1 鶏もも肉とマッシュルームをサラダ油少々で炒め、肉の色が変わったらカレー粉と潰した実山椒を入れてなじませる。

f:id:mikipan:20200808201724j:plain

 
2 ココナツミルクレモングラスを入れて3~5分程度煮込む。(レモングラスは風味づけに入れ、後で取り出した)
 
3 牛乳と水を加え、煮立ったらかぼちゃを入れてやわらかくなるまで煮る。残りの具材(ピーマン、パプリカ、16ささげ)を入れて、柚子胡椒とナンプラーを入れて軽く煮込む。

f:id:mikipan:20200808201819j:plain

 
4 必要なら塩胡椒で味を調えて完成。
******
 
カレーの色味も具材も黄色多めですが、柚子胡椒の青唐辛子が効いたグリーンカレー風のお味です♪

f:id:mikipan:20200808202213j:plain

 
グリーンカレーペーストがなくても、満足度は十分。
 
キノコと根菜たっぷりなら、肉なしでも十分おいしいと思います。
 
実山椒の粒をかんだ時、ふわっと柑橘系に似たさわやかな香りがするのが不思議で、新しい発見(もちろん、今年も仕込みました)。
 
庄司さんのレシピで、柚子胡椒+豆乳で十分タイカレーの味になるのがわかっているので、実山椒やレモングラスなどはなくても大丈夫だと思います。
 
夏野菜が長雨でダメになる中、レモングラスだけはどんどん巨大化しているので、使いたかったんです(笑)

f:id:mikipan:20200808202326j:plain

なんと、手前のマルバノキ(2018年3月に植えた)の背丈を超えてます💦
さすが高温多湿の地域の植物ですな。
 
パクチーも欲しかったな。いつも秋植えのみだったけど、近場のスーパーでは手に入らないし、来年からは春にも植えよう。
 
暑い日のカレーで汗をかいて、元気が出ました♪
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

今年の青紫蘇ジュース→紫蘇ミルク→紫蘇ミルクゼリー

こぼれ種の大葉が密集しすぎなので、間引いたついでに、今年の紫蘇ジュース(濃縮)を仕込む。

f:id:mikipan:20200727202458j:plain


我が家は青紫蘇で作るので、色も味もスッキリ目です。

mikipan.hatenadiary.com

 

青紫蘇だけど、最後にクエン酸を加えるときれいなピンクに。

 

f:id:mikipan:20200727202538j:plain

f:id:mikipan:20200727202559j:plain

f:id:mikipan:20200727202620j:plain

 

そのまま水や炭酸水で割って飲むのが定番ですが、牛乳で割って紫蘇ミルクにすると、ちょっととろみがついて、飲むヨーグルトっぽくなります。


f:id:mikipan:20200727202656j:plain

ただの牛乳にしか見えないけれど、青紫蘇ミルクです。

 

 

ひんやりデザートが食べたくて、その青紫蘇ミルクをゼラチンで固めてゼリーにしました。

 
紫蘇ジュースと牛乳の割合は1:5か1:4くらい。
 
Iwakiのレンジパックで作って、ざっくりすくって器に盛っていただいてます。
 
普段のおやつなら、これで十分。
 
しかし…、
 
うぬぬ、ただのミルクゼリーにしか見えない…。

f:id:mikipan:20200727202804j:plain


赤紫蘇ジュースだったら、きれいな濃いピンクのゼリーになるのでしょうね。
 
あまりに素っけないので、青紫蘇ジュースだけでゼリーを作り、2層にすることに。
 
そして、きれいなピンクのゼリー液を作ったところで、この容器じゃキレイに取り出せず、層が壊れそうだと気づく。
 
案の定、崩壊…。
 
 
で、第二弾はカップで作りました。
 
いくつか持っていたIwakiのプリンカップが割れちゃって1つしか残ってないので、プリンカップと同じくらいのサイズの冷酒用だと思われる小さなグラスで代用。
 
これで層がきれいに出ます♪

f:id:mikipan:20200727203038j:plain

 
上のピンクの部分は、濃縮紫蘇ジュースを薄めずに作ったので、しっかり紫蘇ジュース味。
 
下の白い部分は、紫蘇ジュースというよりは、さっぱりめのヨーグルトゼリー風。
 
紫蘇ミルクゼリーは、紫蘇ジュースが苦手だったり、飽きちゃった人にもおすすめです。
 
見た目も涼しげなので、夏のおやつ、おもてなしにも。
 
 
紫蘇ジュースゼリーを作るようになって、例年より紫蘇ジュースの消費量も、作る頻度も増えそうです。
 
おいしく食べて、夏バテ防止!
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

ゆらゆら揺れる実が目にも涼しい-フウセンカズラの緑のカーテン途中経過2

7月に入ってから、晴れたのはほんの数日。
 
相変わらず、週間天気予報ではこの先しばらく曇りのち雨。
 
ミニトマトや巨大化したレモングラスを天日干ししたいけれど、カビが怖くて干せません😢
 
7月ってこんなに雨ばかりでしたっけ?
 
ここ数日はやっと晴れたけど、湿度が高くて蒸し暑い~。
 
 
緑のカーテンフウセンカズラ。前回記事にした7月上旬には、やっと1つ2つ実が付き始めたばかりだったのだけど…。

mikipan.hatenadiary.com

 

白くて小さい花がたくさん咲き、今ではかわいい実がたくさんついています。

f:id:mikipan:20200723201819j:plain

 
風にゆらゆら揺れてかわいいので、窓を開けて観察してみました。

f:id:mikipan:20200723201942j:plain


晴れついでに、薄めた液体肥料で追肥もしておきました。


この部屋は

・1階

・南東寄りの東向き

・クーラーなし

・古い家にありがちな4枚窓

・窓の外は砂利敷きの庭、その先にお向かいの家


なので、目的は冷房効率のアップではなく、

・遮光・遮熱

・目隠し

・風通し

・目で見て楽しい、涼しい
 

下のほうはかなり密になってきました。

 
上の方はまだスカスカだけど、蔓の先端は窓の最上位の部分まで届く勢い。

このままじゃ目隠しにならないけれど、レースカーテンと併用すれば目隠し出来ています。

f:id:mikipan:20200723202106j:plain

窓辺に洗濯カゴが置きっぱなしなんだけど、見えてません…よね⁈
8月になったらレースカーテンなしでも目隠しできるくらい密になるかな?

今の時期にばっちりカーテン状にするには、

・株数を増やす

・早めの摘芯

が鍵ですね。

 
フウセンカズラは葉も蔓も華奢でかわいくて、揺れる姿が涼しげです。

今のところ虫の害もなく、緑を通して入ってくる風はさわやか♪
 
この雨続きで、しばらく換気以外では窓を閉めっぱなしだったので、うれしい。

f:id:mikipan:20200723202633j:plain

 
 
ツルムラサキも蔓性なので、昨年初めて育てた際に、「カロテン、ミネラル、ビタミンCが豊富な食べられる緑のカーテンができるかな」なんて思ったのですが。
 
7月後半に差し掛かってもこんなかわいらしい状態なので、残念ながら緑のカーテンには不向きな感じ。

f:id:mikipan:20200723202826j:plain


8月に入ると急成長するので、今年も夏バテ予防にたくさん食べます!
週も半ばになると、作り置きが減ってくるので、副菜だけ作り増し。
・しらたきと牛蒡の炒め煮
・青唐辛子肉味噌
・酢の物

f:id:mikipan:20200723203110j:plain

 
湿度のせいか、食欲減退気味。
 
 メインをしっかりというよりは、副菜を少しずつたくさん食べたい気分です。
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

久々のアイアン塗装。そして作り置きの最終日はだいたいこうなる

久々に晴れ間が見えた本日。
 
私の身長を優に超えたフェンネルが雨で倒れていたので支柱を立て直したり、そのフェンネルが倒れかかって打撃を受けたエキナセアを救出したり。
 
雨の影響が庭のあちこちに出ていて、とりあえず、少しずつ、今日はフェンネルエキナセアだけ…なんて思うのだけど、一旦庭に出るとあれもこれも気になって、結局2時間は朝活やってる気がします(^^;
 
 
 
先日、トイレの洗面台の前にかけてある鏡を拭こうとしたら、鏡部分がぽろっと取れた!
 
いつからあるのかわからないくらい古くて、鏡の端部分が赤くサビちゃって?たから、新調したいなーと思っていたところ。

f:id:mikipan:20200716234909j:plain

 
でも、この枠は塗り直したらアンティークっぽいフレームになるんじゃないか…と目をつけてたのです(鏡を外したところ)。

f:id:mikipan:20200716234956j:plain

 
アイアン塗料は、意外と塗るものを選ぶようで、絶対アイアン素材じゃないもの、例えばだけど扇風機とか100均のカゴとかを塗っても、元がわかるので残念感が漂うというか(当たり前か)…。
 
でも、こういうちょっと凝った造りのフレームなどには合いそうなので、塗り塗りしてみる。
 
フレームは、木目調だけど、素材はプラスチック。素材も質感も昭和っぽいですね(^^;。
 
色は、ターナーの「アンティークゴールド」を使ってみます。

f:id:mikipan:20200716235117j:plain

そのままでは塗料がのらないので、右のプライマー(下地剤)を塗ってから本塗りです。
 
アイアン塗料はムラなくきちんと塗らなきゃなんて考えなくていいので楽、刷毛で塗るよりスポンジなんかでポンポン塗料をのせる感じのほうが、鉄の質感に近づくようです。
 
細かい部分にどうしても塗り残しが出るので、様子を見ながら3度くらいペタペタ塗りました。

f:id:mikipan:20200716235522j:plain

 
それも、隙間時間にやったので、手間はかかってません。
 
 
とりあえず壁掛けしてみた図。
 
近くで見るとそれなりだけど…

f:id:mikipan:20200716235352j:plain

 
照明暗めで陰影がついたほうがいい感じに見えます(夜撮影)。

f:id:mikipan:20200716235426j:plain

何飾ろうかなあ…、やっぱりサイズと形からして、私の肖像画かなあ(笑)。
 
似合うものを探すのもこれからの楽しみ、間接照明とセットで飾ろう~。
 
 
 
もう一つアイアン塗料で塗ったもの。
 
壁掛け時計です。

f:id:mikipan:20200716235643j:plain

 
花柄のフレーム(かわいいですけどね)を、ブラックに塗りなおしました。
 
刷毛で塗って線が残っちゃったせいかアイアンっぽく…はない?けれど、シックな感じになったので、リビングかキッチンで使おうと思います。
 
 
 
本日の手抜きの夕食。
 
先日作った作り置きをそろそろ食べきりたい頃。
 
でも、作り置きの最後のほうって、余り方が中途半端だし、そのままだと飽きちゃうんですよねえ…。
 
で、だいたい、こんな名のないものに変貌する。

f:id:mikipan:20200716235714j:plain

 
あえて言うなら、作り置きの茹で鶏を軽くにんにく風味に焼き付けて、これまた作り置きのトマトソースと青唐辛子の肉味噌で絡めて味付けしたもの(長っ)。
 
青唐辛子の辛みと、味噌でコクがでて、なかなかおいしかったです!
 
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ

大雨の小休止ー収穫した夏野菜で久々の作り置き

7月に入って以来、連日の雨、しばしば豪雨。
 
我が家の裏手の川は今回の雨では氾濫の危険はありませんでしたが、市内では浸水はしなかったものの道路に水が溢れて通行止めになったりと、大変なところもあったようです。
 
裏の川も長時間の豪雨が続くと心配で、在宅中も外出中も、ずっとネットで水位をチェックしていました。
 
県内では、仕事でよく訪れる地域が氾濫して浸水している様子が報道され、とても心配になりました。
 
学生時代、地理の教科書で見たモンスーンアジア地域の洪水後の写真が、最近の日本の水害報道の映像とダブって見えたりします。
 
週間天気予報ではこの後もしばらく雨マーク。
土砂崩れなどのさらなる被害が起こらないこと、そして被害のあった地域の方が早く安心して日常が送れるようになることを祈るばかりです。
 
 
久々にうちで過ごす休日。
 
7月に入ってからは、土日も研修や会議があったり、そのあとは懇親会や女子会(ソーシャルディスタンスはキープ)。
 
在宅の日も豪雨で畑には入れなかったので、きゅうりやトマトの支柱が倒れかけたり、乾燥気味に育てたいミニトマトが雨続きで裂果してます。

f:id:mikipan:20200712214731j:plain

 
被害というほどではありませんが、大きいほうのトマトのうち1本が雨の重みで折れかけていたり、グリーンのズッキーニの根元が傷んだり、オクラも雨で気温も地温も上がらず、成長していません。
 
今年の夏野菜は、収穫が少な目かもね…。
 
とりあえず、雨が小休止しているうちに支柱の応急処置や収穫だー。
 
唐辛子とピーマンの株がだいぶ混みあっていたので、こちらも剪定や整枝もかねて収穫。

f:id:mikipan:20200712214828j:plain

風通しを良くしていないと、病害虫も発生しやすくなりますからね。
 
色づく前の青唐辛子や葉も、お料理に調味料にと大活躍します♪
 
 
ー本日の収穫ー

f:id:mikipan:20200712214951j:plain

それでも、我が家でいただくには十分な収穫です。ありがたや。
 
裂果トマトをトマトソースにした勢いで、久々に作り置きもいくつか作ることにしました。
 
以前は、がんばって土曜か日曜に作り置きをしていましたが、最近は茹で野菜や和え物を数日分作ったり、半調理で魚や肉を漬け込んで冷凍する程度です。
 
野菜は、その都度庭から収穫して使ったほうがおいしいものと、作り置きして味をなじませたほうがおいしいものとがあるので、ばっちり作り置きをするというよりは、季節や忙しさに応じて臨機応変に考えてます。
 
今回も、あまりかっちり考えずに、多めに買ったものや採れた野菜で数品作りました。
 

f:id:mikipan:20200712215725j:plain

左上から時計回りに
・青唐辛子の肉味噌
・茹で鶏用ネギだれ
・ぶりの照り焼き(漬け込み冷凍用)
・裂果トマトでトマトソース
・白なすとピーマンの揚げ浸し
・茹で鶏 茹で汁はもちろんスープや雑炊に活用。
・昔ながらの酢の物(きゅうりとにんじん、大葉をたっぷりのせて)
 
肉味噌の青唐辛子がちょっと多すぎたけど…、辛ウマくて、ご飯がすすんで危険です!

f:id:mikipan:20200712220722j:plain

 
裂果トマトも救済できたし、これだけでもしばらく楽できます♪
 
 
に ほ ん ブ ロ グ 村 テ ー マ