つくる・食べる・暮らす

不器用でも手作りを楽しむ暮らしの記録。

干し芋日和

朝晩の空気は冷たいけれど、良いお天気です。
 
昨日、ご近所さんから、さつまいもと大根をいただきました。
 
わ~~~い、こんなにたくさん♪

f:id:mikipan:20171202173406j:plain

 
さつまいもも大根も、植えたいと思いながら、今年はタイミングを逃してしまっていました。
 
大根は、こんなにあっても我が家ではぺろっと食べてしまいます。
 
おでん大根が好きなので、おでん出汁をつくって、大根と練り物他あるものをぽいぽいっとシャトルシェフ(保温調理鍋)に突っ込んでおきます。
 
大根が主役のおでん、がっつりメインでも、ちょっと副菜にも。
 
 
 
さつまいもは、長持ちするし、焼き芋におやつの素材にと大活躍ですが、お天気も良いから、本日は干し芋を作りました。
 
 
蒸し器にどんっと入れじっくり蒸します。
 

f:id:mikipan:20171202173644j:plain

 
 
蒸し上がったらお好みの厚さに切り分けます。
 
私はやわらかい半生タイプが好きなので、厚めに切りました。
 

f:id:mikipan:20171202173803j:plain

 
 
そして、干しかごに入れて外に出して3~4日、お天気によっては4~5日、様子を見てお好みの具合に乾燥したら完成です。
 
太陽のおかげで、甘みがぎゅぎゅっと凝縮されます。
 
夜露がつくとカビが生えてしまうので、夜は取り込みます。
 

f:id:mikipan:20171202173931j:plain

 
保存袋に入れて冷蔵庫で保存し、食べきれない場合は冷凍庫に入れておきます。
 
でも、このくらいだったら、取り合って、ペロリです。
 
おいしくできたら、さつまいもをくれたおばちゃんにも持っていこうと思います(お家で作ってるかな?)
 
 
この干し芋を、トースター(うちでは魚焼きグリル)で焼いて、表面をこんがり、香ばしくして食べるのが好きです。
 
緑茶はもちろんですが、コーヒーや紅茶にも合うんですよね~。
 
おいしいし、繊維たっぷりでヘルシーだし、お腹も満たされる、いいことづくめの干し芋です。
 
 
そして、このブルーの干しかご、色気はないけれど実直で、頼りになる相棒です。
 
お家でとれた野菜、たくさん買ったキノコなどを干しておくのに便利、よい仕事してくれます。
 
 
やっぱり、今年も切り干し大根を作りたいから、今からでも大根を植えようかなあ…。

捨てるもの/捨てたくないもの

今年も残すところあと一か月ちょっとですね。

 

体内時計がカレンダーと噛み合わず、パニックを起こしています(汗)。

 

年末に大掃除が大変にならないよう、今から少しずつ取り組んでいます。

 

最近は断捨離やシンプルライフを学んで、すっきりした生活を心がけてはいますが、それでも、私がなかなか捨てられないものの1つが洋服など布類です。

 

洋服の処分方法については、状態の良いものは買取サービスを利用したりもします。

 

状態がひどいものや、Tシャツなどはさっさと掃除に使って処分しています。

 

けれど、多少汚れや傷があっても素材がいいと、何かにリメイクできないかと考えてしまいます。

 

mikipan.hatenadiary.com

 

ソーイングが得意ならそれでもいいのですが、技術と時間が追いつかず、一時期は布類が山積みになってしまいました。

 

今では、即リメイクのアイデアが思い浮かばないものは処分することに決めています。

 

最近は着物について悩んでいます。

 

亡くなった祖母の着物ですが、そのまま着る機会もなく、状態もまちまちで、買取してもらうほどでもありません。

 

それに、捨てるのは簡単ですが、人が手をかけて作ったものは、できるだけ大事にしたいと思うのです。

 

今は、こちらの本を参考に、ウール地の着物でスカートを作っています。

 

 

着物を解き、洗い、アイロンをかけ、型紙を当てて裁断し、まち針でとめて縫う…、書き出してみると作業は結構あります。

 

不器用な私がスキマ時間で作業をしているので、人より時間はかかっていますが、やっと筒状になりました。

f:id:mikipan:20171129231230j:plain

 

あとはウエストと裾だけ。

 

多少の虫食いや汚れはありますし、高価なものではありませんが、ていねいに織られた模様を見ているとなんともいえない気持ちになります。

 

あと何枚かある着物と帯、時間がかかってもいいから、大事に使わせてもらおうと思います。

思い出の味、山芋鉄板

仕事で再会、新しい出会いがたくさんあり、緊張もしましたが充実した先週末でした。
 
おいしいものもたくさん食べたのですが…、話と食事に夢中で、写真を撮るのをいつも忘れてしまいます。
 
「うちでも作ってみたいけど、どんなだったかな」とか、「すてきな盛りつけ方だったなあ」と後になってから気づくのです…。
 
 
そんな反省をしつつ、本日は懐かしの味を再現しています。
 
学生時代を九州で過ごした私にとって、居酒屋で頼む定番メニューの1つが「山芋鉄板」でした。
 
すりおろした山芋をお好み焼き風に焼いたものですが、熱々、ふわふわ、とろとろがたまりません。
 
みんな大好き山芋鉄板、鰹節がおどっている熱々のうちにつついていただきます。
 
最近になって、山芋鉄板は全国区のメニューではなく、福岡の屋台や居酒屋の味だったことを知りました。
 
そういえば九州以外ではお目にかかったことがないような、いや、ほかに美味しいものがありすぎて、気づかなかっただけかもしれませんね。
 
本日は、いくつかのレシピを参考に、次の分量で作りました。
(2人前くらい)
・山芋 300gくらいをすりおろす
・白だし 大さじ1 (めんつゆでも)
・たまご 1個
・トッピング用のネギ、鰹節など
 
これをぐるぐる混ぜて、フライパンで焼きます。

f:id:mikipan:20171127211012j:plain

ふわっふわです。スキレットが欲しくなりました。
 
バターで焼く、あるいは仕上げに少し落とすと、香りとコクがでる感じがします。
 
お好み焼きソースでいただきましたが、出汁で食べても絶対おいしいと思います。
 
野菜や小麦粉抜きのお好み焼きのようなものなので、大き目に焼いてもぺろっと食べてしまいます。
 

f:id:mikipan:20171127211335j:plain

 
私はお酒はたくさん飲めない体質ですが、食べ物は酒のおつまみのようなものが大好きです。
 
こういう単品おつまみみたいなものもよく作りますが、夕食の献立としては成立しにくいので悩みます。
 
これだけではお腹がすくので、かき揚げをのっけたお蕎麦も食べました。
 
食べすぎ?
 
単品つまみ食いな夕食でした。

秋の庭仕事―ムスカリ他

秋晴れだけれど風が強かった本日、先日剪定してもらった樫の剪定くずが吹き飛んでいないか心配しましたが、枝を残したおかげで大丈夫でした。
 
大枝を取っ払ったら、いかにも剪定くずという感じが少し消えたような気が…しま…す…(あくまで主観)。
 

f:id:mikipan:20171123234635j:plain

 
樫の枝の間にまた太めの蔦が高いところまで絡まっていたので、踏台にのって取り除きました。
 
なんの蔦かは判明しませんでしたが、丈夫なので、また編んで、製作費0円のクリスマス・リースにしようと思います(製作中)。
 

f:id:mikipan:20171123234838j:plain

 
パクチーはだいぶ大きくなりました。
 
パクチーらしい葉っぱの形になりつつあります。
 
そろそろ間引いたほうがよいのかな。
 

f:id:mikipan:20171123234934j:plain

 
山東菜は、やはり植えるのが遅かったせいか発芽率悪し、次からはもっと早く植えようと反省しました。
 
気温が問題なら、プランターで室内で育ててみようかな。
 
 
そして、本日はムスカリを鉢に植えました。
 
ぴょこんと伸びた青紫の房状の花が愛らしいのですが、初めて植えるので地植えにするとどんな感じになるかイメージが描きづらかったので、まずは鉢に植えて様子を見ることにしました。
 
慣れていないと、鉢植えにしても株間の取り方や配置が難しいですね…。
 

f:id:mikipan:20171123235018j:plain

 
これから寒い冬がやってきますが、冬を越して春になったらかわいい花を咲かせてくれることを期待しています。
 
 
晩秋~冬は庭も寂しくなりますが、待つ楽しみ、春に向けていろいろ準備する楽しみもありますね。
 
まだまだ知らないことだらけ、勉強したり計画するのもまた楽しいものです。
 
 

 

樫の剪定くずで落ち葉の絨毯(実験)

今年の秋は台風や大雨の影響で、いろんな予定が後ろに後ろに流れてしまっています。
 
それが怒涛の嵐となって押し寄せる11月、しばしの小休止を挟んで年末まで駆け足です。
 
慌ただしいけれど、懐かしいあの人やこの人との再会、新しい出会いがたくさんあり、濃く、刺激的な日々です。
 
 
そんな中、いつの間にか庭仕事の師匠が、樫の垣根を剪定してくれました。
 
枝が飛び出していたところを、きれいに刈って整えてくれています。
 
なんとありがたいことでしょう!
 
さらにありがたいことに、師匠は剪定くずの処分まで買って出てくれましたが、そのまま置いたままにしてもらいました。
 

f:id:mikipan:20171121225506j:plain

 
樫の葉は腐葉土に適しているそうです。
 
樫は常緑樹ですが、春の終わりから夏にかけて葉を落とします。
 
長年それが積もって腐葉土化したためか、うちの樫の根元も土が肥えています。
 
そこで、大枝だけ取り払い、風に飛ばされないように小枝に葉をつけたまま、 樫の周りに敷いておくことにしました。
 
積み上げたり、穴に埋けこんで腐葉土にする方法もありますが、手間がかかりますし、落ち葉の絨毯で遮光され草が生えにくくなる効果も少し期待しています。
 
新築の家の庭だとゴミを放置しているように見えるでしょうが、古くて雑草やらこぼれ種の植物やらがあちこちに顔を出すうちの庭ならこれもアリかなと。
 
害虫の温床にならないかが心配ですが、師匠によれば「この程度の量なら問題なし」とのこと、問題がありそうなら穴を掘って埋め、雑然と見えるようなら堆肥枠に突っ込みます。
 
葉はまだ青々していますが、すぐに枯葉色の絨毯になるでしょう。
 
少し早起きして剪定ばさみで大枝を取り払う作業が、ほどよい気分転換になります。
 
落ち葉の絨毯を踏み分けるカサッ、カサッという音が、秋の野山にいるような錯覚で癒されます。
 
行楽に行く時間がないのは悲しいけれど…。
 
寒くなったので本日のメニューはクリームシチュー、かぼちゃとにんじんが溶け込んで、あったかい黄色のシチューになりました。
 

f:id:mikipan:20171121225726j:plain

引きずらない工夫

仕事のことでイライラが募った昨日。
 
詳しくは省きますが、人の意見なんて聞く気が全くないくせに、意見を伺う体を装うのは本当にやめてほしいです、ムキ―(怒)。
 
丁重にそのことを伝えようとしたけれど、糠に釘なので、私の口調もだんだん攻撃的に。
 
 
日常で怒ることはたくさんあるけれど、引きずるのはよくないです。
 
昨日は久々にイライラが持続、そういう時は肩が重くて、気づいたらそのことばかり考えているのでわかります。
 
ああ、発散しないと体に悪い…。
 
この件に向き合わなければ根本的な解決にはならないけれど、引きずって大事な時間を無駄にしたくはないので、手っ取り早くストレス発散になりそうなことをしました。
 
本当は庭仕事や片付けに没頭したいのですが、その時間もなく、ダラダラと現実逃避をしそうなので、やめておきました。
 
ジャスミンティーでリラックス
ジャスミンティーにはストレスを軽減する効果があると聞いたことがあるような。
 
確かにこの香りにふんわり包まれると、ほっとします。
 
こんなよい香りのお茶をイライラを引きずって飲むなんてナンセンスですしね。
 

f:id:mikipan:20171115233938j:plain

 
■あかすり
月1~2回お風呂で行っているのですが、老廃物といっしょにイライラも洗い流すイメージで。
 
シルクのあかすりタオルが肌に優しいと聞いて、母からもらった正絹の長襦袢の端切れで代用してみたのですが、本当にすべすべになり、いい気分に浸れます。
 
 
そして、一番気持ちを楽にしてくれたのは、前向きな人とつながれているという安心感でした。
 
大好きな友人からの思いがけない電話や、仕事や生活に前向きな方からのメールで、肩の力が抜け、晴れ間が広がるような気持ちになったのが自分でもはっきりわかりました。
 
おかげで、感情に振り回されずに、自分にできることを着々とやっていこうと改めて思えました。
 
明日からは引きずらずに済みそうです。

いつものごはん‐蒸し野菜でおなかいっぱい

 
 
いろんな種類の野菜をたくさん食べたい、野菜でおなかいっぱいになりたい、そんなときは迷わず蒸し野菜です。
 
サラダも好きですが、生野菜だと体が冷えるし、思ったより量を食べられないのが残念です。
 
野菜を洗って切って、蒸し器に明日の朝食用の卵と、おやつ用の小さめさつまいもも一緒に放り込み、 蒸し上がったものから時間差で取り上げる。
 
以上!
 
スボラで野菜好きな私にぴったりです。
 

f:id:mikipan:20171111221635j:plain

その時あるもので作りますが、今日はブロッコリー、かぼちゃ、にんじん、大根、里芋で(パプリカ入れ忘れた)。
 
根菜を多めにするとこれだけでおなか一杯になります。
 
じゃがいも、茄子、アスパラなどもいいですね。
 
じゃがいもは多めに蒸せばポテサラやコロッケに、カレーやシチューの時短調理にも一役買います。
 
大根は余ったら煮物や大根ステーキ、大根から揚げがささっと作れるので、たいてい多めに蒸します。
 
里芋はよく洗って皮付きのまま、蒸し上がるとちゅるっと剥けます。
 
蒸しただけの里芋を塩で食べるとおいしいんですよね~。
 
煮物の味つけにいつも迷うのですが、蒸した里芋やかぼちゃを食べると、もう煮物を作らなくてもいいんじゃないかと思ってしまいます(ただのズボラ?)
 
 
おいしいお塩があればそれで充分ですが、ディップをいろいろ工夫すれば飽きません。
 
蒸し野菜のよいところをまとめてみます。
■野菜そのものの味が楽しめる
■かんたんすぎ、テクはいらない
■時間も手間も短縮
■多めに蒸して明日の料理の下ごしらえもできる
■光熱費節約
■目にも鮮やかな色どりが楽しい
■温野菜はたくさん食べられて、おなか一杯になるのでヘルシー
■きっと美容にも良い
■不器用でも、味付けに自信がなくても大丈夫
■洗い片付けもラク
 
いいことづくめ!
 
 
 
 

うちにもやってきた、美しい旅人(旅花?)

増えすぎた畑のアガパンサスの株を掘り上げました。
 
夏はきれいな紫の花を見事に咲かせてくれましたが、さすがに増えすぎなので、また野菜畑を占領しそうな勢いなので、数株を別の場所に移します。
 
9月~10月に作業を終わらせるはずが、思った以上に重労働で、台風やら仕事やらでなかなか進まず、今になってしまいました。
 
地上部もかなり生い茂っていますが、地面の下はすごかった…。
 
グロテスクなくらい白いヒゲ根が絡まりあって(画像割愛)、そこにまたハマスゲの根塊が絡まって…。
 
土の栄養もかなりアガパンサスに吸収されたであろうと思うので、この畑は堆肥や肥料を入れてしっかり春先まで休ませようと思います。
 
畑は閑散としましたが、畑のブロックの隙間からひょろっと伸びた一本の植物が目立っています。
 
誰も植えた覚えがないので、???と思っていたら…、花が咲きました。
 
 
白くてきれいなユリ!
 

f:id:mikipan:20171110230836j:plain

 
 
しかし、どこからやってきたのでしょう。
 
 
調べたら同じように「球根を植えていないのに勝手に生えてきた」という人がけっこういました。
 
名前はタカサゴユリといい、台湾原産のユリのようです。
 
このタカサゴユリは種子繁殖するらしく、どうやらうちにもどこからか種がやってきたようです。
 
かなり繁殖力がすごいらしく、観賞用として大正時代に輸入された後、日本全国で野生化したようです。
 
根付いて群生することもあるようですが、数年花を咲かせていわゆる連作障害のような状態になると、忽然と消えることもあるそうな。
 
そういう特徴から、「旅するユリ」と呼ばれているそうです。
 
姿もかわいいけれど、「旅するユリ」なんて、なんだかカッコいい
 
いらっしゃい、しばしの間、うちの庭でくつろいでくださいな。
 
…しかし、畑を囲うブロック石の隙間なんて狭苦しいところから伸び、一本だけぴょんと咲いているけれど、どこかに移したほうがいいのでしょうか??

竹かごの修繕と野菜ストッカー

常温で保存する野菜収納に、新たに竹かごが加わりました。
 
 
 

f:id:mikipan:20171104232317j:plain

 
壊れた部分を母がガムテープで留め、実家の物置に放置されていたものです。
 
さすが私の母親、おおざっぱな性格は遺伝でしょう。
 
しかし母よ、いくらなんでもガムテープはなしだよ、使う気が失せちゃうよ…。
 
というわけで、修繕して活躍させることに。
 
ガムテをとり、竹が外れた箇所を麻ひもでぐるぐる巻きました。
 
自然素材同志なら、なじんで見えます。
 
革ひもとかだとかっこよさそうですが、そんなに長い革ひもはなかったので、とりあえず修繕完成!
 
 
 
 
野菜ストッカーは、ネットで見かけたDIYのストッカーの記憶を頼りに、2年位前に自作しました。
 

f:id:mikipan:20171104232359j:plain

 
材料はすのこ板(既製品のすのこではなく、板のみ)、角材(端材)、セリアのアイアンかご、キャスター、補強用の金折れ金具です。
 
すのこ板よりSPF材のほうが厚くて丈夫そうですが、ヒノキの良い香りが虫よけにもなりそうなのでこちらに決定。
 
超適当にビス止めし、ビス止め失敗跡が目立つところは布でカバー(笑)。
 
キャスター付なので、床掃除もしやすいです。
 
 
今は、親戚から送られてきたかぼす(大量)、サツマイモや里芋が入っていますが、いつもはじゃがいもや玉ねぎが入っています。
 
かごの下の空き空間には、焼き網や、野菜保存用の新聞紙、回収前の牛乳パックなどを置いています。
 
竹かごはストッカーがいっぱいな時の一時置き場として使います。
 
丸ごと白菜やキャベツ、ごぼう、大束でいただく下処理前の三つ葉や水菜などは竹かごに。
 
 
ストッカーとかごを導入する以前は常温野菜の定位置が定まらず、いただいた野菜も紙袋やレジ袋のまま置きっぱなしにしていましたが、少しはスッキリするかな。
 
本当は、もっとシンプルに収納できるのでしょうが、田舎暮らしの我が家では野菜が台所の主役なので、思い切って存在感のある収納に。
 
普段は中身が見えてごちゃごちゃ感を出さないよう、側面が見えるように置いています。
 

f:id:mikipan:20171104233037j:plain

初めてのパクチー種まき、そして発芽

台風が過ぎ去ってからパクチー山東菜の種まきをしました。
 
パクチーと言えば、春に苗を枯らしてしまったので、今度こそと意気込み、いろいろ調べてから臨みました。
 
まずは、土の見直しを。
 
前回は野菜や花用の培養土と腐葉土、畑の土を適当に混ぜたものを使っていました。
 
ハーブは原産地のように乾燥気味で水はけのよい土地がお好みなので、ハーブ用の土を使ったほうがよかったようです。
 
ハーブ用にブレンドされた土も売られていますが、自分でブレンドしてみました。
 
基本は赤玉土腐葉土を6:4の割合でブレンド、排水性や保水性を考えてバーミキュライトパーライトを混ぜたりもするようです。
 
腐葉土の代わりにバーク堆肥を使っても良さそうだったので、買っておいたバーク堆肥を使いました。
 
 
 
次に、種の準備です。
 
種を覆う堅い殻を割り、一晩水につけておくと発芽率が上がるのだそうです。
 
種の殻は小粒なのにけっこう堅い、指先で一つ一つ割ると時間がかかりそうだったので、ミニすり鉢とすりこぎでゴリゴリ。
 
茶色い殻をパカッと割ると、よい香りが漂い、中に小さな黒い種が二粒入っています。
 
この黒い種を潰さず、殻だけ割るように気をつけたつもり…です。
 
前日の夜に水に浸し、翌朝プランターに植え付けました。
 
 
種まきが遅くなってしまった上に、初めてだったので「殻はきっちり外したほうがよかったのかな」とか、「やっぱりすりこぎはマズかったか」といろいろ心配していました。
 
そして、本日…。
 
ちっちゃな芽が出ていました!
 
ちっちゃすぎて遠目からでは見えません。
 

f:id:mikipan:20171102215354j:plain

 
プランターに近づいても、見落とすくらいまだ小さい。
 
ここですよー。
 

f:id:mikipan:20171102220522j:plain

 
か、かわいい…。
 
どうか虫さんたちに気づかれませんように…。
 
寒さに負けず、早く大きくな~れ。
 
 
お土産にいただいた火鍋のスープ(2種類のうち白くて辛くないほう。辛い方も好きです)、大きく育ったらさっそく火鍋に…と思ったけれど、火鍋にパクチーって入ってましたっけ??

 

f:id:mikipan:20171102220942j:plain

きっと大丈夫、なんでもあり!